生殖補助医療(ART)

生殖補助医療(ART)について

一般不妊治療よりも高度な技術の不妊治療を「生殖補助医療(ART)」といいます。
生殖補助医療(ART)には、体外受精(C-IVF)や顕微授精(ICSI)、凍結・融解胚移植があります。
一般不妊治療で妊娠できなかった場合、以下の原因が考えられますので、生殖補助医療(ART)で妊娠を目指します。

1. 卵管に原因がある場合

子宮内膜症の方の中で卵管周囲の癒着が見つかった場合や子宮卵管造影などで卵管に閉塞や狭窄が疑われる場合

2. 子宮に原因がある場合

着床を妨げる子宮筋腫や子宮内膜ポリープがある場合

3. 免疫性の不妊の場合

何らかの免疫異常で精子の運動を妨げる抗精子抗体(特に精子不動化抗体)が存在する場合

4. 男性不妊の場合

重度の男性不妊やサプリメントなどを用いても精子の質に改善が見られない場合

5. 原因不明

不妊検査で異常がなく、タイミング法や人工授精を行っても妊娠に至らない場合

体外受精の流れ

体外受精・胚移植法のスケジュール

1.体外受精・胚移植法についての説明とスケジュールの確認

医師より体外受精・移植法の説明やスケジュールの確認をさせていただきます。必ずご夫婦2人でお越しください。

2.卵巣刺激(排卵誘発)

卵巣刺激(排卵誘発)

体外受精を成功させるためには、できるだけ多く良質な成熟卵を採取する必要があります。自然で発育した1個の卵を採取するのでは非効率的ですので、体外受精では、排卵誘発剤(FSH/HMG製剤など)を使用して、一度に多くの卵子を採取できるようにします。

排卵誘発の方法は患者様の年齢や体の状態、過去の治療歴などにより、いくつかの方法があります。当院では、月経中のホルモン採血やAMHの測定により、1人1人に合った誘発法を選択しております。

また、排卵誘発剤を使用すると、通常より早く排卵してしまいますので、自然排卵が起こらないようにする必要があります。そのため、数日間通院する必要がありますので、通院が難しい場合はご相談ください。
経膣超音波により卵胞径が18mm前後に到達したのを確認し、スプレキュアを点鼻して33〜36時間後に採卵を行います。

3.採卵

採卵とは卵巣から卵子を採取する処置です。
経膣超音波装置を使って超音波画像を見ながら採卵専用の針で卵胞を刺し卵胞液と卵子を採取します。
当院では患者様の痛みに対する不安を極力取り除くため、安心無痛採卵を行っております。

安心無痛採卵とは-当院のこだわりポイント-
-当院のこだわりポイント-

静脈麻酔(イソゾール)

1.静脈麻酔の使用

静脈麻酔(イソゾール)を使用し、眠った状態で
採卵を終えることができます。
採卵の痛みが不安・怖い方におすすめです。

2.麻酔を希望されない方も座薬の痛み止めの使用

通常、採卵は麻酔なしでも行えます。採卵後、お仕事などで静脈麻酔を希望されない方には座薬の痛み止めをお渡ししております。

3.点滴の痛みにも配慮

希望者には麻酔テープ(ペンレス)を使用いたします。
点滴のための針の痛みが苦手な方もご安心ください。

採卵後は、入院の必要もなく安静後診察にて問題なければ、ご自宅にお帰り頂くことが可能です。

4.媒精

媒精

媒精とは、卵子を体外培養環境下で精子と受精させることです。
媒精の方法には体外受精(C-IVF)と顕微授精(ICSI)があります。

卵子の種類

卵子には成熟卵子と未熟卵子があり、受精できるのは成熟卵子のみです。未熟卵子でも体外で成熟すれば受精することができます。

成熟卵子←未熟卵子←未熟卵子

5.受精の確認

正常受精

媒精後18〜20時間経つと卵子由来の雌性前核と精子由来の雄性前核という2つの核が出現します。採卵翌日の朝に受精の確認を行うことになります。
この受精卵を胚と呼びます。

3個以上前核があるものは正常に受精していませんので移植することはできません。

6.胚発生

受精卵は、採卵から2日経つと2~6細胞に、3日経つと6~8細胞に発育します。この時期のステージを初期胚といいます。その後何回か細胞分裂を繰り返し、5〜7日目には胚盤胞と呼ばれる着床寸前のステージまで発育します。胚盤胞には、内細胞塊といって将来胎児になる部分と栄養外胚葉といって胎盤になる細胞が見え始めます。

胚発生 画像

7.移植

当院では採卵後2~3日目に初期胚を、もしくは5日目に胚盤胞を移植します。移植の個数は日本産科婦人科学会の指針に基づき原則1回につき1個の移植とします。移植は経腹エコーで子宮内膜の厚さや移植位置を確認しながら行います。

培養士が胚を培養庫から取り出し、移植専用の柔らかいカテーテルを用いて培養液と一緒に吸い上げ、子宮内膜を傷つけないよう、子宮底から1〜2cmのところに移植します。
移植後は30分から1時間程度安静にしていただき、ご帰宅となります。ご自宅に帰られた後は、過度な運動は避け、翌日からは通常の生活をしていただいて構いません。

8.妊娠判定

胚を移植してから約1~2週間後に血液検査で妊娠判定を行います。

体外受精の副作用

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

体外受精を行う際には、一度に複数の卵子を採取するために排卵誘発剤を使用する場合があります。
排卵誘発剤で卵巣を刺激すると卵巣が腫れ、腹水やときに胸水の貯留などの症状が起こることを卵巣過剰刺激症候群(OHSS)といいます。重度になると腎不全や血栓症を起こす場合があります。卵巣過剰刺激症候群は必ず発症するものではありませんが、以下のような症状が出た場合には念のためすぐに受診してください。

OHSSの自覚症状

・息苦しさ・お腹が張る・腹痛および腰痛・吐き気・下痢・尿量の減少・急激な体重増加

OHSSの原因

卵巣内の卵胞が一気に成長してしまい、それに伴い卵巣が腫れ、その表面の血管から水分が腹腔内に漏出することが原因です。
漏出された水分は腹水となり血液が濃縮され尿量が減少するようになります。その結果、腎機能障害、電解質の異常、血栓症、呼吸障害などを引き起こします。

OHSSを発症しやすい方

・排卵誘発剤に敏感に反応する方
・比較的体重が軽い方
・35歳以下の若年者
・PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の方
・ゴナドトロピン製剤の投与量を増加した方

OHSSの治療

軽度や中等度のOHSSの場合、外来で経過を観察しますが、重度の場合には入院が必要となります。
妊娠するとOHSSが悪化してしまいます。OHSSが疑われる場合には、全ての胚を凍結し、胚移植をキャンセルします。

多胎妊娠

2人以上の胎児を同時に妊娠している状態を多胎妊娠といいます。多胎妊娠は、単胎妊娠と比べると母体・胎児ともに出産までにリスクが高くなります。

多胎妊娠のリスク

単胎妊娠と比較すると、母体側には貧血や妊娠高血圧症候群などの確率が高くなるリスクがあり、胎児側には切迫早産や早産、発育不全などの確率が高くなるリスクが挙げられます。また分娩時には帝王切開になる可能性があります。

生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解
生殖補助医療の胚移植において、移植する胚は原則として単一とする。
ただし、35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2胚移植を許容する。
治療を受ける夫婦に対しては、移植しない胚を後の治療周期で利用するために凍結保存する技術のあることを、必ず提示しなければならない。

体外受精に関するページです。六本木レディースクリニックでは、一般不妊治療人工授精体外受精(IVF)などから最適な治療法をお客様に提案しております。 胚盤胞移植・凍結胚盤胞移植・受精卵の取り扱いなどもお任せ下さい。安心成功報酬制度や保険制度など、各種サポートも充実しております!

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

詳しくはこちら

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック