人工授精(AIH)とは

人工授精(AIH)とは

「人工授精(AIH)」とは、排卵の時期に合わせて選別された良好な精子を人工的に子宮腔内に注入する治療です。精子が子宮、卵管を通過していく間に、排卵後の卵子と自然に出会います。
この治療法はタイミング法で妊娠に至らなかったときの、次のステップとして位置づけられています。
「人工」とありますが、医師が行うのは精子を子宮内へ注入するところまでです。精子を注入した後は自然妊娠と同じ過程となりますので、自然妊娠やタイミング療法と近い治療法となります。

人工授精の適応を知る

  • タイミング療法で妊娠に至らなかった場合
  • フーナー検査の結果から、人工授精が必要と判断された場合
  • 性交障害
  • 男性因子(乏精子症、精子無力症)

人工授精は精子が正常に卵管へたどり着ける状態、卵管の通過性が障害されないような症例に適応されます。具体的には、性交障害、乏精子症、精子無力症、乏精液症、ヒューナー検査陰性などがあります。なお、人工授精にはある一定以上の精子数が必要とされているため、重度の男性不妊には不適応となります。

人工授精は、管を用いて人工的に精子を子宮腔内に注入するため、子宮頸管の粘液が少なく、精子が子宮内まで行きにくいという方にとって非常に効果的と考えられます。

また、子宮内膜症による不妊の方や卵管性不妊症の方にも人工授精は有効的といわれています。それだけでなく、精子の濃度や運動率が原因とされる男性側の不妊症の場合でも人工授精は効果的です。

実際に効果的な改善策なのかどうかは検査が必要になりますが、医師と相談の上、効果的な治療法を探しましょう。

人工授精の流れ・方法

排卵誘発の使用を検討

1.排卵誘発の使用を検討(1日目から5日目)

排卵誘発剤の使用は必要なのか、自然なものにするのか検討します。

2.超音波検査(生理10日目〜12日目)

排卵日を予測するため超音波で卵巣内の卵胞の大きさ、子宮内膜の厚さを確認します。血液検査でエストロゲン(卵胞ホルモン)を測定する場合があります。その後、人工授精の実施日時など医師と相談します。

排卵誘発の使用を検討

3.人工授精当日(生理12日目〜14日目)

人工授精

奥様側の人工授精までの流れ

1.卵胞の状態を確認するため再度超音波検査を行う場合があります。

2.検査の結果、人工授精が可能だと判断され次第処置室に移り、人工授精を行います。

3.実施後は3分程度休憩していただき、最後に看護師が今後の日程や注意事項を説明します。

人工授精

ご主人様側の人工授精までの流れ

1.精液は、ご自宅もしくは院内で採精していただき、培養士へお渡し下さい。

2.培養士が精液を洗浄・濃縮します。

精子の洗浄・濃縮について

顕微鏡で、総精子数、運動精子数を測定し、遠心分離機にかけて洗浄・濃縮を行います。

遠心分離で、精子の動きを妨げる白血球や未熟な精子、死んでいる精子、奇形精子をできるだけ取り除くことで、タイミング法より高い妊娠率が見込めます。

※所要時間は30分程度です。

精液の洗浄手順

4.超音波検査(人工授精から2〜3日後)

人工授精をした後は、卵胞から排卵が行われたか確認します。採血で評価する場合もあります。

人工授精に関するよくある質問

処置中に痛みはありますか?

子宮内に挿入するカテーテルはやわらかい樹脂でできていますので痛みはほとんどありません。術後に痛みがでる方がいらっしゃいますが排卵痛であることがほとんどです。

人工授精で妊娠する確率はどのくらいですか?

患者様の年齢や体の状態によって妊娠する確率は変わってきますが、当院の場合妊娠率は約10%程度です。

「人工」という文字に抵抗があるのですが…

人工授精は濃縮した運動精子を子宮腔内に注入する方法ですので、その後は自然妊娠とほぼ変わりません。

人工授精(やタイミング法)後、次の生理が遅れてます。どうすればいいですか?

月経開始予定日から約1~2週間後に診察の予約をとっていただき、お越しください。尿または血液にて妊娠判定検査をいたします。 市販の妊娠検査薬を使用して陽性反応が出た場合でも、必ず一度受診をお願いしております。 妊娠後の経過を超音波にて診察させて頂き、最後の診察日にご紹介状をお渡しいたします。

人工授精のリスク・注意点

人工授精は基本的に大きなリスクはありませんが、人によっては治療を受けてから1~2日程度の出血や、子宮の入り口付近で痛みを感じるなどといった可能性があります。

また、人工授精の費用に関しては健康保険には適用されないため、1回あたりおおよそ約2万円の費用が必要と考えられます。治療自体は複数回にわたって行われるため、場合によっては費用が高くついてしまう可能性があると考えられます。

加えて、治療当日は飲酒、激しい運動、入浴、性交はできませんので注意が必要です。

不妊治療用語集

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

プロフィールを見る

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック