AMH検査(アンチミューラリアンホルモン)

「AMH検査」では、AMH(アンチミューラリアンホルモン)の値から、卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵巣の数)をみるために血液検査を実施します。妊娠できる期間を知る目安にもなるため、これからの妊娠活動プランを立てるうえでも参考になるでしょう。ここではAMH検査でわかること、検査の流れ、料金などを詳しく解説します。

AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査とは

AMH検査とは画像1

「AMH検査」とは、AMH(アンチミューラリアンホルモン)の値から、卵巣内に卵子がどれくらい残っているかをみる血液検査です。AMHは発育途中段階の卵胞から分泌される女性ホルモンのことで、「AMHが高い」ということは卵巣内に発育途中の卵胞が多い状態であることを意味します。

AMHは発育途中段階の卵胞から分泌される女性ホルモンのことで、「AMHが高い」ということは卵巣内に発育途中の卵胞が多い状態であることを意味します。

AMH検査とは画像2

AMH検査によって、今後排卵できる期間の長さを予測でき、卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目安となることから近年、不妊治療において注目されています。

※AMH検査は残存卵子数の目安です。妊娠を保証するものではありません。

AMH検査でわかること

卵子の数は生まれたときに決まっており、新たにつくられることはありません。原子卵胞(生まれつき卵巣にある未成熟な卵胞)は、加齢や排卵によって減少し、卵子自体も老化して質が低下していきます。

AMH検査でわかるのは、卵巣内に残っている卵子の数の目安です。あとどれくらい排卵を続けられるかを予測し、妊活プランや不妊治療の方針の参考にしたり、閉経年齢を予測したりするときに活用することがあります。

卵子の数の多さは、妊娠率に関係する卵子の質とは異なるため、妊娠率の優劣を判断するものではありません。AMH値が低く採卵数が少なかったとしても、卵子の質が高く妊娠できる方はいますし、AMH値が高く採卵数が多くても卵子の質が低く妊娠できない方もいます。

AMH値が低い場合

AMH値が低いから妊娠できないということはありませんが、妊娠を早めにしたほうがよいという目安にはなりえます。AMH値が低いと1回当たりの採卵数が少なくなる傾向があるため、体外受精をおこなう場合は、治療の長期化に備えて、早めに開始したほうがよいという目安になります。

AMH値が高い場合

血中のAMH値が高い場合、1回あたりの採卵数が多いということです。つまり、体外受精をする場合は、採卵の回数が少なくて済む可能性が高くなります。しかし前述のとおり、妊娠しやすいわけではありません。

また、値が高過ぎると身体に異常がある可能性があるため注意が必要です。AMH値が4.0~5.0ng/ml以上の場合、卵巣に卵胞がたまる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の疑いがあります。多嚢胞性卵巣症候群は妊娠可能な女性の5~8%が発症するといわれ、月経異常や不妊などの症状があらわれます。

AMH検査の基準値

AMH値は個人差が大きく、同じ年代でも高い方もいれば低い方もいます。年代別にみると、年齢とともに低下する傾向はあり*、統計値としての基準値を設定することはできますが、ばらつきが大きいため、正常値や異常値の定義はありません。個別ケースの判断についてはAMH検査を受けたうえで医師にご相談ください。
*)必ずしも、年齢に応じてAMH値が低くなるとは限りません。

AMH検査の流れ

AMH検査のご予約から結果までの流れについて説明いたします。

AMH検査の予約

お電話かWEBにて、AMH検査をご予約いただきます。
ご予約について詳細はこちらをご覧ください。
※低用量ピルを内服している方は、内服を中止してから2ヶ月後にご予約をしてください。

問診

問診票に記入いただき、治療中の病気や月経、喫煙歴、手術歴などについてお伺いします。

AMH検査

採血をし、血液検査をおこないます。採血は、月経周期であればどの時期でも可能です。

AMH検査の結果評価・アドバイス

1~2週間後に検査結果が出ます。検査結果について説明し、今後のアドバイスをいたします。

一般不妊治療

AMH検査にかかる料金

当院のAMH検査にかかる料金は以下のようになっています。

  • AMH検査検査当日初診料3,000
    検査費用6,000
    結果報告再診料2,200

※結果報告時から不妊治療希望される方は料金が異なることがございます。
※保険適用外の自由診療となります。

AMH検査に関してよくある質問

AMH検査に関して、患者さまからよくいただく質問についてお答えいたします。

AMH検査をおこなう時期は決まっていますか?

AMHの値は、検査時期や治療方法に左右されません。月経周期に影響を受けないため、いつでも検査することができます。

AMH値が低いと妊娠しにくいですか?

AMH値は、今後どのくらい卵子をつくる力があるかの目安です。卵子の質を評価するものではなく、AMH値が低いからといって妊娠の可能性が低くなるわけではありません。

AMH検査を受けるのに適した年齢はありますか?

AMH検査は、何歳まで妊娠できるかの目安を知るためにおこなうものなので、適齢といえるものはなく、どの時期でも検査できます。

AMH検査は不妊治療や妊娠活動の一環としてだけでなく、妊娠できるタイムリミットを予測することで人生設計を立てるうえで役立ちます。そのため、まだ妊娠を考えていない若い方にも推奨されています。また、閉経年齢を予測するために受ける方もいます。
*)AMH検査は卵巣予備能の目安であり、妊娠を保証するものではありません。

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

プロフィールを見る

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック