AMH外来

AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査とは

AMH検査とは画像1

AMHとは、抗ミューラー管ホルモンとも呼ばれ、卵胞から分泌される女性ホルモンの一種です。
原始卵胞(生まれつき卵巣にある未成熟な卵胞)が少なくなるにつれ、AMHの値も低下します。
そのため、卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目

安、そのため卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目安となるホルモンとして、不妊治療において最近注目されています。

き卵巣にある未成熟な卵胞)が少なくなるにつれ、AMHの値も低下します。
そのため、卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目安、そのため卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目安となるホルモンとして、不妊治療において最近注目されています。

AMH検査とは画像2

男性の場合は睾丸で常に新しい精子を作ることができますが、女性の卵子は新たに作られることはなく、胎児のときに作られた卵子が保存されている状態です。つまり卵子の数は減少するのみで増えることはなく、また卵子そのものも年をとります。
しかし卵子の数や質には個人差があります。必ずしも年齢に比例するとは限りません。

されている状態です。つまり卵子の数は減少するのみで増えることはなく、また卵子そのものも年をとります。
しかし卵子の数や質には個人差があります。必ずしも年齢に比例するとは限りません。

※AMH検査は残存卵子数の目安です。妊娠を保証するものではありません。

検査の流れ

1. 検査の予約

WEBでのご予約はこちらから
※低用量ピルを内服している方は、検査をお断りしております。内服をやめて2か月後に検査のご予約をお取りください

2. 問診

問診票にご記入いただきます。喫煙歴や手術歴などをお伺いします。

3. 検査

採血を行います。※AMH検査は血液検査となります

4. 結果評価・アドバイス

1~2週間後に結果が出ます

一般不妊治療

料金

  • AMH
    検査
    (問診・検査・結果評価+アドバイスの3つのセット)6,600円

※初診料3,300円がかかります

AMH検査に関するページです。六本木レディースクリニックでは、一般不妊治療人工授精体外受精(IVF)顕微受精(ICSI)などから患者様に合わせて最適な治療法を提案しております。採卵・移植の実績豊富な当院にお任せください。安心成功報酬制度や保険制度など、各種サポートも充実しております。

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

詳しくはこちら

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック