不妊症とは

妊症の目安は結婚して1年

よく「結婚して3年たちますが」「5年たちます」といって、「まだ子供ができないのです。不妊症かどうか検査するためにはどうすればいいですか」と聞く方がいます。
残念ですが、答えは「検査などしなくても、もうとっくに不妊症です」ということになります。

一般に結婚を考える年齢で、避妊せず、通常の夫婦生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。
「避妊やめたらできちゃった」「避妊していないとすぐ次の子ができて困っちゃった」というのが自然なのです。
世間一般の人の「どうして子どもをつくらないの?」という言葉―これは無神経ではあるかもしれませんが、ごく自然な質問なのです。ところが、不妊症の人は努力してもできないでいるからとても傷つきます。

しかし、不妊症は病気ではなく、症候群です。
"症候群"というのは、原因も何も関係なしに、理由は分からなくても、ある症状の人をいう言葉です。
つまり理由はどうあれ、子供できない人を「不妊症」というのです。ご主人の側に原因がある場合もありますが、ともかく一般的には「避妊をせずに1年たっても子供ができなければ不妊症」と定義しています。

不妊症と病気の違い

一般的に病気とは、個人の健康や生命を脅かすものと考えられますが、不妊症は「妊娠をしない状態」を指しており、その原因には何かしらの疾患が背景にある場合や、いわゆる病気とはいえないことが原因となってる場合もあります。
不妊治療とは、可能な限りその原因を特定し、それを取り除くことで速やかに妊娠という結果に導くことと考えます。また原因不明の場合においても、治療法の工夫の中でその解決策を見出すことが大切になります。

治療の流れ

はじめに不妊症の原因を特定するために、「一般的に原因となりやすい項目」について検査を行います。おおまかには、ホルモン検査、卵管検査、精液検査などが含まれます。
その結果から、『タイミング法』『人工授精』『体外受精』『顕微授精』といった、不妊治療の方針を決定します。
また、この順序で患者様の時間的あるいは費用的な負担が増えますので、特に明らかな不妊原因のないご夫婦はタイミング法からステップアップをしながら妊娠を目指します。
どのくらいで次に進むかは医師の判断や患者様により異なりますが、一般的に5〜6周期でステップアップし、2年以内に結果を出すことが望ましいとされています。
一方で、何らかの原因が見つかった場合には、初めから適切な治療を選択することが大切となり、最近では年齢的なことを考慮し、初めから体外受精を選択した方がよい方も増えています。

保険診療でできる不妊治療

  • 排卵誘発法
  • 基礎体温確認
  • タイミング療法
  • 超音波検査による排卵検査

不妊症とは?に関するページです。六本木レディースクリニックでは、一般不妊治療人工授精体外受精(IVF)顕微受精(ICSI)などから患者様に合わせて最適な治療法を提案しております。採卵・移植の実績豊富な当院にお任せください。安心成功報酬制度や保険制度など、各種サポートも充実しております。

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

詳しくはこちら

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック