胚移植について

胚移植について

初期胚移植

初期胚移植とは、受精後2~3日目の発育した胚を子宮に戻すことです。
複数の移植可能胚がある場合、良好胚の順に移植していきます。

初期胚移植

胚盤胞移植

胚盤胞移植とは

胚盤胞

受精後5~6日目に胚盤胞まで成長した胚を子宮に戻すことです。

この時期になると、将来胎児になる内細胞塊と胎盤になる栄養外胚葉が観察できます。

胚盤胞移植のメリット
・胚盤胞まで培養することで、初期胚に比べて着床率が高くなります。
・胚盤胞移植の子宮外妊娠の確率は初期胚移植より低いと言われています。

胚盤胞培養のデメリット
・胚盤胞に発育しなかった場合、胚移植がキャンセルとなります。

胚盤胞移植

孵化促進法(アシステッド ハッチング)

孵化とは、胚盤胞が子宮内膜に着床するときに透明帯と呼ばれるタンパクの殻を破って出てくる現象のことです。
体外受精で妊娠に至らなかった原因の一つとして、孵化がうまくいかないケースがみられます。一般的に胚を凍結した場合や年齢が高い場合などに透明帯が硬くなるといわれています。
孵化促進法(アシステッド ハッチング)とは、このような場合に透明帯に穴をあける、もしくは薄くすることによって孵化しやすくするための技術です。

孵化しにくい胚盤胞

透明帯が硬く
孵化しにくい胚盤胞

正常に孵化した状態

正常に孵化した状態

初期胚・胚盤胞の評価分類

初期胚の評価(Veeckの分類)

初期胚の評価は、割球が均等で、フラグメント(細胞の断片)が少ないほど高くなります
Grade1が最も良好で、Grade4までが胚移植の対象となります。

グレード1

Grade1

グレード2

Grade2

グレード3

Grade3

グレード4

Grade4

グレード5

Grade5

胚盤胞の評価(Gardnerの分類)

Veek分類と異なり、胚盤胞の成長に伴って評価が変わります。

グレード1

Grade1
初期胚盤胞
胚盤胞腔が
50%以下

グレード2

Grade2
初期胚盤胞
胚盤胞腔が
50%以上

グレード3

Grade3
胚盤胞

グレード4

Grade4
拡張期胚盤胞

グレード5

Grade5
孵化中胚盤胞

グレード6

Grade6
孵化胚盤胞

Grade3以上は、内細胞塊(胎児になる部分)と栄養外胚葉(胎盤になる部分)の状態をそれぞれA〜Cの3段階に分類します。

3AA

3AA

3BB

3BB

3CC

3CC

胚移植に関するページです。六本木レディースクリニックでは、一般不妊治療人工授精体外受精(IVF)顕微受精(ICSI)などから患者様に合わせて最適な治療法を提案しております。採卵・移植の実績豊富な当院にお任せください。安心成功報酬制度や保険制度など、各種サポートも充実しております。

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

詳しくはこちら

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック