顕微授精について

顕微授精について

ICSI

顕微授精とは、卵細胞質内精子注入法のことでICSI(Intracytoplasmic Sperm Injectionの略)と言われています。体外受精では、精子が卵子の中に侵入していきますが、顕微授精では、マイクロピペットという針のように細い管で1個の精子を卵子の卵細胞質内に直接注入します。

ICSIの受精率は一般的に約70~80%といわれています。

顕微授精の方法

顕微授精には大きく分けて2 種類の方法あります。1つは従来から用いられてきた方法(従来のICSI) 、もう1つはピエゾパルスを用いた方法(Piezo-ICSI)です。この2つの方法は、1個の卵子に1個の精子を直接入れることは同じですが、卵子側の膜の破り方に大きな違いがあります。

従来の顕微授精では、針を卵子に刺しただけでは膜が破れないため、かなりの吸引圧をかけて膜を破ります。この時、膜の弱い卵子は回復できず変性してしまうことがあります。

一方、ピエゾパルスを用いた顕微授精は微細な振動によって卵子の膜に穴をあけるため、吸引によるストレスが従来の顕微授精より少なく卵子の変性を軽減することができます。

Piezo-ICSIと従来のICSIの比較

この方法以外にも、卵子の透明帯に穴をあける方法(ZD)やICSIの一種で卵子の透明帯と卵細胞質の間に精子を注入する方法(SUZI)などがありますが、現在ではICSIが主流となっています。

顕微授精の手続きや料金について

医師からの説明を聞いていただき、充分に納得していただいてから同意書に署名、提出をお願い致します。
料金詳細は【不妊治療・体外受精料金ページ】をご参照ください。

顕微授精の適応

顕微授精では重度の男性不妊の方や体外受精で受精障害のある方などが適応となります。

1. 重症男性不妊症
重症乏精子症、精子無力症、精子奇形症、不動精子症などです。精子の数が極端に少なかったり、極端に濃度が低かったり、極端に動きが悪いなどのために、体外受精では受精することが難しいと考えられる方です。

2. 体外受精で受精障害があった方
すでに体外受精を行った方で、全く受精しなかった場合、あるいは受精率が非常に悪かった場合も対象となります。また抗精子抗体を持っている方も対象となることがあります。

顕微授精のリスク

体外受精による妊娠では、自然妊娠と比較して流産率・早産率・低出生体重児・先天異常(染色体異常)・NICU・帝王切開率が若干増加すると報告されています。ICSIは自然な受精現象と異なり、人為的に卵子内に精子を注入します。そのため胎児への影響が懸念されますが、現在、日本で顕微授精により年間数千人以上生まれており、体外受精と比較して特に危険な治療法ではないと考えられています。

顕微授精に関するページです。六本木レディースクリニックでは、一般不妊治療人工授精体外受精(IVF)顕微受精(ICSI)などから患者様に合わせて最適な治療法を提案しております。採卵・移植の実績豊富な当院にお任せください。安心成功報酬制度や保険制度など、各種サポートも充実しております。

監修医師紹介

小松 保則

六本木レディースクリニック

小松 保則医師

(こまつ やすのり/Yasunori komatsu)

詳しくはこちら

  • 経歴
  • 帝京大学医学部付属溝口病院勤務
  • 母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
  • 国立成育医療研究センター不妊診療科
  • 緑風荘病院 血液浄化療法センター
  • 六本木レディースクリニック勤務
  • 資格・所属学会
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本産婦人科内視鏡学会

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック