温熱レーザー療法(低出力レーザー療法:LLLT)

子宮・卵巣への血流改善効果があります。

温熱レーザー療法(低出力レーザー療法:LLLT)とは?

温熱レーザー療法(低出力レーザー療法:LLLT)は、簡単に言うと、子宮・卵巣への血流改善効果があるレーザー治療です。
弱いレーザー光の力によって細胞レベルでの新陳代謝の活性化、また組織・臓器レベルでの血行改善や新生血管の増殖、更に神経レベルでの鎮痛、除痛効果、消炎効果などを利用した治療で、各種痛みの治療や不妊治療で使用されています。
この度、六本木レディースクリニックでも更なる妊娠率向上のため、不妊治療の一環として温熱レーザー療法(低出力レーザー療法:LLLT)を導入する事に致しました。経腹部(子宮周辺)に1回20分〜30分レーザーを照射し、これを週1〜2回行います。
生理5日目以降の方が治療の対象となり、妊娠中の方は施術する事が出来ません。

期待できる作用

子宮・卵巣への血流改善効果があり、以下の作用が期待できます。
(※効果には個人差があります)

  • check子宮や卵巣への新しい血管が増殖し血液が増える
  • check子宮内膜が厚くなり着床しやすくなる
  • checkホルモンバランスの改善 ...など

治療の流れ

1. 予約日に来院して受付

2. 診察室にてベッドに横になった状態で子宮周辺に照射(20〜30分)

3. 照射終了後、待合室へ

料金

  • 初回限定2,700円(税込)
  • 2回目以降
    (通常価格)
    5,500円(税込)

温熱レーザー療法(低出力レーザー療法:LLLT)の方に関するページです。六本木レディースクリニックでは、不妊治療・体外受精(IVF)・人工授精などから最適な治療法をお客様に提案しております。胚盤胞移植・凍結胚盤胞移植・受精卵の取り扱いなどもお任せ下さい。安心成功報酬制度や保険制度など、各種サポートも充実しております!

体外受精・不妊治療の六本木レディースクリニック