体外受精の費用などの金額はクリニックの治療方針や患者さんの状況によってそれぞれです


体外受精にかかるお金は治療そのものにかかる費用に加えて、クリニックまでの交通費などの金額を合わせた額となります。

患者さんによって受診するクリニックや治療方法などに違いがあるため一概には言えませんが、治療にかかる費用だけを考えると10~100万円ほどが必要な金額とも言われています。
個人差がありますので、これより少ない金額で済むこともありますし、もっと金額が高くなるケースも考えられます。

高度生殖医療は技術の高い不妊治療のため金額が高くなります

体外受精の治療にかかる費用は一般的に高いというイメージがありますが、それには理由があります。
不妊治療には「一般不妊治療」と「高度生殖医療」があり、高度生殖医療は一般不妊治療よりもさらに高度な技術を用いて治療にあたるため、金額が高めに設定されているからです。

一般不妊治療

タイミング法・人工授精・薬剤療法など

高度生殖医療

体外受精・顕微授精・凍結・融解胚移植など
上記のように体外受精は不妊治療の中でも高度な治療にあたり、タイミング法などの一般不妊治療と比較すると、費用が高くなる傾向があります。

また体外受精をはじめとする高度生殖医療はいわゆる「自由診療」にあたり、健康保険を使うことができないため、すべて自費となるのも費用が高い理由です。
体外受精にかかる費用の問題はこれから体外受精を受けようと考えている方、今後も継続したいと考えている方いずれにとっても重要なことです。

だからこそ、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
同じ体外受精でもクリニックによって金額設定に差がありますが、重要視すべきポイントは金額が安いか高いかということだけではありません。

それぞれの治療法についてわかりやすく金額が明示されているクリニックが、信頼性の高いクリニックだと言えます。

クリニックで体外受精を受ける際は費用について確認をしましょう


体外受精を受ける際にクリニックに確認すべきポイントがあります。

  • 治療が完了した場合の総額はいくらか
  • 表示されている金額より高くなるケースについて
  • 治療にかかる費用の明細の確認させてもらえるかどうか
  • クリニックのサイトに掲載されている費用と差がある場合、その理由について

体外受精にかかる費用についてわかりやすく掲載しているクリニックは、信頼性が高いクリニックです。

ただそのようなクリニックでも、金額の中に検査費用と薬剤費用を含めていないことがあります。
治療費を安く見せるためにそのような表示の仕方をしているわけではなく、これにはきちんとした理由があります。

検査を行う回数や内容、また治療に使われる薬の種類や量は患者さんによって変わってきます。
そのため、同じ体外受精の治療でも料金に違いがあるので、一括りに表示することができません。

また患者さんによっては卵子を凍結する際に発生する凍結費用や、卵子の殻を取り除くための費用がかかる場合もあります。
体外受精を考えるのであれば、治療の過程で表示金額に上乗せされることがあるのを頭に置いておきましょう。

医師のサインが入った見積書を出してもらうこと、万が一納得ができない場合にはサインをせず、納得がいくまできちんと説明を受けるという姿勢も大切です。

効率良く検査を受けることで治療にかかる費用を抑えましょう

体外受精の費用を少しでも抑えるために、患者さんの側で工夫できることがあります。
それは最初の検査をパートナーと一緒に行い、効率を良くすることです。

体外受精などの不妊治療では女性だけが先に検査を受けることが多いのですが、パートナーと来院すれば同時に検査を受けられます。
一緒に検査を行えば男性側に不妊の原因があった場合、早期に的確な治療を始めることができます。

体外受精は早く行えば成功率が上がる可能性が高くなるので、時間の短縮はとても重要です。
また検査の回数を減らすことで、費用を抑えることにも繋がります。

体外受精は高度生殖医療にあたるため、費用が安くないのが現状です。
金額が高いということをネガティブに捉えてしまうかもしれませんが、それだけ効果を期待できる治療であると言えます。
パートナーやクリニックと相談をしながら、納得のいく治療を受けましょう。

(まとめ)体外受精の費用で必要な金額はどのくらい?

1.体外受精の費用などの金額はクリニックの治療方針や患者さんの状況によってそれぞれです

体外受精を受けるために必要とされる金額には個人差がありますが、目安として10~100万円ほどと言われています。

費用は患者さんの状態やクリニックの治療方針によっても変わってくるので、これより低いこともあれば高くなる可能性もあります。

2.高度生殖医療は技術の高い不妊治療のため金額が高くなります

一般的に体外受精の費用は高いというイメージがあります。

その理由は体外受精は高度生殖医療であり、高度な技術で不妊治療を行うためです。
体外受精を受けるにあたっては、料金設定をきちんと明示しているクリニックを選ぶことが大切です。

3.クリニックで体外受精を受ける際は費用について確認をしましょう

信頼できるクリニックであれば体外受精にかかる費用について、WEBサイトなどで金額をわかりやすく掲載しています。

体外受精は人によって治療内容に違いが出てくるため、基本料金に上乗せされることがあります。

4.効率良く検査を受けることで治療にかかる費用を抑えましょう

体外受精の費用は決して安い金額ではありませんが、パートナーと一緒に最初の検査を受けることで検査の回数を減らし、費用を抑えることができます。

不妊の原因が男性にあった場合は早期に的確な治療を受けられるので、妊娠成功率を上げることにも繋がります。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師