体外受精の際に処方されるデュファストンは黄体ホルモンを補う働きをします


不妊治療の際には、これまで内科などで処方されたことがない、はじめて目にする薬が処方されることがよくあります。
デュファストンもそのうちのひとつでしょう。

デュファストンは、体外受精を予定している際に処方されることが多いです。
ジドロゲステロンという黄体ホルモンに似た成分からできており、黄体ホルモンを補うために処方されます。

デュファストンは黄体ホルモンを補い妊娠しやすい体作りに役立ちます

デュファストンは、ジドロゲステロンという成分からできており、この成分は体内で作られる黄体ホルモンに非常に似ています。
そのため、不妊治療の際には、不足している黄体ホルモンを補うという目的で処方されるケースが一般的だとされているのです。

黄体ホルモンは、妊娠には欠かせないホルモンで、子宮内膜の厚みや柔らかさなどを整え、妊娠しやすい体を作る働きがあります。
黄体ホルモンが不足していると、子宮内膜が妊娠には不向きな状態のままになり、着床しにくくなってしまったり、着床しても妊娠を継続できなかったりしてしまう可能性が高まります。

デュファストンを服用することによって、黄体ホルモンに代わる効果が期待できますが、注意すべき点は、デュファストンには高温期自体をキープさせる直接的な働きはないということです。

したがって、デュファストンを服用している最中でも体温が下がることはあるのです。
効果を発揮してないのでは?と焦る方もいますが、飲み忘れをしていない限りは、大丈夫でしょう。

デュファストンは飲み忘れに注意が必要です


デュファストンが処方される際は、医師や看護師から飲み方の説明を受けたり、説明の書いた紙を受け取ったりすることがあります。
他の黄体ホルモン剤と同じく、飲み方には少し注意が必要です。

体外受精時の場合、デュファストンは不足している黄体ホルモンを補い、一定量を保つために飲みます。
飲み忘れや重複して飲むと、体内でのホルモン量が不均等になるため望ましい状態であるとは言えません。

そのため、デュファストンを飲む際には、決められた時間に飲み忘れないようにすることがポイントになります。
誰でもうっかり飲み忘れてしまうことは、あるものです。

ですが飲み忘れたからと言って、気が付いた時に飲めば良いというものではありません。
重要になるのは、飲み忘れに気が付いた時と次に飲む予定までの時間です。

飲み忘れに気が付いた時が次に飲む時よりもまだまあ時間がある場合は、気が付いた時点で飲み、次回も時間通りに飲みます。
しかし飲み忘れに気がついた時間と次に飲む予定の時間にあまり開きがない場合は、1回飛ばして次を時間通りに飲みましょう。

2回分をまとめて飲んでしまうことがないように気を付けることが大事です。
判断に迷う場合は、医師に相談して判断を仰ぎましょう。

デュファストンの副作用として血栓症の原因になることが稀にあります

初めて飲む薬の場合は、副作用が心配という方も多いのではないでしょうか?
デュファストンは比較的副作用がゆるやかな薬だとされていますが、副作用がないというわけではありません。

報告されている主な副作用としては、乳房の痛み・吐き気・嘔吐・めまい・下腹部痛・頭痛・発疹やかゆみ・不正出血などがあります。
症状が出る場合もあれば出ない場合もあり、また、単独で出る場合もあれば複数が同時に出ることもあります。

またケースとしては稀ですが、重度の副作用としてデュファストンの服用が血栓症の原因になるとされることもあります。
血栓症は血の循環が悪くなると起こりやすくなり、特に下半身で出ることが多いものです。

長時間の座り仕事などのような、同じ姿勢でいる時間が長いという方の場合は、意識して足首を回したり、定期的に姿勢を変えたりなど同じ姿勢にならないように注意することをおすすめします。

意識して適度に水分補給するというのも大事でしょう。
副作用が強く出て辛い場合や、対処法が分からない場合は、自己判断で市販薬を飲んだりせずに、必ず医師に相談して指示を仰ぐようにしましょう。

(まとめ)体外受精の際に処方されるデュファストンの効果は?

1.体外受精の際に処方されるデュファストンは黄体ホルモンを補う働きをします

不妊治療のとくに体外受精の際には、妊娠やすい体を作るために薬が処方されることがあり、デュファストンもその一種です。

黄体ホルモンに似た成分でできているため、黄体ホルモンを補う働きをします。

2.デュファストンは黄体ホルモンを補い妊娠しやすい体作りに役立ちます

不足している黄体ホルモンを補う役割をするデュファストンは、子宮内膜の状態を整え、着床しやすく妊娠を継続しやすくする目的で処方されます。

高温期を持続させるわけではないので、効果をきちんと把握しておくとよいでしょう。

3.デュファストンは飲み忘れに注意が必要です

デュファストンは、飲み方に注意が必要な薬です。

定期的に服用して黄体ホルモン量を一定に保つことが大切ですから、処方される際には、飲み方の注意を良く聞いて飲み忘れのないように気をつけましょう。
不安な点がある場合は医師に質問するとよいです。

4.デュファストンの副作用として血栓症の原因になることが稀にあります

デュファストンは副作用が比較的ゆるやかな薬ですが、頭痛・吐き気・嘔吐などの症状がでることがあります。

またまれではありますが、重度であれば血栓症の原因になることもあります。
心配な時は自己判断せずに、必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師