卵子凍結は健康上に問題がない女性でも可能です


卵子凍結の技術は発展を遂げ、健康上の問題がない女性でも受けられるようになっています。
ただ卵子凍結はもともと、がん治療などによって卵巣機能の低下が予想される人に対し、行われる不妊治療です。

抗がん剤治療や放射線治療を続けると、卵巣の生殖機能が低下して、妊娠が難しくなる恐れがあります。
治療を始める前に採卵し、凍結保存することで妊娠や出産の可能性を残す方法が卵子凍結です。

卵子凍結により、がん治療など受けた後でも卵子を解凍し、胚移植を行っての妊娠が不可能ではなくなりました。

卵子凍結はもともと病気などで卵巣機能が低下が考えられる人たちが対象でした

もともと卵子凍結は、抗がん剤治療などを行う若い女性たちが対象でした。
これは抗がん剤の影響で卵巣の機能が低下しても、将来子どもを持つ可能性を残しておくために行われていました。

しかし健康上に問題がなくても、卵子凍結を経ての妊娠・出産を望む女性が増えています。
「女性は家庭に入るべき」という昔ながらの価値観が薄れ、女性が社会的に活躍する場が広がったことが影響していると考えられます。

健康な女性が今すぐの妊娠や出産を望まず、卵子凍結を選択するのは次のような理由があると言います。

  • 未婚で具体的な結婚の予定がない
  • パートナーがいない
  • 妊娠や出産よりも、今はキャリアを優先したい

卵子凍結を希望する理由はさまざまですが、共通して言えるのは、「いつかは子どもを産みたい」という希望を持っていることです。

女性の社会進出が進み、人生の選択肢が広がったことから、昔のように若くして子育てに専念する人ばかりではなくなりました。

将来的に子どもは欲しいけれども、今は妊娠も出産も考えていないという女性が、卵子凍結を視野に入れるケースが増加しているのです。

しかし専門家の間では、必ずしも卵子凍結に賛同する意見ばかりではなく、リスクについてもっと考慮すべきだという声が上がっています。

卵子凍結をして若い卵子を保存しておけば、高齢になっても出産できると考える女性が少なくないことが理由です。
凍結保存された卵子が5年前のものであっても、身体の方は確実に年齢を重ねていきます。

肉体的に老化が進めば妊娠率が下がるため、卵子凍結をしたからといって確実に妊娠できるわけではありません。
卵子凍結に対する正しい認識を持つことが、求められています。

健康な身体で卵子凍結をしても年齢を重ねれば妊娠率は下がります


健康にまったく問題がない女性であっても、年齢が高くなれば妊娠する確率は下がっていきます。
老化が自然の摂理である以上、どのような高度な技術を用いても、身体の衰えを止めることはできません。

若く健康な時に卵子凍結した卵子を使っても、ある程度の年齢になれば妊娠しづらくなっていきます。
一般的には、30代半ばから老化が進みやすくなると言われているのです。

体外受精で子どもを出産した割合が、35歳で約20%、40歳で約8%、45歳では1%以下まで下がるというデータもあります。
子供を宿す身体の老化が進めば、卵子凍結したとしても、不妊となる可能性は否定できません。

老化による不妊を防ぐには、なるべく若い年齢のうちに妊娠を目指すのが望ましいです。
不妊治療を専門に行うクリニックでは、患者さんの状態に合わせた治療を行っています。

これから卵子凍結をしたいと考えている方も、1日も早く専門医に相談することをおすすめします。

将来の妊娠に備えてやっておきたいことがあります

老化による妊娠率の低下を止めることはできませんが、将来の妊娠率を高めるために、今できることがあります。
卵子凍結をして、いつか子供を産みたいと望むのであれば、不妊に繋がるリスクを少しでも摘み取っておきましょう。

禁煙を心がける

タバコを吸うと血管が収縮し、卵巣の老化を早めると考えられています。
主流煙だけでなく、副流煙にも有害物質が含まれているので注意しましょう。

卵巣の血流を改善する

運動や入浴は、卵巣の血流を上げるのに効果的です。
血流が低下すると卵巣機能が落ち、妊娠率が下がると考えられています。

婦人科系疾患の検査をする

子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科系疾患は不妊の原因になります。
不妊治療専門のクリニックで検査をし、必要に応じて治療を受けましょう。

(まとめ)健康に問題がなくても卵子凍結できる?

1.卵子凍結は健康上に問題がない女性でも可能です

卵子凍結はもともと、がん治療などによって妊娠が難しくなると予想される女性に対して行われてきました。

技術の発展により、健康上に問題がない女性も、卵子凍結を選択できるようになっています。

2.卵子凍結はもともと病気などで卵巣機能が低下が考えられる人たちが対象でした

女性の社会進出が進んだこともあり、卵子凍結をして将来の妊娠・出産に備える女性が増えています。

卵子凍結は高齢になっても確実に妊娠できる方法ではないので、正しい認識を持つことが求められています。

3.健康な身体で卵子凍結をしても年齢を重ねれば妊娠率は下がります

健康で若い年齢の時に卵子凍結したとしても、年齢を重ねれば妊娠率は下がっていきます。

卵子凍結したことに安心するよりも、なるべく早い段階での妊娠を考えることが大切です。

4.将来の妊娠に備えてやっておきたいことがあります

卵子凍結をして将来的な出産に備えるのではれば、今のうちに不妊の原因になるものを排除しておきましょう。

とくに婦人科系疾患は不妊を招きやすいため、不妊治療専門のクリニックで検査を受けるようにしてください。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師