不妊症の苦しみは信頼できるクリニックで不妊治療を行うことによって解消できます


不妊症の苦しみは不妊治療によって解消できますが、どのようなクリニックで不妊治療を受けたかによって、解消のされ方も変わってきます。

患者さんがもつ不妊治療を続けることへの不安や苦しみを汲み取り、適切なアドバイスや施術を行ってくれるクリニックであれば、付き合いが長くなるにつれ、より気持ちに添ったサポートをしてくれるでしょう。

年代や体質によって不妊治療にかかる期間は個人差がありますが、一般的に不妊治療は長期間続けていくものになります。
信頼できるクリニックを見極め、不妊症の苦しみを少しずつ解消していきましょう。

不妊治療を受けることで、子供を授かることに希望をもつことができます

晩婚化が進んでいくに伴って、不妊症に悩む方は増えていく傾向にあります。
それでも不妊症に悩む人のすべてが、クリニックで不妊治療を受けるという決断をできるわけではありません。

不妊治療を続けていくには相応の時間も要しますし、助成金制度を利用できたとしても、治療費も必要になります。
また体質や年齢によって妊娠が難しい場合もあり、不妊症に関連する苦しみはこのように人それぞれあるでしょう。

不妊症に悩む人の傾向として、どうしても自分で自分を責めてしまうことがあります。
不妊治療を受けようと決心したのであれば、もしくは不妊治療を受けている最中であるのなら、その気持ちはひとまず置いておきましょう。

自分を責めてみても、よい方向には何も変わらないからです。
不妊治療を受けようと思った時点で赤ちゃんを授かるための一歩を踏み出しているのですから、頑張っている自分を認めてあげましょう。

信頼のできるクリニックであれば、患者さんに合わせたスケジュールを組み、経過を見ながら治療をステップアップすることで不妊治療を行います。
思うような結果がすぐに得られなかったとしても悲観せず、不安な点はクリニックの医師に相談しながら不妊治療を続けていくことが大切です。

不妊治療にストレスは厳禁です。
なかなか妊娠に至らなくてもあせらず、希望を持って不妊治療に臨みましょう。

不妊症での肉体的な苦しみは技術の高い不妊治療で防げます


不妊症で起こり得る苦しみは精神的なものだけとは限らず、治療中に感じる肉体的な痛みに不安を覚える人もいます。
実際、採卵の時に痛みを感じる患者さんが時折いらっしゃるようです。

採卵は膣壁に30cmほどの注射針を刺し、卵巣から卵子を含んだ卵胞液を取り出すという方法です。
この時に痛みが生じてしまう理由として、卵胞のある場所が予想以上に膣から離れていたり、経膣超音波エコーで膣の奧を圧迫したりすることが影響しています。

不妊治療を専門とするクリニックでは、無痛採卵を行っているところがあります。
極細の針を使って採卵することで痛みを軽減したり、静脈麻酔や麻酔テープを使用したりすることで、痛みを感じやすい要素を徹底的に排除していくのです。

痛みに対して不安がある方は、採卵前に医師に相談してみましょう。

不妊治療中はストレスをため込まないことを心がけましょう

不妊症の苦しみと言っても、その内容は多岐にわたります。
子供ができないことで自分を責めたり、子供がいるほかの家庭と比較して落ち込んだり、「子供はまだ?」と聞かれてツライ気持ちになったりなど、さまざまな苦しみがあります。

不妊治療を始めれば始めたことでの苦しみも生まれるかもしれません。
採卵がうまくできなかったり、着床しなかったりなど、思い通りにいくことばかりではないでしょう。

大切なのはストレスを上手に解消して、決して心の中にため込まないことです。
ストレスは妊娠率に影響するだけでなく、ストレスそのものが不妊症の原因となってしまうこともあるからです。

不妊治療を決心したということは「子供が欲しい」という思いをパートナーとともにし、これから前に進んでいくということになります。

またクリニックのカウンセリングを受けることで、心身のサポートも受けられます。
不妊症に関わることで苦しみを感じた時は、迷わずクリニックを頼りましょう。

(まとめ)不妊症の苦しみは不妊治療で解消できる?

1.不妊症の苦しみは信頼できるクリニックで不妊治療を行うことによって解消できます

不妊症の苦しみは不妊治療によって、解消することができます。

ただし、どのようなクリニックを受診したかで解消のされ方にも違いが出てくるでしょう。
患者さんの気持ちに添ったクリニックであれば信頼度も高く、不妊症の苦しみも解消されていきます。

2.不妊治療を受けることで、子供を授かることに希望をもつことができます

人によって子供をもつ、もたないと価値観の違いはありますが、不妊治療を決断したのであれば、子供をもつことに希望を持って臨みましょう。

信頼できるクリニックを選び、前向きな気持ちで不妊治療を受けましょう。

3.不妊症での肉体的な苦しみは技術の高い不妊治療で防げます

不妊症で起こり得る苦しみは、精神的なものだけでなく肉体的なものも避けられません。

不妊治療専門のクリニックでは、無痛をうたった採卵を行っているところがあります。
無痛採卵であれば痛みをほとんど感じることなく、ストレスなく採卵を終えることができるでしょう。

4.不妊治療中はストレスをため込まないことを心がけましょう

不妊症の苦しみはさまざまあり、不妊治療を受けないことでの苦しみもあれば、不妊治療を受けることでの苦しみもまたあります。

どんな時でも悲観的になり過ぎず、苦しみを感じた時はクリニックを頼りましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師