ペプチドの摂取は不妊治療の成功をサポートする効果が期待できます


ペプチドは不妊治療を考えている人にとって、妊娠する確率を上げてくれるサポート役的存在です。
不妊症の改善に必要な栄養素の1つにタンパク質がありますが、ペプチドはアミノ酸と一緒にタンパク質を構成しています。

タンパク質は人間が生きていく上で欠かせないものですが、形が大きすぎるため、そのままでは吸収することができません。

吸収しやすいタンパク質の形がペプチドであり、ペプチドを摂取することで効率よくタンパク質を摂り込むことができます。

タンパク質の構成や仕組みについて知りましょう

アミノ酸が50個以上結合すると、タンパク質と呼ばれる状態なります。
50個に満たないものについてはペプチドと呼ばれており、2~10個のオリゴペプチドと、11個以上のポリペプチドに分かれています。

アミノ酸同士はペプチド結合と呼ばれるアミノ酸独自のルールによって繋がりますが、タンパク質はこのペプチド結合されたグループが何百と連なって形成されたものになります。
タンパク質がアミノ酸となって身体に吸収されるまでは、次のような流れとなっています。

  1. 食事から摂取されたタンパク質は、ペプシンという消化酵素によって胃の中でペプトンに分解されます。
  2. 十二指腸を通過する時に、すい液と混ざったペプトンはトリプシンという消化酵素によってポリペプチドに分解されます。
  3. ポリペプチドはペプチターゼという消化酵素によってアミノ酸に分解され、小腸の毛細血管から吸収されて全身に運ばれます。

タンパク質を分解するとペプチドよりもアミノ酸の方が小さいサイズになるので、ペプチドよりも吸収がよいのではと思われるかもしれませんが、ペプチドにはアミノ酸より優れた点があります。

ペプチドはアミノ酸と比較して血液の中を流れる時間が長いことから吸収されやすく、作用が持続しやすいと考えられています。
このような点からペプチドの摂取はタンパク質をそのまま摂るよりも、不妊治療を行う上で効果的であると言えます。

ペプチドには数多くの種類があります


ペプチドには何百という種類がありますが、代表的なものには次の3つがあります。

魚肉ペプチド

サバなどに含まれる魚肉ペプチドの抗酸化作用には、細胞の損傷や骨粗しょう症を予防する効果があるとされています。
血管の老化を防ぐ働きもあることから動脈硬化の予防だけでなく、子宮の周りの血流を改善する効果も期待できます。

ホエイペプチド

乳清(ホエイ)タンパク質には、人間が体内で合成することのできない必須アミノ酸が豊富に含まれています。
必須アミノ酸は筋肉疲労を回復することで知られていますが、細胞を活性酸素から守り、免疫機能を高める働きもあります。

また必須アミノ酸には安眠を促す作用があるとされ、妊娠を望む女性に必要な栄養素です。

大豆ペプチド

大豆ペプチドは必須アミノ酸をバランスよく含み、脂質代謝を促して体内のエネルギー補給を効率よく行います。

脂質異常症は高コレステロールを招きますが、コレステロールが高くなると妊娠しにくくなると考えられているため、大豆ペプチドによる脂質代謝は不妊治療を望んでいる方に効果的です。

不妊症を改善するために食生活を改善しましょう

ペプチドはタンパク質よりも吸収がよく、不妊症の改善に効果的ではありますが、ペプチドだけを摂取していても妊娠することは難しいでしょう。

健やかな身体を作るためには、さまざまな食品から豊富な栄養素を摂取することが大切です。
不妊治療で赤ちゃんを授かるためにも、日々の食生活を見直すことから始めてみましょう。

タンパク質

筋肉や皮膚だけでなく、臓器・血液・ホルモン・免疫体といった妊娠に関わるものを構成します。
肉や魚・卵・大豆などに含まれ、ペプチドに分解すると吸収率が高まります。

リン脂質

細胞膜を作る成分の1つで、精神を安定させ、細胞膜が栄養素を摂り込むサポートをします。
卵黄や大豆に含まれています。

ビタミンやミネラル

体内でタンパク質や脂質などの調節をし、タンパク質の合成を促します。
ビタミンB9である葉酸の摂取は、不妊症に悩む女性に対して推奨されています。

わからないことがあれば、医師に相談して食生活改善の指導を受けましょう。

(まとめ)ペプチドを摂取すると不妊治療が成功しやすい?

1.ペプチドの摂取は不妊治療の成功をサポートする効果が期待できます

不妊治療を始める方にとってタンパク質は欠かせない栄養素ですが、ペプチドを摂取することでタンパク質の吸収率を上げることができます。

タンパク質は大きすぎるため吸収しにくいですが、分解してペプチドにすることで吸収しやすくなります。

2.タンパク質の構成や仕組みについて知りましょう

タンパク質はアミノ酸が結合したオリゴペプチドやポリペプチドによって構成されています。

アミノ酸よりもペプチドの方がサイズが大きいですが、アミノ酸と比べて吸収率が優れていると考えられています。

3.ペプチドには数多くの種類があります

ペプチドには何百もの種類がありますが、不妊治療を考えているのであれば、魚肉ペプチド・ホエイペプチド・大豆ペプチドなどがよいでしょう。

必須アミノ酸を多く含み、妊娠をサポートするさまざまな働きが期待できます。

4.不妊症を改善するために食生活を改善しましょう

不妊治療をスムーズに行うためには、ペプチドだけでなくほかの栄養素もバランスよく摂取することが大切です。

食生活の改善についてわからないことがあれば、医師に相談しましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師