体外受精で分娩リスクが上がる可能性はあります


体外受精を行う場合、自然分娩と比べるといくつかのリスクが考えられます。
自然分娩と異なり、体外受精では排卵を促す排卵誘発剤を使用することもありますし、採卵や肺移植といった施術を行うことになります。

こういった治療の過程で、何らかの症状が引き起こされる可能性があると考えられます。
分娩リスクに関して、自然分娩に比べる早産の確率がやや高くなる可能性があるともいわれています。
そういった分娩リスクも理解して治療を進めていくことが、体外受精を成功させるために大切です。

自然分娩でも高齢出産になると分娩リスクが高まります

体外受精で分娩リスクが高まるといわれている理由の一つに、高齢出産との関係が考えられます。
体外受精は高齢になってから行われるケースが少なくありません。

ほかの不妊治療を試してから体外受精に取り組む方、高齢のため妊娠しにくく体外受精に取り組む方がいると考えられます。
高齢出産になると、自然妊娠の場合でも流産や早産、難産などの分娩リスクが高まると考えられています。

また妊娠高血圧症候群が発症しやすくなったり、子どもに先天異常が出たりするリスクも高まるといわれています。
老化にともなう卵子の質の低下が分娩リスクを高める大きな要因と考えられます。

質が低下した卵子は、細胞分裂が正しく行われず染色体に異常が出ることがあるとされます。
染色体は遺伝子情報の設計図のようなものなのです。

異常があることで受精卵の着床や成長が難しく流産してしまったり、胎児に先天異常が出てしまったりすると考えられています。
先天異常の点では、父親となる男性の遺伝子上に原因がある不妊症の場合、その遺伝子が受け継がれる可能性があります。

性染色体の異常で自然妊娠が望めなくても、体外受精なら妊娠が可能だからです。
このケースを除いて、体外受精が直接的な原因となって先天異常が生じるリスクが高まるという確かなデータはないといわれています。

卵巣過剰刺激症候群のリスクが考えられます


すべての人に起きるわけではありませんが、体外受精では排卵誘発剤を使う場合には卵巣過剰刺激症候群になるリスクがあります。
体外受精では、膣から針を挿入し卵巣で成熟した排卵前の卵胞に細い針を刺して、卵子を採卵する必要があります。

採卵は自然の周期に合わせて行うこともありますが、卵子の数を増やし妊娠の成功率を上げるために排卵誘発剤を用いることもあります。
本来、卵巣の中で排卵するまで成長する卵胞は1個だけなのですが、排卵誘発剤を用いることで他の卵胞の成長を促し、摂れる卵子の数を増やします。

この排卵誘発剤を使うと卵巣過剰刺激症候群という症状が出る場合があります。
薬によって卵巣が過剰反応を起こしてしまい、卵巣が膨れ上がってしまう症状です。

症状が悪化すると、血液中の水分が血管外へ移動しお腹や胸に水が溜まったり、血液が濃くなることで流れが悪くなって血栓症を引き起こしたりすることがあるのです。
排卵誘発剤を使う場合、医師の方で卵巣過剰刺激症候群を起こさないように注意して行っています。

それでもまれに引き起こされる症状なので、自覚症状があれば早めに相談することで重症化のリスクを下げることができます。
お腹が張る、急に体重が増える、吐き気がする、尿の量が少なくなる、喉が渇くといった自覚症状が見られるようです。

重症化してしまうと入院が必要になるケースもあるため、少しでも気になることがあれば早めに相談することが大切です。

体外受精で閉経が早まるリスクはありません

体外受精を行うと、閉経が早まるというリスクはないといわれています。
排卵は通常なら1回の周期で1個なのに対して、体外受精では排卵誘発剤を使い成長する卵胞の数を増やして複数の卵子を採卵します。

このことが、閉経が早くなるといわれてしまう理由と考えられます。
しかし実際には、通常のサイクルにおいても一度にいくつもの卵胞が失われています。

複数の卵胞が成長していき、排卵時には一番成熟した卵胞から卵子が卵巣に飛び出しているのです。
一番成熟した卵胞は主席卵胞と呼ばれています。

排卵されなかった残りの卵胞は、そのまましぼんでいって失われていくとされます。
体外受精の治療で複数の卵子が採れるのは、本来失われてしまうはずの卵胞の成熟を促してそこから採卵しているからです。

もともと消費されるはずのものですから、体外受精の治療によって卵胞の消費を本来よりも高めることはないと考えられています。
そのため体外受精の治療を行ったことが原因で閉経が早まることもないといえるのです。

ちなみに主席卵胞というと質が良い卵胞のように見えますが、主席卵胞と質は関係ありません。
偶然に、生理周期に合わせて見合った大きさまで育ったものを指しています。

(まとめ)体外受精で分娩リスクが高まるの?

1.体外受精で分娩リスクが上がる可能性はあります

体外受精で行う施術の過程で、何らかの症状が出るリスクがあると考えられます。早産になる分娩リスクが上がる可能性もあるといえます。体外受精におけるリスクを理解したうえで治療方針を決めていくことが大切です。

2.自然分娩でも高齢出産になると分娩リスクが高まります

自然分娩においても高齢出産になると分娩リスクが高まります。

体外受精は高齢になってから行われるケースも少なくないため、高齢出産の分娩リスクが体外受精の分娩リスクのように思われてしまう可能性が考えられます。

3.卵巣過剰刺激症候群のリスクが考えられます

体外受精では排卵を促す誘発剤を使うことがあります。

これを使うことで採卵数を増やすのですが、まれに卵巣過剰刺激症候群という症状を引き起こすことがあります。
お腹が張るなどの自覚症状があれば、医師に早めに相談することが大切です。

4.体外受精で閉経が早まるリスクはありません

体外受精を行うと閉経が早まるといわれますが、そのリスクはないと考えられます。

体外受精では通常は成長せずに失われてしまう卵胞の成長を促すだけなので、消費される卵胞の数に変化はないとされているからです。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師