体外受精でプラノバールを服用後3~5日で生理がくるのが通常といえます


プラノバールとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を配合した医薬品で、生理周期の高温期のホルモン状態となる治療方法です。
そのため、体外受精時にプラノバールを服用すると、服用後から3~5日で生理がきます。

プラノバールを体外受精に服用する目的は、排卵前に服用し質の良い卵子をつくるため、または排卵後に服用し受精卵の着床を促すためです。

フラバノールは不妊治療で受精卵の着床を促す医薬品です

プラノバールは生理周期の高温期に分泌される、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含むホルモン剤です。
機能性子宮出血・子宮内膜症・卵巣機能不全・月経困難症・月経周期異常・過多月経などの治療に使われています。

また中用量ピルとしても処方されており、毎日決められた量を服用すると、ホルモンバランスを変える作用がある医薬品です。
服用すれば血中卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの濃度が高まり、人工的に高温期のホルモン状態をつくりだします。

そのため服用を止めればホルモンの作用がなくなり、3~5日で卵胞ホルモンと黄体ホルモンの濃度が低下して、ちょうど生理前のホルモン状態となり生理がくるのです。
ホルモン剤を服用すると妊娠できないのではないかと心配される方がいますが、不妊治療にも用いられる薬で、心配する必要はありません。

不妊治療では質の良い卵子をつくるためなのか、排卵後の受精卵の着床を促すためなのかによって、服用するタイミングが異なります。
プラノバールを服用している期間は排卵しませんが、服用を止めると3~5日で生理がきます。
不妊治療では排卵後にプラノバールを服用し、妊娠の可能性を高めるために使用することが多いです。

生理をコントロールするためにも使用するがフラバノールです


フラバノールは中用量ピルとしても用いられており、生理周期をコントロールするためにも使うことができます。
不妊治療中の方で生理不順がある場合にもフラバノールを活用することが可能です。

フラバノールを服用すると脳に高温期であると認識させることができ、服用を止めれば生理が始まり、生理周期の1日目からスタートさせることができます。
生理を早める場合は生理開始1日目から数えて5日目からプラノバールを服用します。

7日目以降での服用では、生理周期を早めることはできないため注意しましょう。
服用後から3~5日後に、いつもより軽めの生理がきます。

生理を遅らせる場合は、生理予定日の5~7日前にプラノバールを服用します。
予定日の3日前から服用しても、生理周期を遅らせることはできません。

服用後3~5日後に、いつもより量の多い生理がきます。
このように生理不順があり不妊治療の予定が立てられない方は、プラノバールを服用して生理周期をずらし、不妊治療の計画を立てやすくする対策として使えます。
揮発月経や頻発月経の治療にも使うことができる医薬品で、生理周期が短い方や長い方が生理周期の調節として使うとよいでしょう。

不妊治療でプラノバールが使えない人もいるため注意が必要です

不妊治療で使われているプラノバールは、次のような疾患がある方には使うことができません。
持病を抱えている方や、ほかの薬を服用中の方は、医師に相談するようにしましょう。

  • 肝障害がある
  • 子宮筋腫がある
  • 乳がんにかかったことがある
  • 遺伝的に乳がんリスクがある
  • 乳腺症がある

これらの病気を悪化または再発させる恐れがあります。
また心疾患や腎臓病の方・てんかんの方・糖尿病の方・高血圧の方・ポルフィリン症の方・テタニーの方も使うことができません。

40歳以上の方は血栓症が発生しやすい年齢のため、プラノバールの服用は避ける必要があります。
授乳中の方や、妊娠中の方への投与も注意が必要です。

そのほか併用禁忌または使用注意が必要な医薬品があります。
持病をお持ちで別の医薬品を服用しなければならない場合は、飲み合わせに問題ないか医師や薬剤師に相談してください。
注意したいのがプラノバールで血栓症の副作用があることです。

喫煙者は血栓症リスクが高まるため、プラノバールの服用はできません。
不妊治療で服用予定の方は、禁煙するようにしましょう。
血栓症の予防には十分な水分補給が求められます。

(まとめ)体外受精でプラノバールを服用したらいつ生理がくる?

1.体外受精でプラノバールを服用後3~5日で生理がくるのが通常といえます

体外受精でプラノバールを服用すると、通常であれば服用後3~5日で生理がきます。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方が含まれており、生理周期の高温期をホルモン剤でつくりだすための医薬品です。

2.フラバノールは不妊治療で受精卵の着床を促す医薬品です

不妊治療でフラバノールを服用するのは、排卵後に受精卵の着床を促す目的があるからです。

薬を服用すると卵胞ホルモンと黄体ホルモン血中濃度が高まり、生理周期の高温期の状態を維持できます。

3.生理をコントロールするためにも使用するがフラバノールです

不妊治療を希望の方で生理周期が不規則な場合は、プラノバールを服用して生理周期をリセットすることが期待できます。

決められた日から服用を始めると、生理を早めたり遅くしたりする作用がある医薬品です。

4.不妊治療でプラノバールが使えない人もいるため注意が必要です

不妊治療でプラノバールを服用予定の方は、服用できない疾患がないか確認しておきましょう。

合わせて飲み合わせに注意が必要な医薬品もありますから、服用前に医師や薬剤師に相談してください。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小山寿美江医師
こやま すみえ/Sumie Koyama

詳しくはこちら

経歴
1999年 琉球大学医学部医学科卒業
2000年 東京医科大学病院救急救命センター
2001年 東京女子医大病院腎センター
2003年 緑風荘病院 血液浄化療法センター
2006年 昭和大学病院産婦人科
2009年 昭和大学病院産婦人科 助教
2010年 東京衛生病院産婦人科
2012年 木場公園クリニック勤務
木場公園クリニック 分院 院長
2016年 六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
アメリカ生殖医学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小山寿美江医師