不妊治療はいつまでというものはありませんが、なるべく早めの受診が望ましいでしょう


不妊は個人差が大きく、かつ原因になる内容もさまざまです。
そのため、不妊治療はいつまでに始めなければならないという厳格なものはありません。

しかし年齢が高くなるにしたがって、卵子の質が低下することが分かっており、妊娠率も年代によって変化します。
もしかして不妊かな、と感じる場合は早めに受診することが望ましいでしょう。

卵子の質は加齢とともに低下していくことが分かっています

女性は赤ちゃんとして誕生したときから、生涯の卵子の素になる原始卵胞のすべてを卵巣内に持っており、その数は200万個程度だとされています。

原始卵胞は時間の経過とともに、徐々に自然消滅をしていき、思春期を迎えるころにはすでに20~30万個にまで減っているとされています。
生まれた時にすでに原始卵胞はあるわけですから、女性の成長とともに原始卵胞も年を重ねていくわけです。

どれだけその女性の外見が若々しくても、女性が30歳であれば原始卵胞も30歳というわけです。
体のほかの部分も時間の経過とともに変化がでるのと同じく、原始卵胞の質も変化していきます。
質が低下した原始卵胞よりできた卵子は、染色体に異常があるケースが多く、受精しづらいのが特徴です。

また受精しても成熟しづらく着床が困難であったり、着床しても妊娠を継続しづらかったりするという傾向があります。
女性の年齢が高くなるにしたがって妊娠率が下がるというのには、このような理由が関係しています。

とはいえ、原始卵胞が減るスピードや、質の低下の度合いというのは人それぞれによって異なり、個人差も大きいものです。
そのため何歳だから妊娠できないとは一概には言えません。

妊娠率は女性の年齢と大きく関わっています


不妊治療をスタートしようかと検討している方であれば、妊娠率は誰もが気になるポイントではないでしょうか。
妊娠率は女性の年齢と大きく関わっており、それにはさまざまな理由が考えられますが、そのうちの1つに前述したような卵子の質が関係していると考えられます。

妊娠率は年齢が高くなるにつれ下がる傾向にありますが、不妊治療の進歩に伴いその数値も改善されるようになってきました。
体外受精での妊娠成功率は、20代で75%程度、35歳を境に妊娠率は大きく低下し、40代では10~30%程度だとされています。

妊娠率は年代によって差があることがわかり、また同じ年代でも前半・後半で数値が変化します。
とはいえ、年齢がすべてではありません。

妊娠は夫婦の性行回数やタイミング・夫婦の体質・受けた不妊治療の内容・クリニックの技術など、さまざまな事柄が複雑に関係しています。
不妊かな、と少しでも思うことがあれば、夫婦でなるべく早い段階にて行動を起こすことをおすすめします。

不妊治療の必要を感じたら早めに検査を受けましょう

不妊治療はスタートすると決めたとしても、まずはさまざまな検査が必要になり、また検査の結果を待つ時間なども必要となってきます。
ひとくちに不妊治療といっても、それぞれの夫婦に疑われる原因を考え、それらに1つずつ対処していくもので、治療の内容も進み方もさまざまです。

不妊治療といえば、人工授精や体外受精をイメージする方も多いものですが、不妊治療はもっと複雑でもっとさまざまな手段があるのです。

不妊の原因も、体質・卵子・精子の状態だけでなく、不妊の原因になっているであろう疾患が見つかった場合には、まずはその疾患の治療からスタートしなければならないケースもよくあります。

不妊治療は長期にわたる治療になるケースも多く、治療をする方の中には「もっと早くにスタートしておけば良かった」と感じる方もいるようです。
不妊治療はタイミングや時間の経過が大きな鍵を握ります。

そのためまずは専門クリニックで検査を受けてみることから始めることをおすすめします。
無料の説明会や相談会を設けているクリニックもあるため、参加してみるのもよいでしょう。

(まとめ)いつまでなら不妊治療を始めることができる?

1.不妊治療はいつまでというものはありませんがなるべく早めの受診が望ましいでしょう

不妊治療はいつまでに始めなければならないという厳格なものはありません。

ですが加齢にともない卵子の質が低下することが分かっているため、不妊治療を検討している場合は早めに専門医療機関を受診することをおすすめします。

2.卵子の質は加齢とともに低下していくことが分かっています

女性が年齢を重ねるのと同じように、原始卵胞も年をとっていき、時間の経過とともに質が低下していきます。

女性の年齢が高くなるにつれ妊娠率が下がると言われているのには、加齢による卵子の質の低下が関係しています。

3.妊娠率は女性の年齢と大きく関わっています

妊娠率の数値は年代だけでは読み切れない部分がありますが、35歳を境に大きく低下することがわかっています。

不妊は夫婦どちらかの問題ではありません。
不妊かな、と感じたら夫婦で早めに行動することをおすすめします。

4.不妊治療の必要を感じたら早めに検査を受けましょう

不妊治療は原因を探るところからスタートし、治療の内容も人によってさまざまに異なります。

ただ、比較的長期間で行う治療であるため、不妊治療を検討している場合には、まず専門の医院で検査を受けてみることから始めてみるとよいでしょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師