不妊治療はゴールが見えない時に、どのようにしたらゴールが見えるのかを考えて進めていくことが大切です


不妊治療を続けていると、治療が長引くほど「ゴールが見えない」と不安になることがあります。

ゴールが見えないと感じる時は、どのようにしたらゴールが見えるのか、目の前にある問題を1つずつクリアしていくことを考えて治療を進めましょう。
目の前に細かくゴールを設定していくことが達成感に繋がり前向きに取り組むヒントになります。

不妊治療では細かな目標を設定することが大切です

不妊治療は何をしたら必ず望む結果が得られるということがあるわけではないため、気持ちを前向きに保つことが難しいと感じる方も少なくありません。
治療は短期的に済むケースもありますが、大半の場合は長期の治療が必要になります。

長期間にわたることや、いつまで続くという明確なものが見えないため、「ゴールが見えないマラソンを走っているかのようだ」と例えられることがあります。

不妊治療は、ゴールが見えるようにするには何をしたらよいのかを考えながら進めていく治療です。
ゴールを先に設定すると、果てしない長い治療のように感じてしまいます。

ゴールが見えない心配は、ゴールに近づいている実感がわかないために起こります。
不妊治療は、不妊の原因を1つずつ探し、その問題に対処し1つずつクリアして結果が積み重なっていくものです。

細かな目標となるゴールをいくつも設定し、1つずつクリアしていくと達成感がわき、ゴールに近づいていることが実感できるでしょう。

自分に合ったストレス解消法を探してみましょう


不妊治療はスムーズに望む結果が得られずに、気持ちが落ち込んでしまうことがあります。
理想通りに進まないことに、落胆やいらだち、焦りを感じる方も少なくありません。

しかし不妊治療中は過剰なストレスが自律神経の乱れにつながり、ホルモンがうまく分泌されないなどの影響がでるため、心の管理が必要です。
ストレスと上手に付き合えるように、自分にあったストレス解消方法を見つけることをおすすめします。

おすすめは、軽いストレッチやウォーキングなど適度に体を動かす方法です。
汗をかくことで老廃物を排出し、不妊治療で使う薬の副作用にありがちなむくみの解消に繋がったり、下半身をしっかり動かすことで血流をよくしたりする効果が期待できます。

ストレスは女性だけでなく、男性の性機能にもよくない影響が出がちであるため、可能であれば夫婦そろってストレス解消に取り組みましょう。

不妊治療には、夫婦の愛情が欠かせません。
二人で一緒に取り組むときは、ネガティブな会話にならないように意識して、楽しい時間を過ごすように心がけましょう。

アロマオイルでリラックスしたり、半身浴や好きな音楽をゆったり聴いたりなど自分に合うストレス解消法を探してみましょう。

不妊治療専門クリニックの無料相談を活用しましょう

不妊治療は基本的に長期間で取り組む治療であるため、心身の負担を強く感じる場合があります。
小さな疑問や不安でも抱えたまま過ごすと、やがて大きなストレスになってしまうことも考えられます。

不安や疑問は専門家の意見を参考にしながら、自分の考えをまとめるようにすると、間違った知識のほうへ気持ちが進んでしまうこともありません。
不妊治療を専門的に行っているクリニックの中には、無料相談を開催しているところがあります。

相談できる相手は、そのクリニックの看護師や不妊専門のカウンセラーであるのが一般的ですが、場合によっては培養士の意見を聞くことができる場合もあるでしょう。

「ゴールが見えない」と感じてしまう不妊治療に対する不安や、治療内容に関する疑問、専門用語に関する知識など、普段抱えている悩みを打ちあけることで気持ちを楽にするきっかけにしてみてください。

とくに治療に関することは、正しい知識を持つことが大切です。
不妊治療を行うクリニックを選ぶ際は、実績・設備・治療内容などとともに、治療をスタートしてからのケアの面もチェックしておくことをおすすめします。

(まとめ)不妊治療でゴールが見えない時の乗り切り方は?

1.不妊治療はゴールが見えない時に、どのようにしたらゴールが見えるのかを考えて進めていくことが大切です

ゴールが見えるようにするにはどのようにしたらよいのかを考え、ゴールにつなげるために目の前の問題を確認しましょう。

細かく目標を設定することで、達成感に繋がり前向きに治療に取り組みやすくなります。

2.不妊治療では細かな目標を設定することが大切です

不妊治療は長期にわたる治療になるケースが大半です。
ゴールに近づいている実感がわかない場合、不妊治療をゴールが見えないと感じてしまいます。

細かなゴールをいくつも設定し、大きなゴールに近づいていることを実感しながら治療に取り組みましょう。

3.自分に合ったストレス解消法を探してみましょう

不妊治療では過度にストレスを溜めると自律神経が乱れ、ホルモンの分泌に影響を与えてしまうことがあります。

軽くスポーツをして体を動かすことや、アロマオイルや半身浴など、自分に合ったストレス解消法を探してみましょう。

4.不妊治療専門クリニックの無料相談を活用しましょう

不妊治療は治療が長期におよび、心身の負担が大きくなる場合があります。
不妊治療の専門クリニックでは、無料相談を行っているところもあり、看護師やカウンセラーに悩みを相談することができます。

前向きな治療が行えるよう無料相談を活用してみましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小山寿美江医師
こやま すみえ/Sumie Koyama

詳しくはこちら

経歴
1999年 琉球大学医学部医学科卒業
2000年 東京医科大学病院救急救命センター
2001年 東京女子医大病院腎センター
2003年 緑風荘病院 血液浄化療法センター
2006年 昭和大学病院産婦人科
2009年 昭和大学病院産婦人科 助教
2010年 東京衛生病院産婦人科
2012年 木場公園クリニック勤務
木場公園クリニック 分院 院長
2016年 六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
アメリカ生殖医学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小山寿美江医師