体外受精と顕微授精の違いは受精の仕方です


体外受精と顕微授精は、一見同じように女性の体外で受精させるもののため、混同してしまいがちです。
しかしこの2つには明確な違いがあり、そのポイントは受精の仕方です。

体外受精は多くの精子の中から卵子とのめぐり合わせを行う方法、顕微授精はピンポイントで卵子の中に精子を送り込む方法です。
体外受精は多くの精子の力が必要ですが、顕微授精は元気な精子が1匹存在していれば可能となります。

体外受精と顕微授精の違いは送り込む精子の数です

では体外受精と顕微授精の違いについて詳しく見ていきましょう。

体外受精

体外受精では、女性から採取した卵子に男性から採取した多数の精子をふりかけ、その多くの精子の中の1匹が自力で卵子に入り込む方法です。
この場合は卵子の膜を破って入り込むだけの強い精子が必要となります。
そして強い精子と卵子がめぐり合った結果、受精に至ることができるのです。

顕微授精

顕微授精は体外受精のようにたくさんの精子を使うのではなく、1匹の精子を卵子の中に人の手で送り込む方法です。
このとき微細な針を使用して慎重に卵子の中に精子を入れます。

この方法では精子が自ら卵子の膜を破る必要がないため、精子に高い運動性がない場合でも受精させることが可能です。
これら2つのいずれかの方法によって受精した卵子は、分割が行われて胚になり、その段階に応じて女性の子宮に移植されることになります。

しかし胚の分割が正常に行われるようになるには、卵子や精子の質も関わってくるため、ときには受精が成功しないこともあります。

それぞれにメリットとデメリットがあります


精子または卵子の状態に不妊の原因がある場合に、体外受精や顕微授精などの不妊治療が行われるわけですが、これらにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
不妊治療を受ける上では、精子と卵子それぞれの状態に合わせて治療方針を決定することが必要になります。
ではそれぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

体外受精のメリットは、できるだけ自然に近い状態での受精が可能になることです。
そして顕微授精のように針を卵子に刺し込まずに精子自身の力で受精を見込むものですから、卵子が壊れてしまう心配がありません。

一方、顕微授精のメリットはピンポイントで卵子に精子を送り込むため、受精する確率が高くなることです。
この方法であれば、精子の力が弱くて自然な受精に至らない場合でも受精を行うことが可能になります。

デメリット

まず体外受精のデメリットとして挙げられるのは、精子の力が弱い場合に自ら卵子の膜を破ることができず、受精に失敗するケースがあるということです。
実際に顕微授精と比べると受精する確率は体外受精の方が低めであることは否めません。

そして顕微授精の場合、精子を送り込むために卵子に微細な針を刺すことになり、それに耐えられない場合は卵子が壊れてしまうという可能性があります。
こうしたケースは稀であるとされますが、少なからず卵子を傷つけてしまうということは覚えておきましょう。

妊娠率を上げるためには自分たちの状態を知ることが大切です

日本は世界各国と比べて、体外受精・顕微授精の件数は多いものの、妊娠率はあまり高くはないといわれています。
その理由のひとつに、日本ではできるだけ自然で体に負担の少ない方法が選ばれることが多いという部分が挙げられます。

もちろん、体への負担は重要な問題ですが、たとえば自然周期による排卵よりも卵子を多く採取できる方法はありますから、その方法に適合するのであれば怖がらずに受けても大丈夫だと言えます。
治療方法を選ぶ際は、自分たちの体や精子、卵子の状態をよく知り、どの方法なら安全に妊娠率を上げられるかを知っておくことも大切でしょう。

また一昔前では受精卵を凍結させて移植する技術は不安定なものがありましたが、近年ではその技術も進歩しています。
精子や卵子の状態、女性の体の状態によっては、凍結させない新鮮胚移植にこだわるよりも、凍結胚移植を選んだ方が妊娠率を上げられるケースもあるのです。

凍結胚移植なら、女性の体の状態を照らし合わせて適切なタイミングで移植することが可能になります。
そのため凍結胚移植も選択肢のひとつとして積極的に選んで問題ないと考えられます。

(まとめ)体外受精と顕微授精にはどんな違いがあるの?

1.体外受精と顕微授精の違いは受精の仕方です

体外受精と顕微授精は同じく女性の体外で受精させるものですが、この2つには受精の仕方に違いがあります。

体外受精は多くの精子から卵子をめぐり合わせる方法、顕微授精は1匹の精子を卵子に送り込む方法です。

2.体外受精と顕微授精の違いは送り込む精子の数です

体外受精は1つの卵子に対して多くの精子をふりかけ、精子が自力で卵子に入り込む方法です。

一方、顕微授精は、1個の卵子に対して精子1匹を細い針で送り込む方法となり、精子自身に強い力がなくても受精することが可能になります。

3.それぞれにメリットとデメリットがあります

体外受精は、自然な状態で受精を行えるというメリットがありますが、精子の力が弱いと受精できないことがあります。

一方顕微授精は、卵子に直接精子を送り込むことで、高い受精率を期待できますが、卵子が壊れてしまうという可能性もあり注意が必要です。

4.妊娠率を上げるためには自分たちの状態を知ることが大切です

日本における体外受精・顕微授精の件数は世界に比べて多いものの、妊娠率は低めだといわれています。

妊娠率を上げるためには、精子と卵子の状態をよく知り、排卵誘発法や胚移植などの方法の中で自分たちに最適なものを選ぶことが大切です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師