体外受精の採卵から3~5日後が移植日といえます


一般的に体外受精で採卵してから3~5日後が胚移植日となります。
そのため採卵日が決まったら、この日程でスケジュール調整しておくとよいでしょう。

この日数はあくまでも目安で、卵管内移植や凍結胚移植でも多少日数が変わります。
胚盤胞の段階で移植する場合で、うまく胚が育たないこともあるため、この限りではありません。
十分な発育とならなかった場合は移植は中止となります。

胚盤胞まで育てて移植する方法があります

胚移植の方法には、採卵から2~3日で移植する初期胚移植と、5~6日で移植する胚盤胞移植の2種類のやり方があります。
移植日に3~5日と幅があるのはこのためで、どちらの方法を選択するかによって日数は異なるため確認が必要です。

胚盤胞移植は着床率が高い方法のため、この方法を選択するのもよいでしょう。
受精卵の約50%は胚盤胞まで成長させることができます。
自然妊娠では卵管で受精し、細胞分裂を繰り返しながら胚盤胞へと成長し子宮にたどり着きます。

受精から4~5日必要となり、1~2日で子宮内膜に着床することが可能です。
以前は体外で培養するより体内に早く戻したほうがよいと考えられていたため、初期胚移植の2~3日で移植されていました。

近年は胚盤胞まで培養する技術が進化し、質の高い移植胚を利用し着床率を高めることができます。
胚盤胞移植では従来の方法では子宮内膜の状態が悪く着床できなかった方でも、妊娠に結び付く可能性が高まります。

胚盤胞への培養は管理が難しいため、充実した設備が整った施設で利用するのが望ましいといえるでしょう。
ただし約50%の割合で胚盤胞まで発育しない場合があります。
その場合は胚移植が中止となることは覚えておきましょう。

初期胚移植と比べて培養にも差が出やすく、胚移植日にばらつきが出る恐れがあります。
必ずこの日に胚移植と指定はできず、5日目か6日目のように数日間待機する必要がある方法です。

1日前後で胚移植する卵管内移植の方法があります


採卵時に十分な子宮内膜の厚さになっており、卵管のどちらかが通過している方は、卵管内移植を選択することが可能です。
37歳以上で採卵数が少ない方や、以前体外受精に失敗した経験がある方、受精卵の数が少ない方に有効となります。

卵管内移植は、採卵後数時間後~初期胚まで培養させてから卵管に移植します。
受精する前の移植や、受精したことを確認し、細胞分裂を開始して初期胚となったものを卵管に戻すやり方です。

卵管とは自然妊娠で精子と卵子が出合い受精する場所です。
そのため精子と卵子にとってももっとも環境がよい場所だといえます。
体外で培養させる方法と比べて、卵管内移植はより自然な妊娠に近い方法です。

採卵後の培養方法はGIFT法、ZIFT法、EIFT法と3つの方法があります。
それぞれ胚移植日が異なるためチェックしておきましょう。
EIFT法とは採卵から4~6時間培養後に胚移植する方法で、受精できたかわからないうちに移植するやり方です。

ZIFT法は採卵後1日培養させてから移植する方法で、受精を確認できます。
EIFT法は初期胚まで培養させてから卵管に移植する方法です。

どのやり方も腹腔鏡下で移植する必要あるため、麻酔が必要です。
卵管癒着が確認された場合は移植が中止になることがあります。

排卵日に合わせる凍結胚移植の方法があります

採卵周期での胚移植と比べて、凍結胚移植は妊娠率が高くなっています。
その理由は、凍結や溶解に耐えられる胚を選ぶためや、いったん休ませてから移植するとホルモン状態がよいという理由が考えられているためです。

採卵から少なくとも1か月は子宮を休ませることができ、着床率が高く流産率が低くなります。
凍結や溶解に耐えられない胚は向いていない方法のため、それ以外の胚は周期移植を選択するとよいでしょう。

凍結方法は、すべてを凍結する全胚凍結と、移植で余った胚を凍結させる余剰胚凍結のやり方があります。
子宮内膜が薄く周期胚移植が適していない場合に用いられており、卵巣過剰刺激症候群の場合でも凍結胚移植が適している方法です。

移植は排卵日に合わせる必要があります。
排卵日に移植することで自然妊娠と同様の発育状態です。
数日培養させてから凍結する場合は、排卵日も数日ずらして移植します。

凍結する方法は、1本のストローの中に複数の胚や精子を入れる方法です。
溶解は1本単位となるため、その際に他の胚にダメージがかかる恐れがあります。
凍結させた胚は数回に分けて移植することが可能で、再凍結が可能です。

(まとめ)体外受精の胚移植日とは何日ごろ?

1.体外受精の採卵から3~5日後が移植日といえます

体外受精の採卵から胚移植までの日数は、3~5日後です。

移植方法によっても日数が変わる場合もありますし、この日数で十分発育しない場合もあります。
大まかな目安として3~5日後にスケジュールを立てておきましょう。

2.胚盤胞まで育てて移植する方法があります

体外受精の受精率を高めるために、胚盤胞まで育ててから移植する方法があります。

この場合5~6日後に胚移植すると考えておきましょう。
約50%で育たず中止になる場合や、日程が定まらないデメリットも考慮する必要があります。

3.1日前後で胚移植する卵管内移植の方法があります

何度か人工授精に失敗しており、卵管のどちらかが通過しているなら、1日前後で移植する卵管内移植を選択してみましょう。

より自然な妊娠を希望する方にも向いています。
腹腔鏡下での移植となるため麻酔が必要です。

4.排卵日に合わせる凍結胚移植の方法があります

胚が良好で凍結や溶解に耐えられる場合で、着床率を上げて流産率を下げる方法として、凍結胚移植のやり方があります。

事前に胚を凍結させて1か月以上保管し、排卵日に合わせて移植する方法です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師