体外受精時のブセレキュアは排卵を抑制し、卵子が成熟するのをサポートする効果が期待されます


体外受精時に処方される薬の一種であるブセレキュアは、排卵を抑制して未成熟なまま卵子が排卵されてしまうことを防ぐ効果があるとされています。
排卵をコントロールすることで、卵子が成熟するのをサポートし、状態が良い卵子が採卵できるようになるのです。

服用の仕方によっては、反対に排卵を誘発する効果もあるため、服用の決まりを守ることが大切です。

体外受精時はブセレキュアを用いて排卵コントロールを行うことがあります

体外受精の治療中には、ブセレキュアという点鼻薬を処方されることがあります。
ブセレキュアは、スプレキュアのジェネリック医薬品であるため、クリニックや病院によっては、スプレキュアを処方しているところもあります。

体外受精をするにあたって、女性から採卵を行いますが、採卵の際にはいくつかの方法によって排卵を抑制したり、促進したりしながら、排卵のコントロールを行います。
ブセレキュアは「ロング法」や「ショート法」と呼ばれる排卵抑制方法の際に用いられることが多い薬です。

ブセレキュアは点鼻薬で、1日に数回決められた時間に使用します。
脳の視床下部に作用し、脳下垂体ホルモンの分泌を抑制し、未成熟な卵子が排卵されてしまうのを防ぎます。

体外受精時は、一定期間排卵抑制を行いながら卵巣内の卵胞が成熟するのを待ち、ある程度成熟させ質を向上させた卵子を採卵します。
ブセレキュアを用いて脳に働きかけを続けることで、排卵をコントロールしているため、決められた時間に点鼻服用することが非常に重要になります。

ブセレキュアは服用の仕方によって、排卵を誘発させることもできます


ブセレキュアは前述のように、排卵を抑制する効果が期待されますが、服用の仕方によっては、反対に排卵を誘発させることもできる両極端な効果をもつ薬です。
どういうことなのかというと、ブセレキュアを使用し、卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンの値を急激に上昇させることによって、排卵を促進させることが可能になります。

この効果を利用して排卵誘発剤の注射であるHCG注射の代用として用いることもあるということなのです。
他にも、決められた時に点鼻できずに脳に排卵抑制の働きかけが出来なかった場合や、点鼻の仕方が不十分であった場合なども、排卵を起こしてしまうことがあります。

とくに、定期的な点鼻を守ることがブセレキュア服用の際にはポイントとなる部分ですから、アラームをセットする、食事の後点鼻する習慣をつけるなど点鼻忘れのないよう工夫をすることをおすすめします。

ブセレキュアは効果が高い薬ですが、服用のタイミングや期間の見極めによって、現れる効果が真逆の作用をしてしまうため、処方される際に説明される服用の仕方や服用期間などは守るようにしましょう。

ブセレキュアの副作用には頭痛や眠気、下腹部痛、不正出血、うつ症状などがあります

ブセレキュアの副作用には、頭痛や眠気・下腹部痛・不正出血・気分が優れない・イライラする・やる気がでないなどのうつ症状などがあります。

長期服用する薬ではなく、また、ブセレキュアによる副作用のほとんどは一時的なものであるとされていますが、症状が強く出てしまって辛い時や、症状について不安な点があるという場合は、すぐに医師に相談することをおすすめします。

またごくまれに血栓症の原因にもなるという報告もあるため、1日中座り仕事をしている方や、長時間同じ姿勢を取ることがある方などは体調の変化に留意することをおすすめします。
なるべく血液の循環をサポートできるようにこまめに姿勢を変えたり、足首を回したりなどして下半身を中心に血流が良くなるような動作を取り入れましょう。

風邪や花粉症の症状を心配する方もいますが、ブセレキュアの成分は鼻の粘膜から吸収されるため、風邪症状や花粉症などで鼻の状態が悪くても特に問題なく使用できます。
効果に変わりはありませんが、どうしても気になるという場合は、点鼻前に鼻をかむとよいでしょう。

(まとめ)体外受精でのブセレキュアの効果とは?

1.体外受精時のブセレキュアは排卵を抑制し、卵子が成熟するのをサポートする効果が期待されます

処方されるブセレキュアは服用期間によって効果が異なります。

体外受精時には、排卵を抑制する目的で処方されることが多いものですが、服用の仕方によっては、反対に排卵を誘発させることもできます。
医師の指示に従って正しく服用しましょう。

2.体外受精時はブセレキュアを用いて排卵コントロールを行うことがあります

ブセレキュアは、脳の視床下部に作用し、未成熟の卵子が排卵されないように排卵を抑制させるために使用する点鼻薬です。

排卵を抑制し、卵子をある程度成熟させることは体外受精の採卵において非常に重要なポイントになります。

3.ブセレキュアは服用の仕方によって、排卵を誘発させることもできます

ブセレキュアは、排卵を抑制し卵胞を成熟させる効果が期待されますが、服用の仕方によっては、排卵を誘発させることもできる薬です。

真逆の効果があるため、服用の仕方や期間などは医師から指導された通りに守ることが非常に大切です。

4.ブセレキュアの副作用には頭痛や眠気、下腹部痛、不正出血、うつ症状などがあります

ブセレキュアの副作用は一時的な物であることが多いものですが内容としては、頭痛や眠気・下腹部痛・不正出血・うつ症状などがあります。

まれに血栓症の原因になることもあるため、こまめに姿勢を変え血液の循環が良くなるようにサポートしておきましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師