体外受精の採卵時の痛みが心配な人は麻酔を使うことも可能です


体外受精では採卵するとき、痛みを感じる場合があります。
気になる痛みの程度ですが、体質によって感じ方がそれぞれなので、痛みを全く感じないと言う方もいれば、恐怖でより一層痛みを強く感じてしまう方もいます。

痛みに弱い体質の方は、静脈麻酔や局所麻酔を施してもらうことでストレスなく採卵することができます。
心配な人は主治医に相談してみましょう。

採卵時の痛みは採卵針の太さが関係しています

体外受精の採卵時は、痛みや違和感を抱くことがあります。
普段は痛みに強い方でも、不安が強い場合は、普段以上に痛みを感じやすくなるものです。

採卵時の痛みは医師の医療技術の他に、採卵針の太さが関係しているとされています
採卵針の太さは太いほど痛みが強いとされ、より細い針へ改良されつつあります。

細い採卵針を使うことで、以前よりも痛みの程度は小さくなってきています。
採卵の際の麻酔はクリニックや医師によって方針が異なり、麻酔を全くしないケースや、排卵誘発の方法により全身麻酔を行うところもあります。

多くの場合は、局所麻酔や静脈麻酔を行いますが、基本的には採卵時の痛みは強烈なものではなく、麻酔なしでも全く痛みが気にならないという場合や耐えられる程度の痛みであるとされています。

しかし不安を抱えながらの採卵は精神的にもストレスが大きいものです。
痛みに対する不安が大きい場合は、あらかじめ主治医に麻酔の使用を希望する旨を伝えておくと安心です。

体外受精時の採卵は日帰りで受けられます


卵子を採取するというと大がかりで入院が必要になるのかもと心配する方も多いのではないでしょうか。
基本的には採卵は日帰りで受けることができます。

前日の夜か当日の朝から絶飲食をして当日に挑みます。
卵子は卵巣内の卵胞で浮遊しているように存在しているため、経膣超音波で様子を見ながら膣より採卵針を入れ、排卵前の卵子を卵胞液ごと採取します。

膣からの施術になるため、開腹の必要がなくその分体への負担も少なくて済みます。
採卵作業は5~10分程度で完了しますが、その後に出血など様子に変化がないか、確認してからの帰宅になります。

様子を見る時間はクリニックによっても異なり、多くの場合は1~3時間程度クリニックで休むことになります。
入院の必要もなく、日帰りでの施術になるため、仕事をしている方でも安心です。

帰宅後の生活も通常通りに過ごしても大丈夫ですが、身体にとっては負担になることを行っているため、なるべく静かに過ごすことをおすすめします。
なかでも麻酔を使った方は負担が大きいため、1日ゆっくりと過ごすように心がけましょう。

体外受精時に質のよい卵子を採卵するために生活習慣を見直しましょう

採卵をする際は、できるだけ質のよい卵子を採卵したいものです。

卵子の質を向上させるには、生活習慣がポイントになります。
まとめると、適度な運動・適切な入浴・栄養バランスのとれた食事・ストレスを溜めない生活が理想的です。

冷えは万病の元というように、適度な運動や適切な入浴で血行を良くして卵胞発育時の身体は冷やさないように気を付けましょう。

外食やコンビニ弁当などのような添加物の多い食事、血流が悪くなる喫煙やアルコールやカフェインの過剰摂取などは、卵子だけでなく母体そのものにも大きなダメージになります。

また常にストレスにさらされているような環境では、自律神経が乱れてホルモンの分泌に影響を及ぼします。
ストレスの多い職場環境などの場合は、1日でリラックスできる時間を持つように心がけましょう。

不妊治療は心身ともにストレスを感じることが多いものですが、ストレス解消を意識して、ゆったりとした気持ちで挑むことがポイントです。
夜更かしをすることや、不規則な起床及び就寝時間はホルモンバランスの乱れに繋がります。
規則正しい生活で卵子の質を上げましょう。

(まとめ)体外受精の採卵時の痛みはどうやって乗り越える?

1.体外受精の採卵時の痛みが心配な人は麻酔を使うことも可能です

採卵の時には、多少の痛みを感じるケースがよくありますが、痛みの程度は痛みに対する感じやすさなどの体質が大きく関わります。

痛みが心配な方は主治医に麻酔をお願いしてみましょう。

2.採卵時の痛みは採卵針の太さが関係しています

採卵時の痛みは、採卵針の太さが関係しており、針が太ければ太いほど痛みが強いとされています。

採卵は無麻酔でも耐えられる程度の痛みだとされますが、不安な場合は主治医にあらかじめ麻酔の使用を希望する旨を伝えておくようにしましょう。

3.体外受精時の採卵は日帰りで受けられます

採卵は経膣超音波と採卵針を用いて行います。

入院の必要がなく日帰りで施術を受けることができるため、仕事をしている方でも安心して受けることができます。
麻酔を使った場合は特に体への負担を考慮して、採卵のあとはゆったりと過ごすことを心がけましょう。

4.体外受精時に質のよい卵子を採卵するために生活習慣を見直しましょう

卵子の質を上げるためには、規則正しい生活が基本になります。

適度な運動やバランスの取れた食事、質のよい睡眠を心がけましょう。
ストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れにつながります。
ストレスを溜めないように発散を心がけましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師