体内受精と体外受精の違いは受精させる場所や受精の方法です


卵子は取り出さずに、採取した精液の中から受精の可能性の高い精子を女性の体内に注入する方法を体内受精と言います。
体外受精は、卵子を一度体外へ取り出し、精子と受精させたあとに再び女性の身体の中に戻すという方法です。

体内受精を複数回行ったのち、体内受精では妊娠が難しそうだと医師が判断すると体外受精に切り替えるという流れが一般的です。

体内受精と体外受精は全く違う治療法です

不妊治療を検討しはじめると、様々な情報を見聞きするようになります。
インターネットで検索したり、主治医と話をしたりしていても専門用語が沢山出るので分からないということもよくあります。

体内受精と体外受精もそのうちのひとつで、似ている言葉ですが、内容が異なるため、きちんと理解しておくことをおすすめします。
体内受精とは人工授精とも呼ばれ、卵子は女性の身体の中に残したままで、体外に取り出すことはありません。

男性から採取した精子から受精する可能性の高そうな精子を選り抜き、受精の可能性が高いタイミングで女性の体内に注入します。
注入の際には、注射器とカテーテルという細い管上のものを使用します。

体外受精とは、卵子をいったん体外に取り出し、採取した精子と受精させて受精卵をつくり、細胞分裂が始まったのを確認してから女性の体内に戻すという方法です。

体内受精と体外受精の大きな違いは、女性の身体から卵子を取り出すかどうかという点です。
体内受精と体外受精とでは言葉は似ていますが、行う治療法の内容としてはまったく別のものだということを理解しておきましょう。

体内受精を試みた後に、体外受精に切り替えるのが一般的です


一口に不妊治療と言っても、不妊という状態を起こしている原因によって治療方法が異なります。
体内受精や体外受精を行わなくても妊娠の可能性がある場合には、まずはタイミング法を試みます。

タイミング法とは、受精しやすいタイミングを医師と相談しながら妊娠する可能性の高い日に性行為を行うという治療法です。
排卵が起こりにくい体質の場合は、排卵誘発剤を併用することもあります。

タイミング法を何度か試してみても妊娠しにくい場合は、体内受精を行います。
体内受精は1回で妊娠するときもあれば、複数回の体内受精で妊娠するケースもあります。

6~8回程度体内受精を行ってみて妊娠が見られない場合には、体外受精に切り替えるというクリニックが多くあります。
体外受精の中でも、より高度な技術で受精及び妊娠を促す、顕微授精という方法もあります。

不妊治療といっても、体質や不妊の原因は人それぞれで異なります。
どの治療法が症状に向いているのか、または向いていないのか、本人たちがどういった治療法を望んでいるのかなど、主治医とコミュニケーションを図りながら進めることがポイントです。

体内受精で妊娠する確率は5~20%、体外受精では20~40%です

不妊治療を行う上でもっとも関心があるポイントは、治療による妊娠の可能性ではないでしょうか。
体内受精の場合、妊娠成功率は5~20%と言われ、数字には比較的大きな開きがあります。

卵子や精子の状態、体質や年齢、体内受精を行うクリニックの技術面など様々な要因があるとされています。
1回目の体内受精で妊娠しなかったからと言って、その後妊娠する可能性がないというものではなく、妊娠した人の90%程度の人が4回目くらいまでに妊娠しているという結果が出ています。

とはいえ体内受精を続けたからと言って、体質や年齢その他の要因で、体内受精という方法が合わないということもあり、ただやみくもに回数を重ねても治療法として限界があるとされています。
どのタイミングで体外受精に切り替えるのかは、年齢や体質などを考慮して基本的には医師が判断します。

体外受精の場合の妊娠率は20~40%程度だとされています。
体内受精よりも体外受精の方が妊娠の確率が高いというのが一般的な見解です。

(まとめ)体内受精と体外受精の違いは何?

1.体内受精と体外受精の違いは受精させる場所や受精の方法です

言葉は似ていますが、体内受精と体外受精とでは受精させる場所や受精させる方法が異なります。

体内受精を行い妊娠が難しいと判断された場合に体外受精に切り替えるのが一般的です。

2.体内受精と体外受精はまったく違う治療法です

体内受精と体外受精とでは、受精させる方法が違います。

体内受精の場合は、妊娠しやすいタイミングで妊娠の可能性のある精子を体の中に注入します。
体外受精の場合は、体外で卵子と精子を受精させてから、ある程度受精卵が発達した段階で体内に戻します。

3.体内受精を試みた後に、体外受精に切り替えるのが一般的です

不妊治療の方法にはいくつかの方法があります。

体質や不妊の原因によって治療法が異なり、一般的にはタイミング法や排卵誘発剤で様子を見た後、体内受精を行い妊娠の兆候が見られない場合には体外受精へと切り替えます。

4.体内受精で妊娠する確率は5~20%、体外受精では20~40%です

体内受精で妊娠する確率は5~20%程度、体外受精の場合は20~40%と、体内受精よりも体外受精の方が妊娠する可能性が高くなるとされています。

妊娠する確率は、卵子や精子の状態・体質・年齢、クリニックの技術などが関係しています。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師