体外受精の自己注射は手順を守れば難しくありません


体外受精の自己注射は、手順を守れば難しくありません。
注射というだけで痛そうに感じるため、抵抗感を持つ人もいます。

実際には細い針を使用するため痛みも少なく済みます。
自己注射の方法はクリニックで指導があり、不安であれば電話でも質問に応じてくれるでしょう。
自己注射は通院の注射と効果も変わらないので安心して利用してください。

体外受精と日常生活を両立するなら自己注射をおすすめします

体外受精や不妊治療は女性に大きな負担をかけます。
仕事との両立が難しく、仕事か子どもかどちらかを選択しなければいけない人も少なくありません。

そこで仕事をする女性の強い味方になるのが自己注射です。
不妊治療は注射するために毎日通院が必要なことが多く、身体にも心にも大きく負担をかけます。

毎日クリニックまで出向いて受付をして、待合室で待ってから注射を打つというのは時間がかかるだけでなく、精神的にも疲れます。
クリニックへの交通費も毎日通えば馬鹿にならないでしょう。

自己注射の一番のメリットは毎日の通院が必要なくなることです。
通院のための時間と費用が減ることで、精神的にも金銭面でも大きくストレスを軽減できます。

自己注射することで仕事を休んだり、スケジュールを立てなおしたりする必要もなくなり、仕事や家事育児といった生活スタイルをキープすることが可能です。
ライフプランにおいて子どもと仕事は比べようがない重要な問題です。

子どもを授かったあとにも費用がかかることを考えると仕事は続けたいと考える人も多いでしょう。
両立するためには、自己注射を使ってみることも検討してみましょう。

排卵誘発剤には2種類あります


排卵誘発剤なくして不妊治療や体外受精を語ることはできません。
簡単に排卵誘発剤といっても、尿由来製剤と遺伝子組み換え製剤の2種類があることをご存知でしょうか?
尿由来製剤は、閉経した女性の尿から作られます。
比較的安い製剤なので経済的負担が少ないのがメリットです。

しかし注射は筋肉注射になるため痛みや違和感が大きいと多くの人が感じます。
毎日の筋肉注射は、不妊治療のなかでも特に女性の負担になりやすいもののひとつだといわれています。

遺伝子組み換え製剤は、卵巣刺激ホルモンをつくるために培養して精製することで製剤にしたもののことをいいます。
不純物が少なく、安定した品質の製剤を作ることができるため安全面でも信頼できる製剤です。
自己注射に使われるのは遺伝子組み換え製剤です。

遺伝子組み換え製剤で気になるのは、コスト面です。
遺伝子組み換え製剤は通院の必要がなく、安心して使える排卵誘発剤ですが、コスト面でためらう人もいるかもしれません。
経済的な事情や置かれている環境のことも考えながら、どちらを使うか医師に相談しましょう。

自己注射でも通院の注射と同じ効果を得ることができます

自己注射は自分、もしくは家族が注射を打つことになります。
自己注射にした分、効果が低かったり副作用が出たりするのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。

しかし通院注射でも自己注射でも正しく注射できていれば効果は変わりません。
排卵率や妊娠率、副作用はその周期に投与される製剤の量に関係するため、正しく注射できていれば効果に違いはないのです。

ただしあくまで正しく注射することが条件です。
自己注射を選択するクリニックの指導を受けて、薬剤の保管方法も指示に従ってください。

打つ時間は、生活パターンに合わせて設定することもできます。
指導を受けるときに時間や生活パターンについても相談しましょう。
自己注射を打っているときは、他に服用する薬にも注意が必要です。

一緒に使用すると排卵誘発の効果に影響を与えてしまう薬もあるので、服薬するときはクリニックに相談してください。
自己注射であっても手順を守れば、通院注射と同じ効果が得られます。
注射の打ち忘れや薬液が漏れるなどトラブルがあったときにもクリニックに相談しましょう。

(まとめ)体外受精の自己注射って本当に自分でできるの?

1.体外受精の自己注射は手順を守れば難しくありません

自己注射は自宅で打つ注射で、効果は通院の注射と変わりません。

自己注射なら通院の手間や時間を軽減できます。
失敗しないか不安に感じるという人もクリニックで指導があるので安心です。

2.体外受精と日常生活を両立するなら自己注射をおすすめします

体外受精と仕事や家事の両立は多くの女性が頭を悩ませる問題です。

とくに不妊治療の注射は毎日の通院が必要になることもあるので肉体的にも精神的にも負担になります。
ストレスを軽くするためにも、自己注射にして通院の負担を減らすことも検討しましょう。

3.排卵誘発剤には2種類あります

排卵誘発剤には尿由来排卵誘発剤と遺伝子組み換えの排卵誘発剤があります。

自己注射に使われるのは遺伝子組み換えの排卵誘発剤です。
安全性が高く、自己注射できることから仕事など日常生活と両立するために多くの人が利用しています。

4.自己注射でも通院の注射と同じ効果を得ることができます

自己注射であっても通院で打つ注射と効果は同じです。

自己注射をする前には、クリニックからの指導があります。
指導された手順や薬剤の保管方法は必ず守るようにしましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師