前周期ピルは質のよい卵子を得るための体外受精の方法です


体外受精ではまず排卵誘発を行うことになりますが、その際に前周期ピルが用いられることがあります。
排卵誘発によって排卵を促して採卵するわけですが、その際にはできるだけ質のいい卵子を採取することが求められます。

前周期ピルを用いれば排卵を抑制することが可能になり、卵子の成熟度を均一にすることができるのです。
つまり前周期ピルは、より質のいい卵子を採取するために用いる体外受精の方法というわけです。

前周期ピルは採卵誘発法に用いる方法です

前周期ピルとは、排卵誘発の周期の前にピルを服用し、排卵を抑制するものです。
そもそもピルは、妊娠を避けるために月経をコントロールする薬として知られています。

その仕組みのポイントは、排卵を促す女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)にあります。
エストロゲンとプロゲステロンは、排卵前により多く分泌される傾向にあります。

これらのホルモンの働きで、排卵を促すような仕組みになっているのです。
ピルはこのエストロゲンとプロゲステロンを配合した薬であり、これを服用することで体の状態は排卵後と認識させられます。
そのため排卵するのを抑えることができるわけです。

この仕組みにより、未熟な卵子が排卵されることがなくなり、卵巣を休ませられるため、採卵の際にはある程度成熟した卵子を採取することが可能になります。
体外受精における採卵誘発法では、できるだけ成熟した卵子を採取することが求められますから、前周期ピルが有効に働きます。
とくに採卵誘発法の中でも、ロング法に適用されることが多いようです。

どの排卵誘発法でも有効とは限らないといわれています


前周期ピルは採卵誘発法のロング法などで用いられることが多いですが、その他の排卵誘発法でも有効かといえばその限りではないようです。
とくにアンタゴニスト法に前周期ピルを用いた場合、服用しない場合と比べて妊娠率が変わらないだけではなく、逆に低下したという報告もあります。

こうした背景もあることから、排卵誘発法で必ずしも前周期ピルが用いられるというわけでもありません。
また女性の体の状態によっても前周期ピルを用いない方がいい場合もあるでしょう。

なぜならピルにも副作用があり、服用することによって吐き気やめまいが起きたり、血栓ができやすくなったりなどのリスクが考えられるためです。
こうしたピルの副作用が強く出てしまう場合、ピルの服用を見送るのが無難です。

体外受精を受けるにあたって、排卵誘発に前周期ピルを使用するかどうかは、医師とよく相談するようにしてください。
また医師によっては前周期ピルを用いるか否かを女性の判断に任せてくれることもあります。

医師がどちらかを選ばせてくれる場合、ピルを使用しても問題ないと診断されたということですから、まずはピルを使って排卵誘発を行う方法を選択してみてもいいでしょう。

不妊の原因を作らないためにも使えます

前周期ピルは採卵誘発法において効果を示すこともありますが、その他にも不妊の原因を作らない使い方もできるといわれています。
不妊の原因のひとつとして子宮内膜症が挙げられますが、これを防ぐ効果がピルにあるとされているのです。

子宮内膜症は、排卵後に厚くなった子宮内膜が月経ではがれ落ちるときに、卵管を逆流して卵巣などの場所に内膜ができてしまう疾患です。
この疾患に対して、ピルを服用することによって子宮内膜そのものを増殖させないことで対策することができます。

つまりピルによって排卵を抑えれば子宮内膜が厚くならずに月経も訪れないため、子宮以外の場所に内膜ができてしまう原因を作らないというわけです。
これにより、子宮内膜症が原因の不妊を回避することが可能になります。

そうすれば体外受精などの不妊治療を受ける確率を低くすることができるのです。
実際に月経痛がひどい人など子宮内膜症のリスクが大きい女性に関して、予防のためにピルを処方するケースも多いです。
もし今妊娠を考えていない人でも、ひどい月経痛などに悩まされている人は、一度婦人科を受診してみるとよいでしょう。

(まとめ)体外受精で前周期ピルを飲むとどんな効果があるの?

1.前周期ピルは質のよい卵子を得るための体外受精の方法です

体外受精における排卵誘発の段階で、前周期ピルを用いることがあります。

ピルは排卵を抑制し、卵子の成熟度を均一にすることが可能な薬です。
前周期ピルは、より質のいい卵子を採取するために有効なのです。

2.前周期ピルは採卵誘発法に用いる方法です

前周期ピルは排卵誘発の周期の前にピルで排卵を抑制するものです。

ピルは排卵を促すエストロゲンとプロゲステロンを配合した薬で、これを服用することで体が排卵後の状態だと認識し、排卵を抑えることができるのです。

3.どの排卵誘発法でも有効とは限らないといわれています

前周期ピルを用いることは、必ずしもどの排卵誘発法でも有効というわけではないといわれています。

そのため排卵誘発にピルを用いない方法もあります。
またピルには副作用のリスクもあり、用いるかどうかを医師が尋ねるケースも見られます。

4.不妊の原因を作らないためにも使えます

前周期ピルは排卵誘発法に用いられますが、ピル自体には子宮内膜症を予防する効果も期待できます。

子宮内膜症は不妊の原因ともなってしまう疾患であり、ピルを服用することで子宮内膜の増殖を抑えることができ、発症のリスクを減少させることができます。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師