体外受精が太る直接の原因とは限りません


体外受精の治療やそこで使う薬が太る直接の原因ということはなく、薬の働きにより体がむくみ、太ったと感じる方は割と多くなっています。
また体外受精の治療に対するストレスから食べ過ぎてしまい、太る方も少なくないことから、体外受精は太ると言われる原因となっているのかもしれません。

食べ過ぎによる肥満は体外受精に対してデメリットが多いので、健康的な体を目指すことが大切です。
そのためには原因となるストレスを適度に発散しましょう。

副作用のむくみやストレスでの食べ過ぎから太ることがあります

体外受精の治療で使用される薬には「ゴナドトロピン」という卵胞を育てる働きを持つものがあり、これを注射すると人によっては卵巣に腫れが生じてくることがあります。
この腫れがある状態を「卵巣過剰刺激症候群」と言い、卵巣の腫れによって血管を通る血液が濃縮されて水分が外に出てしまうのです。

すると水分が不足した状態になり体は積極的に水分をとりこんで外へ出さないように働くので体のあらゆるところに水がたまっていきます。
するとむくんだ状態になり、体が太ったように感じることがあります。

この原因からすると、脂肪がついて太ったのではなくむくみで体重が増加したと言えるでしょう。
では誰でも卵巣過剰刺激症候群になるのかと言えばそうとは限りませんが、多少なりとも卵巣の腫れは出てくるものです。

それから体外受精の治療を行う方で多いのが、治療に対するストレスのあまり食べ過ぎてしまうことです。
確かに体外受精の治療中はストレスを感じることが多いので、つい食べてストレス発散しようとし多結果、脂肪がついて太ってしまいます。

むくみによる体重増加は薬を使っている間の一時的なものですが、食べ過ぎたことでついてしまった脂肪は肥満につながります。
これが体外受精を不利にする可能性も考えられるので、できるだけ太りすぎないよう心がけましょう。

太り過ぎは体外受精を難しくさせます


肥満は健康にも良くないとされていますが、体外受精においてもよいことはありません。
太っている方に多いのが多嚢胞性卵巣症候群で、このためにホルモンバランスが崩れてしまいます。

男性ホルモンの数値があがってきてしまうとも言われており、月経不順やひどい場合は無月経になり、すると月経がないことから排卵もないために妊娠が難しくなるのです。
排卵についての問題だけではなく、体外受精に向けた治療の中で使う薬剤にも影響が出てきます。

その影響とは、注射でゴナドトロピンを使用する場合体重にあわせて量を調整するために使用量が多くなってしまうことです。
薬の量が増えればその分副作用の発生などリスクは高くなりやすく、卵巣の腫れやそれによる体のむくみがひどくなるという悪循環が起きてしまうでしょう。

さらに糖尿病・高血圧・高脂血症といった病気を引き起こす可能性もあがってくるので、より体外受精の治療に対して注意が必要になってしまいます。

体外受精治療で太ることを避ける方法があります

体外受精治療をしていても太らなかったという方もいるため、上手にケアをして健康な状態を保ちながら治療に取り組んでいきましょう。
その方法としてストレスをためないようにする方法を紹介します。

まずとにかく体を動かしてみることを行ってみましょう。
運動は苦手という方でも散歩や短時間からであれば無理なくスタートでき、続けやすいものです。
体を使うことのメリットとして、環境が変わり気分転換になる・血流が良くなり栄養が巡りやすくなる・老廃物や余分な水分の排出がスムーズになる・集中して充実感が得られるなどがあります。

体外受精治療を行っているとついそのことばかり考えてしまいがちですが、環境を変えて運動に集中してみるといつも頭にあることから解放されて気持ちのよい時間を過ごすことができるでしょう。
これから運動を始める時に気を付けたいポイントとして、強度や時間をムリしないことをあげておきます。

ウォーキングや階段昇降など軽めの強度で短時間から行ってみて、もう少しやれそうと思うところでやめることです。
そして肩で息をするほどではなく少し呼吸が速くなる程度の強度で行いましょう。

(まとめ)体外受精をすると太ることがあるの?

1.体外受精が太る直接の原因とは限りません

体外受精の治療や薬が直接太る原因になることはなく、薬の働きでむくみが出て「太る」と感じる方は割と多いです。

また体外受精へのストレスから食べ過ぎて太った方も少なくありません。
適度にストレス発散をして太りすぎを避けましょう。

2.副作用のむくみやストレスでの食べ過ぎから太ることがあります

体外受精治療で使う薬の影響で卵巣が腫れてむくみが起き、太ったように感じられることがあります。

また治療中には何かとストレスを感じることから食べ過ぎて脂肪がついてしまい、太る方もいます。

3.太り過ぎは体外受精を難しくさせます

肥満の状態にあると多嚢胞性卵巣症候群になりやすく、するとホルモンバランスに乱れが出てきます。

その結果月経不順や無月経となり排卵がなくなってしまうこともあります。
また薬の使用量も多くなることから副作用悪化の可能性も高まります。

4.体外受精治療で太ることを避ける方法があります

ストレスを適度に発散するには運動がおすすめで、気分転換・血流アップ・老廃物の排出促進・没頭して充実した時間を過ごせるなどのメリットがあります。

運動のポイントはムリのない強度と時間で行うことです。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師