体外受精のリセットは次のチャンスへの準備です


体外受精では、妊娠が確定するか妊娠しないかのどちらかの結果が出ることで一旦区切りとなります。
その結果のうち、妊娠しなかった場合にリセットします。

月経が来て自然にリセットとなることもありますが、意識的に薬を使ってリセットすることもあります。
リセットは、次の体外受精に向けた準備として行う治療なども含みます。

妊娠しにくくしている原因を治療する意味で、卵巣や子宮をリセットすることもあります。
また精神的にも落ち込みがちな体外受精の治療中には、妊娠しなかったことで受けた心のダメージもリセットすることが大切です。

体外受精では妊娠しなかったらリセットとなります

体外受精では、排卵誘発を行ったり、月経の周期をコントロールしたりすることで良い状態の卵子を採卵して、受精卵を胎内に戻します。
排卵誘発剤の利用は、卵胞を育てて安定して成長した卵子をより多く、より確実に採取できるために行います。

また月経周期をコントロールすることで良いタイミングで採卵をしたり、胎内に戻すタイミングを計ったりしています。
こうした過程を経て、受精卵を胎内に移植し、妊娠の判定を待ちます。

妊娠していれば、そのまま経過を観察したり、黄体ホルモンを追加したりすることで、妊娠が継続しやすい環境を整えます。
ところが妊娠が成立していない場合には、生理が来て再び月経周期が繰り返されます。

状況によっては、生理を薬で起こさせて月経周期を始めることもあります。
これをリセットといい、自然に生理が来ることも薬によって生理を起こさせることもリセットと呼ばれているようです。

薬でリセットをすることで、次の体外受精のタイミングをコントロールできます。
また体外受精の後の周期は生理が遅れることがあるため、それをサポートする目的もあります。
さらに他に妊娠しにくい問題がある場合には、子宮や卵巣をリセットすることで改善するという方法が採られます。

不育症、着床障害の体外受精のリセットも行います


体外受精は、妊娠しにくい人が行うためのものですが、どの段階で妊娠に問題が起こっているかは人それぞれです。
妊娠までには、卵胞の成長や排卵、受精といった段階があり、さらに着床して胎児が成長していきます。

この最初の段階で妊娠しにくい場合には、排卵誘発や人工授精、体外受精などが役立ちます。
しかし受精卵の着床やその後の成長段階に問題がある場合には、別の治療が必要です。

不育症や着床障害を持っている場合には、体外受精とともに卵巣や子宮のリセットを、時間をかけて行う必要があるかも知れません。
内服薬の利用や免疫的な工夫を行い、数ヶ月かけて卵巣や子宮をリセットします。
また着床しにくい状況を繰り返す場合には、子宮内膜を少し傷つけてリセットする方法もあります。

体外受精では気持ちのリセットも大切になります

体外受精では、1日も早い妊娠を望んでいる人が多く、妊娠判定で良い結果が得られなかった場合には気持ちの落ち込みが大きくなりがちです。
また加齢に伴って妊娠しにくくなったと感じる人や何度も体外受精の失敗を経験している人には、落ち込みがより一層大きくなるでしょう。

体外受精では、高額の費用がかかることで金銭的にも大変に感じることもあります。
しかし体外受精での妊娠の確率はゼロでも100パーセントでもないものです。

上手く行かなければ落ち込みますが、確実なものではないことを認識して、失敗しても気持ちを追い詰めないことが大切になります。
今回の失敗は次回の成功につながると信じて、体とともに心もリセットしましょう。

とくに女性は妊娠したことを強く感じる一方、妊娠しなかったことを重く受け止めがちです。
そんな場合でも夫婦で話し合い、心をリセットさせてリラックスしましょう。

女性の体はストレスによって大きく左右されるといわれており、ストレスが大きいと体内のバランスも乱れることがあります。
少しの間落ち込んだら、気分を入れ替えて、次のチャンスを安らかに待ちましょう。

(まとめ)体外受精のリセットって何をするの?

1.体外受精のリセットは次のチャンスへの準備です

体外受精では妊娠しなかった場合にリセットとなります。

月経が来てリセットとなる場合もありますが、薬によってリセットする方法や妊娠確率を高める治療を行うことなどもあります。

2.体外受精では妊娠しなかったらリセットとなります

体外受精は、採卵の準備をしたり月経のタイミングを計ったりしながら行います。

その後妊娠判定が行われますが、妊娠していなければリセットとなります。自然にリセットとなることもありますが、薬で生理を引き起こしてリセットすることもあります。

3.不育症、着床障害の体外受精のリセットも行います

体外受精では、着床以降に妊娠しにくい問題を抱えている人もいます。その場合には、着床のしににくさや不育症などの問題を解消することが妊娠のために必要です。

卵巣や子宮をリセットする方法には、薬の服用やなどがあります。

4.体外受精では気持ちのリセットも大切になります

体外受精では、妊娠できなかったことが分かると気分も落ち込みがちとなります。

しかし気持ちが落ち込んでいると妊娠しにくくなることもあるため、心をリセットして明るい気持ちで次のチャンスを待つことが大切です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師