マーベロンは体外受精で卵胞を育てる役割を持つ薬です


マーベロンは、体外受精では採卵前に卵胞を育てる役割を持っています。
マーベロンは低容量ピルであり、避妊のためにも使われるものですが、体外受精の際にも重要な役割を果たすことがあります。

体外受精では、卵胞を十分に成長させることで妊娠しやすい受精卵を作ることが大切です。
マーべロンを使うことで、排卵を抑えて卵胞を成熟させることが可能となります。
ピルは本来避妊に使われることが多いため、不思議に思うこともありますが、マーベロンを使った方が妊娠しやすい状態を作ることもできるのです。

マーベロンは体外受精の効果を高める働きがあります

マーベロンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の混合剤です。
いわゆる低用量ピルというものの1種であり、多くの人が知っている使い方としては、妊娠しないようにする避妊の役割があります。

しかしピルは使い方によっては妊娠を助けるものとして使うこともできます。
マーベロンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入っており、服用することで脳に妊娠していると勘違いさせることができます。

その影響で卵胞を育てるホルモンや排卵させるホルモンの分泌が抑制されて、排卵されなくなり、卵巣は休眠状態となります。
すぐに妊娠したい人にとっては、排卵を止めてしまうのは納得できないかも知れません。

しかしこのことで排卵スケジュールをコントロールし、卵胞を卵巣に残さず、排卵誘発剤のみで卵胞を育てることができるようになります。
マーベロンの働きを体外受精の治療で使う場合には、体外受精の前の月経周期で服用します。

あえて一時的に排卵をとめることで、卵胞の成熟度を揃えて、良質な卵子がより多く育つことが期待できます。
そうやって採取できた卵子は受精、培養が行われた後、女性の胎内に戻されます。
場合によっては、採卵後にピルを利用することで黄体ホルモンによって子宮内膜を育てることもあります。

マーベロンの反動で排卵を促して体外受精を進めることもあります


マーベロンを体外受精で使うケースとしては、排卵を一時的に止めて卵胞の成長を揃えるだけでなく、排卵を止めたことの反動で良い卵子を作りやすくするというものもあります。
この場合には、卵胞を成長させるというよりは、排卵しようという体の働きを高めることが目的になります。

ピル服用時の反動によって、それまで排卵がなかった場合にも排卵が起こる可能性があります。
体外受精では、卵子を育てる卵巣の機能を正常化することは大切なことなので、こうした排卵の促進によって定期的な排卵を取り戻して機能改善を目指します。

こうした使い方をする場合には、ピルの服用は3ヶ月~半年行います。
体外受精の採卵周期の前に使って卵胞を育てるケースよりは長期的な利用となります。

マーベロンは副作用が少ないため、こうした長期利用にも安心して使えるピルです。
他の低用量ピルと比較しても、頭痛や吐き気、肌荒れ、体重増加などの副作用の頻度が低いと言われています。

またマーベロンでこうしたホルモン療法を行っているとダラダラと出血が起こることもありますが、その場合にも服薬を続けることが必要です。
基本的には出血も頻度は少なく、服薬をしているうちに収まることもあります。

マーベロンは全ての体外受精で使われるわけではありません

体外受精でのマーベロンによる働きは、ホルモンの影響によって排卵を抑えることで妊娠しやすい環境を作るというものです。
しかし人によっては良い効果を得られないこともあります。

排卵誘発を行う前に、低用量ピルのマーベロンで排卵を抑えておいた方が良いかどうかはそれぞれの体質などによって違っています。
そのため医師の判断などによって全ての人の治療で使われるとは限りません。

またマーベロンによるホルモン療法を行うかどうかの希望を医師から尋ねられることもあります。
排卵誘発前のピルの使用は悪いことではありませんが、すべての人に合うわけではありません。

希望を聞かれた場合には、医師と相談しながら試してみて効果がなかったら別の方法に移行するなど柔軟な対応を求めるとよいかも知れません。
また副作用の症状が続くような場合には、薬の調整や中止をすることもあります。

(まとめ)体外受精でのマーベロンの役割は?

1.マーベロンは体外受精で卵胞を育てる役割を持つ薬です

マーベロンは体外受精で卵胞を育てる役割を持っています。

低用量ピルであり避妊にも使われますが、マーベロンで排卵を抑えることで卵胞を育てやすくして、よい受精卵を作ることが出来ます。

2.マーベロンは体外受精の効果を高める働きがあります

マーベロンは低用量ピルとして避妊に使われることが多くなりますが、体外受精の効果を高めるためにも使われます。

マーベロンで排卵を一時的に止めてから卵胞を育てるとバランスよく揃った卵子がより多く採取できることがあるためです。

3.マーベロンの反動で排卵を促して体外受精を進めることもあります

マーベロンは、排卵を止めておいた反動を用いて排卵を促すという使い方もあります。

これも反動で排卵を促して卵巣機能を正常化する効果が期待でき、体外受精を進めやすくします。

4.マーベロンは全ての体外受精で使われるわけではありません

マーベロンによる排卵の調節は、すべての体外受精で行われる方法ではありません。

人によってはよい効果が得られないこともあるため、体質や必要に応じて利用することが大切です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師