プレマリンは卵巣機能を向上させて体外受精を助けます


プレマリンという薬は、体外受精では排卵誘発の段階で使われています。
妊娠しにくい女性の多くには、卵巣の機能が正常に働いていない状態が認められます。

その卵巣機能を正常化して、卵胞を育てる機能を向上させることで良い卵子を作ることがプレマリンの目的です。
またプレマリンを使うことによって子宮内膜の状態を改善することもできると言われています。

子宮内膜を改善することで、受精卵の正常な着床を目指します。
プレマリンは、卵巣機能を改善することで体外受精の効果を全体的に高める役割を持っています。

プレマリンはホルモン剤として体外受精を助けます

プレマリンは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることによって起こる不具合を改善します。
結合性エストロゲン製剤というホルモン剤で、ホルモン補充療法として使われています。

プレマリンを飲むことで、エストロゲンの分泌量の不足を補い、崩れたホルモンバランスを整えます。
エストロゲンは、卵胞を育てる働きや子宮内膜を厚くする働きを持っています。

卵胞が育たないと良い卵子が育ちませんし、子宮内膜が厚くならないと着床しにくくなります。
そのためホルモンバランスが乱れていてエストロゲンが分泌されにくい場合には、妊娠も難しくなるでしょう。

体外受精の場合にも、卵子を育てて採卵し、それを着床させる必要があるため、ホルモンバランスを正して胎内の環境を整える必要があるのです。
プレマリンは、主に月経周期が乱れていたり、排卵障害が起こっていたりする場合に使われます。

とくに無月経や月経はあっても排卵のない状態は、長く続くほどに妊娠しにくくなる恐れがあります。
プレマリンは服用によって卵胞を育てて排卵を促します。

プレマリンは体外受精で他の薬と併用することもあります


プレマリンは、体外受精では排卵誘発の過程で卵胞を育てたり子宮内膜を整えたりするために使われます。
排卵誘発は、卵子が作られにくくて妊娠しにくい人の体外受精の過程として多く用いられるものであり、内服薬や注射・点鼻薬の使用などで行われます。

多くの良質な卵胞を育てて卵子を作り、採卵することで質の良い受精卵を移植できるようにします。
プレマリンの役割は卵胞を育てることと子宮内膜を厚くするものですが、それだけではなく女性の体を妊娠しやすくする薬が必要となることもあります。

ルトラールは、女性ホルモンのプロゲステロンの作用をする薬で、妊娠を維持する役割を持っています。
二つを併用することで、質の良い卵子を作り、子宮内膜を着床しやすくするとともに、その後の妊娠継続を助けて、体外受精の成功の確率を高めます。

プレマリンを服用して排卵が起きた後にルトラールを服用するという方法が採られます。
またプレマリンとクロミッドを併用して、クロミッドのデメリットをプレマリンで改善するという方法もあります。

クロミッドの使用で子宮内膜が厚くならないことがあるのを、プレマリンで補うという方法です。

プレマリンは体外受精治療中に副作用を起こすこともあります

プレマリンは卵胞を育てて採卵を効率的に進めるために役立ちますが、一方で副作用のリスクも持っています。
ホルモン剤であるため、そのホルモンの影響が体に不調をもたらすこともあるのです。

体外受精で使われる薬には副作用を持つものも少なくありませんが、体調に変化があったら慎重な対応が必要となります。
プレマリンの副作用としては、むくみや体重の増加が挙げられています。

女性ホルモンであるエストロゲンの作用が高まるにつれて、電解質代謝に変化が起こり、体液が溜まりやすくなるためだと考えられます。
また乳房の痛み・おりものの増加・発疹・腹痛・吐き気・めまいなどが起こることもあります。

プレマリンを使った排卵誘発では卵胞をじっくりと育てていく必要もあるため、比較的長い間の服用を行うこともあります。
卵子の成長を待つには数ヶ月かかり、その間継続的に服用が必要です。
副作用が起こった場合には、医師に相談することが必要となりますが、自分で勝手に薬を飲むのを辞めてはいけません。

(まとめ)体外受精でのプレマリンの役割は?

1.プレマリンは卵巣機能を向上させて体外受精を助けます

プレマリンは、卵巣機能を向上させて、卵胞を作りやすくし、子宮内膜の状態を改善する役割を持っています。

妊娠しにくい女性に多い卵巣機能の低下を改善することで、体外受精の効果を高めます。

2.プレマリンはホルモン剤として体外受精を助けます

プレマリンはエストロゲンという女性ホルモンの分泌を改善してホルモンバランスを整えます。

エストロゲンの作用は卵胞を育てて子宮内膜を厚くするため、体外受精でも妊娠しやすくするために大切です。

3.プレマリンは体外受精で他の薬と併用することもあります

プレマリンは体外受精で利用する際、他の薬とともに使われることもあります。

他の薬を併用することによって、相乗効果となり排卵誘発から採卵、妊娠までの過程をよりよい状態で進めることができます。

4.プレマリンは体外受精治療中に副作用を起こすこともあります

プレマリンは、服用によって女性ホルモンの影響で副作用が出ることがあります。

むくみや体重の増加などが考えられます。
体外受精の治療中に副作用が出た場合には、医師に相談することが必要です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師