体外受精では漢方治療も行われることもあります


体外受精を成功に導くためには、卵子の質の低下などの不妊要因を少しでも取り除き、妊娠しやすいように体を整えることも大事です。

そのための治療として、漢方が取り入れられる場合があります。
漢方は種類が豊富で、血流促進や造血などさまざまな作用が緩やかに体にもたらされると言われています。

漢方の効果には個人差がありますが、体質改善のために取り入れるという方もたくさんいます。

漢方治療が、体外受精の成功率が高めるケースもあります

クリニックで自然妊娠が難しいと言われたり、卵管が詰まっているなどの不妊原因が判明したりすると、妊娠を目指して体外受精を試みる方もたくさんみえます。
しかし何度がトライしてもなかなか妊娠に結びつかない場合もあります。

妊娠しやすい体を作り、体外受精の成功率を高めるためにホルモン療法など様々な不妊治療がありますが、漢方治療もその一つです。
ある調査では体外受精に漢方薬を取り入れた所、卵胞が成熟しやすくなり、採卵できる卵子の数が増えた、卵子の質が高まった、着床しやすくなったという成果が出ています。

もちろん卵巣や子宮の状態などは人によって違うので、漢方薬による効果の程度には個人差があるため、一概には言えません。
しかし実際に漢方を取り入れてから体調がよくなった、血流が促されて体温が上がった、ホルモン分泌量が増えた、子宮内膜が分厚くなったというケースも多々見受けられます。

漢方治療は体外受精にとって有効的な手段に一つと考えられており、多くのクリニックでは体外受精治療として導入されています。

漢方の効能は、妊娠しやすい体作りに効果的だとされています


漢方はもともと中国由来のもので、その後日本に伝わり発展していきました。
本来は、免疫力や自然治癒力を高めるために使用されており、不妊の分野でもできる限り自然に近い形での妊娠を望むという方に支持される傾向にあります。

漢方医学では、人の生命を維持するために気(エネルギー)と血(血液)水(体液)が必要不可欠で、この3つの流れがスムーズであることが大事だとされているのです。
一方で不妊の要因というと、血行不良や貧血、冷えやむくみ、疲労やストレス、寝不足など一つではなく、たくさんあると言われています。

血流を促して体を温め血液を造ったり、余分な水分や老廃物を排出してむくみを解消したり、疲労を和らげるなどの効能がある漢方は、不妊治療にも向いていると言えるでしょう。

また心を落ち着かせてイライラを鎮めたり、不眠を解消したり、頭痛や腰痛にも効果的な漢方薬もあるとされているのです。

漢方は体質を改善し、妊娠しやすい体を作るのに有効的だとされており、種類も豊富なので自分の症状に合ったものを処方してもらえます。
効き目も緩やかで、副作用もほぼないとされており、体に優しいという点もメリットの一つです。

漢方は即効性はなく、効き目には個人差があります

漢方には即効性がないので、服用し始めたからといって、すぐには体質改善は望めません。
効果を実感し始めるまでの期間は最短でも3ヶ月位、多くの人が半年から9ヶ月、1年位だとされています。

漢方で妊娠しやすい体に整えるためには、ある程度の期間が必要です。
早く効き目を得るには、できる限り早い段階から漢方を取り入れることが大事です。

また漢方はドラッグストアや薬局などでも市販されているため、冷え性など自覚症状が当てはまるものを自分で選び、手軽に購入できます。
ただ漢方は種類が多い上に、自分の体質は常に同じではなく、年齢を重ねるごとに、季節や生活環境などによって刻々と変わっていくものです。

その時々で自身に最適な漢方を選ぶのはやはり素人では難しいとされています。
担当医に相談して、適切な漢方を処方してもらうことをおすすめします。

また漢方は高価だと思われがちなので、飲み続けるのは経済的な負担がかかりそうな気がしますが、クリニックによっては保険で適用されている場合もあるので、調べてみるとよいでしょう。

(まとめ)体外受精では漢方を用いた治療も行われるの?

1.体外受精では漢方治療も行われることもあります

体外受精が上手くいくには、不妊要因を改善して妊娠しやすい体作りが必要です。

そのための治療法の一つとして、様々な効能を持つとされる漢方が用いられるケースもあります。

2.漢方治療が、体外受精の成功率が高めるケースもあります

漢方治療を行った結果、卵子の質が向上したり卵子数が増えたりするなど妊娠しやすい体へと改善され、体外受精が成功したというケースもあると言われています。

体外受精の成功の要因の一つとして、漢方は有効的だとされています。

3.漢方の効能は、妊娠しやすい体作りに効果的だとされています

漢方には数多くの種類があり、それぞれに血行促進や造血などの作用があるとされています。

自分の症状に合ったものを服用するためにも、専門医のアドバイスのもと処方してもらうのがおすすめです。

4.漢方は即効性はなく、効き目には個人差があります

漢方の効き目はとても緩やかなので、体に優しいとされています。

服用し始めてから、早い人で3ヶ月位から体温が上がったなど体に効果を実感し始めると言われています。
保険適用されている場合もあるので、クリニックで問い合わせてみましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師