ピラティスで体の調子を整えて体外受精に備えるという考え方があります


ピラティスは体の歪みを整える効果や、自律神経の乱れや冷え性の解消に効果があるとされているエクササイズのひとつです。

体外受精の際に、体の歪みや自律神経の乱れを整えることはホルモンのバランスを整えることに繋がるとされています。
バランスの取れた体作りという点で、ピラティスはそのサポートができるのではないかと言われています。

ピラティスでホルモンバランスを整えるサポートをしましょう

ピラティスは、主にインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。
エアロビクスのように体力をたくさん要するエクササイズではないため、幅広い年代の方に取り入れやすいという特徴があります。

ピラティスはしなやかな筋肉のついた、バランスの取れた体作りを行います。
体の歪みを整え、体の中でもバランスが悪く負荷がかかっている部分を取り除き、本来あるべき体の機能を取り戻そうというエクササイズです。

骨盤のゆがみによって卵巣に負荷がかかっていることや、冷え体質、自律神経の乱れによってホルモンバランスが乱れることがあり、ピラティスの「健康は体のバランスを整えることに非常に深い関わりがある」という考え方がホルモンバランスを整えるのに通じるものがあると言われています。

ピラティスが体外受精の着床率の向上に直接的な効果があるとは医学的に証明されていませんが、少なくとも体の歪みなどを取り除き、体のバランスを整えることは、体本来の機能を取り戻すのに有益であると考えられています。
そのため、クリニックによってはピラティス講座などを開催しているところもあります。

体外受精時にはホルモンのバランスを整えることが大切です


妊娠には女性ホルモンが非常に大きな役割を果たします。
女性ホルモンは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つから成り、2つのバランスが取れることで妊娠が成功し、さらに継続しやすい体作りに繋がっています。

ホルモンのバランスは、脳の視床下部という部分や、卵巣などに負荷がかかったり、機能が衰えたりすると乱れがちになります。
他にも、ストレス・栄養バランスの乱れ・睡眠不足・体の冷え・加齢など様々な事柄がホルモンバランスに悪影響を与えます。

ホルモンバランスが乱れると、月経前症候群の症状が強く出る、無排卵や無月経になるなど不妊の原因に繋がります。
そのため、体外受精での不妊治療の際には、不足しているホルモンを補填してホルモンバランスを整えるためにホルモン剤を処方されることもよくあります。

ホルモンバランスを整えるためには、まずは体の歪みを整えて卵巣に負荷がかからないようにする、冷え体質を改善、自律神経の乱れを改善、卵巣や子宮の病気を治療するなどが必要です。

ピラティスとヨガは全く異なるエクササイズです

ピラティスはホルモンバランスの乱れの改善や、冷え体質の改善をサポートすると言われていますが、ピラティスとヨガを混同している方も多いものです。

ピラティススクールを開催している教室では、並行してヨガ教室を行っているところも多いものですが、ピラティスとヨガが全く別のエクササイズであることはご存じでしょうか?

ヨガは基本的に体と心にアプローチするエクササイズであるため、瞑想を取り入れ、自分自身の内側を見つめ直す時間が設けられます。

ピラティスの方もメンタル面への働きかけを行うこともありますが、基本的には心よりも筋肉への働きかけに重点を置いたエクササイズです。
インナーマッスルを鍛え、体の歪みを整え体本来の機能を呼び覚ますという考え方です。

エクササイズを行うときの動作の一部をピラティスはヨガからヒントを得て発展させているため、ヨガとピラティスとではエクササイズが似ている部分があります。

スタジオや自宅で専用マットを敷いて行うことや、動きの一部が似ていることなどから、ピラティスとヨガの2つが混同されがちになっていると言えるでしょう。

(まとめ)ピラティスで体外受精は着床しやすくなる?

1.ピラティスで体の調子を整えて体外受精に備えるという考え方があります

ホルモンバランスの乱れを解消するためには、体の歪みや自律神経の乱れを整えることが大切です。

ピラティスエクササイズの動きはそれらを解消できるのではないかとされ、体外受精時のサポートとして役立ちそうだという意見があります。

2.ピラティスでホルモンバランスを整えるサポートをしましょう

ピラティスが不妊改善に直接関係するという医学的な根拠はありません。

ただピラティスで体の歪みを整えることは、体本来の機能を取り戻すのに役立つとされており、ホルモンバランスの乱れを整えることにつながるのではないか?とされているのです。

3.体外受精時にはホルモンのバランスを整えることが大切です

不妊には女性ホルモンが大きく関わっているため、体外受精の際には、ホルモン剤が処方されることがよくあります。

冷え体質を改善したり規則正しい生活を送ること、体の歪みを整えることなどでホルモンバランスが整うよう努力しましょう。

4.ピラティスとヨガは全く異なるエクササイズです

ピラティスとヨガはエクササイズの動きで似ている部分がありますが、根本的な考え方が異なる、全く別のエクササイズであると言えます。

ヨガは精神面へのアプローチが大きいのに対し、ピラティスは筋肉への働きかけが大きいという特徴があります。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師