体外受精に関係する事柄にはビタミンEが深く関係しています


体外受精にはさまざまな栄養が関係しており、バランスの取れた食事で摂取することが大切ですが、不妊の原因と深く関係していると言われる栄養のひとつがビタミンEです。

ビタミンEは精子がつくられる数を増大させたり運動率を上げたりするなどの効果があると言われています。
性ホルモンの生成や分泌にもビタミンEは関与しているとされ、体外受精の際には重要な栄養素であると言えます。

卵子や精子の質にはビタミンEが関与していると言われています

体外受精は女性から卵子を採卵し、男性から精子を採精することからスタートします。
質のよい受精卵は着床しやすいとされ、質のよい受精卵を育てるためには質のよい卵子と質のよい精子が必要になります。

ビタミンEには、優れた抗酸化作用があるという点が大きな特徴として挙げられます。
抗酸化作用とは、体を錆びさせる原因である活性酸素に対抗し、活性酸素の働きを抑制させる効果のことを意味します。

ビタミンEが不足していると、卵子や精子の質が低下し、老化も進みやすくなります。
言い換えると、ビタミンEが作用することで卵子や精子の質を向上できるというわけです。

具体的には、精子の数を増やすことや、精子の運動利率を上げることにビタミンEが関係しているとされています。
妊娠力を高めるためにはビタミンEは非常に重要な役割を果たすと言っても過言ではありません。

とくに男性の場合は、喫煙率が女性よりも高く睡眠時間の短さなども活性酸素を増やす原因になるため、積極的にビタミンEを摂取したいところです。

ビタミンEは女性ホルモンのバランスを整えるサポートします


ビタミンEは生化学名を「トコフェロール」と言います。
トコフェロールとは、子どもを産むという意味のtocos、力を与えるという意味のpheroからできた「子供を生む力を与える」という意味を示しています。

ビタミンEは抗酸化作用だけでなく、生体の機能を調整する作用があります。
自律神経の乱れを整えたり、性ホルモンの生成や分泌を促したりなど生殖機能の衰えに対してサポートするとされています。
体外受精やその他の不妊治療を行う際には、女性ホルモンのバランスと非常に密接な関係があります。

バランスが乱れやホルモンの分泌が足りていない場合は、卵胞が成熟しづらくなるほか、排卵の乱れや子宮内膜が妊娠しやすい状態になりにくいなどのような症状が現れることがあります。

ビタミンEは血行を促進する効果もあるため、冷え性体質の方にはとくにおすすめです。
冷えは万病のもとと言うように、冷えは不妊にも関係しているとされています。
様々な面からビタミンEは体外受精の際に有効な栄養素であると判断できます。

ビタミンEはひまわり油やナッツ類、緑色野菜に多く含まれます

ビタミンEは日ごろ口にしている食品にも多く含まれていますが、中でもひまわり油などの植物油やアーモンドなどのナッツ類、ほうれん草やブロッコリーなどの緑色野菜に多く含まれています。

ビタミンEは脂溶性のビタミンであるため、油との相性が良く炒めものなど油と合わせることでより吸収しやすくなります。
ビタミンは熱に弱いというイメージが強い方も多くいますが、ビタミンEの場合は、熱や酸にも強いため調理法を気にかける必要が要らない点が嬉しいポイントです。

ただし、古い油は逆効果になる可能性が高いため、新しい油を使うことをおすすめします。
ただ、いくら不妊に効果が期待できるとはいえ、過剰に摂取すると健康に影響を及ぼすため、注意が必要です。

ビタミンEの場合は、過剰に摂取することで肝機能の低下の恐れや、骨粗しょう症のリスクがあがります。
ビタミンEは成人男性の場合で1日6.5mg、成人女性の場合で1日6.0mgを限度の目安として摂取することをおすすめします。
上手に活用して体外受精を成功させましょう。

(まとめ)体外受精にはビタミンeが良いって本当?

1.体外受精に関係する事柄にはビタミンEが深く関係しています

ビタミンEは精子の運動率を上げたり、精子の数を増大させたりするのに関与しているとされています。

性ホルモンの生成や分泌、女性ホルモンのバランスの調整にも影響するとされ、体外受精など不妊とビタミンEは深い関係があると言えるでしょう。

2.卵子や精子の質にはビタミンEが関与していると言われています

体内の活性酸素は、卵子や精子の質が低下します。

ビタミンEには抗酸化作用があるため、きちんと摂取することで活性酸素の働きを抑制してくれる効果が期待されます。
体外受精の際にはビタミンEを積極的に摂取して、卵子や精子の質の向上に努めましょう。

3.ビタミンeは女性ホルモンのバランスを整えるサポートします

ビタミンEは、生体の機能を調整する作用があり、性ホルモンの生成や分泌に関わっています。

自律神経の乱れを整えホルモンバランスを改善することは、体外受精の際に非常に重要で、ビタミンEは有効かつ必要な栄養素であると言えます。

4.ビタミンEはひまわり油やナッツ類・緑色野菜に多く含まれます

ビタミンEは植物油やナッツ類・緑色野菜に多く含まれ、熱や酸に強い性質があるため、調理しても摂取しやすいことが特徴です。

過剰摂取は骨粗しょう症のリスクや肝機能の低下を招きかねないため、摂取量の目安を守って健康的に取り入れましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師