20代での体外受精は30代前半と成功率それほど変わりません


年齢と共に妊娠確率が変化しますが、そのうちもっとも妊娠しやすいのが20代で、20代で妊娠した方の9割ほどが自然妊娠であると言われています。

しかし30代になってくると体外受精などを選択する方が出てきて、30代後半では10人に1人が、40代になれば3人に1人が体外受精を選択しているのです。
30代前半の場合は20代の体外受精成功率はそれほど変わらないと言われています。

33歳までは20代と妊娠しやすさはそれほど変わりません

35歳以上の初産の場合高齢出産になりあらゆるリスクが増える可能性が上がりますが、35歳未満であれば妊娠しやすいとは限りません。
高齢出産にあたる年齢を見ると35歳未満であれば、自然妊娠の可能性は高いと思うかもしれませんが実は33歳を過ぎると卵子の質も変化し妊娠しやすさが少しずつ落ちていきます。

もっとも自然妊娠をしやすい年齢は20代ですが、体外受精で見てみると33歳までであれば20代とそれほど変わらない妊娠率があがっているのです。
これは卵子の質などが33歳までであれば妊娠しやすい状態にあるため、自然妊娠だけでなく体外受精を行った場合でも妊娠率が上がることになります。

しかしそれ以上の年齢になってくると自然妊娠の確率が少しずつ下がり、体外受精を試みる方も増えてきます。
高齢出産と言われる35歳以上では次第に体外受精による妊娠率にも変化がおこるのです。

自然妊娠だけでなく体外受精成功率も年齢が関わっているため、自然妊娠が難しいと感じたらできるだけ早く病院へ相談し、必要に応じた治療を行いましょう。

30歳をこえてからの妊娠が多くなっています


平成12年と平成23年の間で、出産し母となった女性の年代は大きく変わりました。
平成12年の段階では20代後半が最も多かったものの、平成23年になると30代前半が一番多いというデータがあがっています。

出産年齢があがっただけでなく、全体的な出産数は平成23年に記録された最多数の年代でも平成12年時の2番目に多い数にしか届いていません。
このことからも妊娠しやすい年代をはずすと、全体的な出生数の低下にもつながる可能性があるといえるでしょう。

出生数に関するデータを見ても妊娠しやすさには年齢が関わっていることがわかりますが、これは体外受精の成功率にも関係があると言えるもので、成功率をあげるには20代のような妊娠ししやすい性質の卵子や子宮環境を用意しておくことです。

生活の仕方を見直すことで自然妊娠も目指せます

20代であればもっとも妊娠しやすい年代ということもあり、子供が欲しいと思った時はまず自然に授かれるように生活改善から行ってみましょう。
夫婦それぞれの体が元気で健康であることも大切ですが、夫婦仲が良好でないと妊娠のチャンスを減らすことになってしまいます。

お互いが忙しく、疲れやストレスを抱えていると子供を作ろうという余裕も持てなくなってくるでしょう。
まずは夫婦共に心身の疲れを癒して健康な状態にし、お互いのことを思いやれる心のゆとりをもちましょう。

休日には一緒に出かけたり、家では家事や趣味を一緒に楽しんだりと夫婦で時間を共有できるチャンスをつくることもおすすめで、その中で積極的なスキンシップも行ってみましょう。

また食生活の改善も健康で妊娠しやすい体作りには必要で、ストレス緩和にも役立つものを取り入れてはいかがでしょうか。
そこでおすすめの食品はドライフルーツやナッツで、ストレスからどうしても甘い物が欲しくなる時にもおすすめです。

これらを間食に選ぶことで砂糖をとりすぎずミネラルや良質の脂をとることができます。
もし体外受精からの妊娠を目指す場合でも健康な卵子や子宮にするためにも健康的な体への改善は役立つことです。

(まとめ)体外受精の成功率は20代の方が高いの?

1.20代での体外受精は30代前半と成功率それほど変わりません

妊娠しやすいと言われる20代では自然妊娠の割合が9割程度となっています。

20代での体外受精成功率は30代前半と同じくらいと言われておりそこから少しずつ自然妊娠の確率が下がっていくため、体外受精を選択する方も増えていくのです。

2.33歳までは20代と妊娠しやすさはそれほど変わりません

33歳まででは卵子の質なども妊娠しやすい状態にあり、自然妊娠の確率も高く、体外受精の成功率も同じように比較的高いと期待されます。

しかし年齢と共に妊娠しやすさは変化し下がっていくので、33歳を超えたら体外受精を考えてみてもよいでしょう。

3.30歳をこえてからの妊娠が多くなっています

平成12年から23年の間に出生数の最も多い年齢は変化しており、平成23年では30代前半が最も多い年代となりました。

しかし出生数を比較すると平成12年の2番目の数字であることから30代前半になると20代よりも成功率が下がると言えるでしょう。

4.生活の仕方を見直すことで自然妊娠も目指せます

20代の場合最も妊娠しやすい年代のため、生活改善で自然妊娠を目指す方法もあります。

夫婦がお互い疲れやストレスを緩和して心身共にゆとりを持った生活をしていきましょう。
食生活の改善も自然妊娠だけでなく体外受精にも妊娠率アップに役立つでしょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師