体外受精で使用するゴナピュールは排卵誘発剤です


ゴナピュールは排卵誘発剤です。
排卵誘発剤には主に2種類あり、卵子を成熟させるためのものと排卵を促すためのものに分かれます。
ゴナピュールはヒトの尿から作られた尿由来の注射薬であり、卵胞を育てる効果が期待されています。

排卵誘発剤は不妊に悩んでいる方、体外受精を受ける方には欠かすことのできない薬です。
クリニックでは患者さんの状態に合わせて処方しています。

ゴナピュールには卵胞を育てる効果が期待できます

ゴナピュールは卵巣を刺激することで卵胞を育てる効果があるとされています。
ゴナピュールは閉経した女性の尿を採集し特殊な方法でろ過することで薬効成分を抽出して作られますが、閉経した女性の尿を使うのには理由があります。

閉経を迎えた女性は機能が低下した卵巣を刺激するために、ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を大量に分泌すると言われています。
尿の中のゴナドトロピンの効能によって、ゴナピュールは排卵誘発剤の役割を果たします。

ゴナピュールは自然排卵での妊娠が困難な方に効果があると期待されています。
ゴナピュールはクリニックの定めた量とタイミングで、自己注射をする場合があります。
自己注射後にクリニックで卵胞の状態をチェックした後、体外受精に向けての採卵を行います。

最初は不安が大きいかもしれませんが、自分で注射をする方法についてはクリニックで講習を受けることができるので心配はいりません。
妊娠に至るためにはクリニックに決められたルールをきちんと守り、ゴナピュールの注射を欠かさずに行うことが大切です。

ゴナピュールの使用で副作用が起こる可能性があります


ゴナピュールの使用により妊娠率を上げる効果が期待される一方、副作用のリスクも報告されています。
人によって使用量や使用回数に違いがあるため一概には言えませんが、起こる可能性があるとされる副作用についてまとめました。

主な副作用
  • 皮膚が赤くなる
  • 顔や身体が熱くなる
  • 吐き気をもよおす
  • 身体がむくむ
  • 身体がしびれる
  • 頭痛がする
  • 眠くなる
  • 体重が増える
  • 注射を打ったところが痛む
  • 尿の回数と量が増える
重篤とされる副作用
  • 息苦しさを感じる・肺水腫・呼吸困難
  • 血栓症(血管の詰まり)による脳梗塞
  • 卵巣茎捻転(卵巣のねじれ)・急激な下腹部の痛み
  • 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過剰刺激症候群とは卵巣に腫れが生じ、お腹や胸に水がたまるといった症状が出ます。
重症になると腎不全などの合併症を引き起こすケースがあると言われています。

少しでも異変を感じた場合は、すぐかかりつけのクリニックに相談するようにしてください。
またゴナピュールの使用により、多胎妊娠の確率が増えると言われています。

多胎妊娠では双子が産まれる確率が高くなりますが、1人を妊娠した時よりも身体への負担が増すため、さまざまなリスクを背負う可能性があります。
薬の作用によって症状を悪化させてしまうことがあるため、子宮筋腫や子宮内膜症がある場合は注意が必要とされることを覚えておきましょう。

ゴナピュールに限らず、どんな薬でも副作用のリスクは存在します。
安全に体外受精を受けるためにもクリニックの指導をきちんと守り、わからないことは必ず質問をするようにしましょう。

ゴナピュールは安価で経済的な使いやすい薬です

ゴナピュールは他の卵胞刺激ホルモン剤と比べると安価であり、経済的な薬であると言われています。
体外受精の治療は長期化することもあるので、効果の面だけでなく治療にかかる費用も考慮しなければなりません。

ゴナピュールには経済的な理由で体外受精を諦めてしまう可能性を低くするメリットがあります。
長く治療を続けられるということは、それだけ妊娠率を高めることにも繋がっていきます。

ゴナピュールは自然排卵による妊娠が困難な方へ向けた解決の糸口として、効果が期待されている薬です。
副作用のリスクがある反面、多くの場合でゴナピュールを使用することにより卵胞の成長が促進され、卵子を排卵させることができると言われています。

実際に妊娠に至った例も数多く報告されています。
クリニックの指示通りに正しく使用し、効果や費用面についても相談しながら治療を続けていきましょう。

(まとめ)体外受精に使われるゴナピュールはどんな薬なの?

1.体外受精で使用するゴナピュールは排卵誘発剤です

ゴナピュールは卵胞を育てるために処方される排卵誘発剤です。

尿由来製剤であり、注射によって投与をします。
排卵誘発剤には排卵を促進するための薬もあり、クリニックでは患者さんに合わせて処方をしています。

2.ゴナピュールには卵胞を育てる効果が期待できます

ゴナピュールは閉経した女性の尿から作られます。
尿の中に卵巣を刺激するゴナドトロピンというホルモンが含まれ、この作用によって卵胞を育てます。

ゴナピュールは自己注射による投与となることがあり、使い方はクリニックで講習を受けることができます。

3.ゴナピュールの使用で副作用が起こる可能性があります

ゴナピュールにはいくつかの副作用が報告されています。

発赤・発熱・悪心・頭痛・頻尿などですが、時に卵巣茎捻転・卵巣過剰刺激症候群・多胎などが表れるとされています。
少しでもリスクを回避するために、クリニックとの連携をしっかり取ることが大切です。

4.ゴナピュールは安価で経済的な使いやすい薬です

ゴナピュールは他の排卵誘発剤と比較するとコスト面に優れた薬です。

治療費の負担は避けられない問題ですが、ゴナピュールの使用を視野に入れることで治療方法の選択肢が広がります。
ゴナピュールの取り扱いについては、専門のクリニックに尋ねてみましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師