ウォーキングによる血行促進で体外受精が成功しやすくなると期待されています


体外受精を成功させるためにウォーキングが直接役立つのではなく、ウォーキングして体を動かすことで血行促進され健康増進に役立つことがポイントです。

健康的な体が保てるようになると、その分体外受精の成功率もアップすることが期待できます。
またウォーキングはストレス解消法にもなるため、健康増進のためにはうれしい要素をいくつも持っているといえます。

運動などで血行が良くなることで妊娠しやすさが高まるとされています

血行促進されると子宮や卵巣の血流量もアップし、それが妊娠しやすさにつながっているとこれまでの研究結果が報告されています。
たとえば血流が良くなることで、子宮内膜への着床率のアップがあげられます。

しかし血行が良くなれば年齢による卵巣や子宮機能の低下も改善することができるかというと、そこまでの働きは期待できません。
それでも、少しでも働きを維持するためには運動など血行促進に役立つ行動は行うことがおすすめです。

ウォーキングのような運動以外にも毎日の食事などの生活習慣を健康的な内容になるよう意識して改善することが、少しでも血流量をアップして体外受精の成功につながっていくでしょう。

食事も大切なポイントとしてあげられるのは、必要な栄養素を体内に十分行き渡らせる必要があるためで、せっかく血行が良くなっても体に必要な栄養素がとれていなければ健康な体づくりは期待できなくなるからです。

ウォーキングはストレス解消法としてもおすすめです


ストレスを感じると人の体は緊張状態になり血管は収縮して血流量が下がってしまいます。
もし日頃から強いストレスにさらされ続けていれば体の血行は悪くなり、その状態が続くと健康にも影響が出てくるでしょう。

現代人は仕事や家庭などあらゆるシーンで多くのストレスを抱えやすく、体が冷える・肩や背中がこる・食欲が落ちるまたはありすぎるなどのサインが現れていると、ストレスがたまっている状態にあると言えます。

しかしこの状態が続けば血行が悪いままになり、体外受精の治療を積極的に行ってもなかなか成果が見られないかもしれません。
そのような時には適度にストレス解消を行っていくことが必要ですが、取り組みやすい方法としてもウォーキングをおすすめします。

運動もストレス解消には良いと言われる方法ですが、普段運動する習慣のない方にとっては何をしてよいかわからずムリなことを選んでしまうかもしれません。
その点ウォーキングなら散歩程度からとりあえず始めることができるためムリの無い手軽な運動という特徴があります。

ウォーキングは外を歩くと景色を楽しみながら行えるため気分転換にもなるメリットがあるほか、ウェアも充実しているので継続するためにお気に入りのウェアを用意するという楽しみ方もできます。

肥満予防など健康増進に役立ちます

運動不足で不健康な状態にあると肥満にもなりやすく、肥満は下半身の循環が悪くなるために体外受精の成功率にも影響が出てくると言われています。
確かに若いカップルでダイエットし肥満解消したら自然妊娠したという例もあるため、肥満は体外受精成功を妨げる要因のひとつといえるでしょう。

このことからも体外受精による妊娠を望む場合は肥満予防をし健康な体の状態を保つことが必要ですが、そのためには運動も欠かせません。
ダイエットには食事の管理も行うべきですが、肥満予防のためであればバランスの良い食事と食べ過ぎないことを心がけておきましょう。

肥満予防に行う運動は継続できることが大切で、一度まとめて運動しただけではあまり意味がありません。
そこで簡単にできる運動としてもウォーキングは役に立ちます。
たとえばカップルで一緒にウォーキングに取り組むと、お互いで体外受精の成功率アップに励んでいると意識ができ、メンタル面でもよい方法と言えます。

(まとめ)ウォーキングを続けると体外受精で妊娠しやすくなる?

1.ウォーキングによる血行促進で体外受精が成功しやすくなると期待されています

ウォーキング自体が体外受精の成功率を上げているのではなく、運動により血行が促進され健康増進に役立っていることがポイントです。

ストレス解消にも役立つため、その点でも健康増進が期待でき、その結果が体外受精の成功率アップにつながるでしょう。

2.運動などで血行が良くなることで妊娠しやすさが高まるとされています

血流が良くなることで子宮や卵巣に行き渡る血流量がアップし、その結果として妊娠しやすさにもつながるという研究結果の報告があります。

そのためウォーキングなどの運動を日頃から行って血行促進に努めることも、体外受精の成功にはおすすめです。

3.ウォーキングはストレス解消法としてもおすすめです

ストレスがたまっていると血行が悪くなってしまうため、体外受精の成功率にも悪影響を及ぼすことがあります。

そのような時のストレス解消にもウォーキングは役立ち、運動が苦手な方も取り組みやすく続けやすいというメリットを持っています。

4.肥満予防など健康増進に役立ちます

肥満になると下半身の血行が悪くなるため、体外受精の成功率も下がる可能性が出てきます。

健康的な体を維持することが妊娠率アップにつながるため、継続的にウォーキングを行い体を動かして、健康増進に努めることが必要です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師