体外受精での不妊治療中でもインフルエンザの予防接種は特に影響がないとされています


体外受精を含めや不妊治療の最中や、妊娠中もインフルエンザの予防接種を受けても特別に影響はないというのが厚生労働省はじめ、国立感染症研究所感染症情報センターなどの見解です。
ただし妊娠初期は非常にデリケートな時期であり、自然流産も起こりやすい時期とされているため、妊娠初期の予防接種は避けた方がよいでしょう。

体外受精の治療中や妊娠中は、ワクチンの種類に気を付けましょう

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、体外受精などの不妊治療中の場合は、インフルエンザの予防接種を受けても影響がないのかどうか心配になる方も多いものです。

基本的にインフルエンザのワクチンは、不妊治療中でも妊娠中でも特別な影響を与えるものではないとされています。
インフルエンザのワクチンは、不活性ワクチンであり、生ワクチンとは異なり、病原性のあるウィルスや菌は含まれていません。

予防接種を受けたからといって病気になるわけではないため、安心して接種できると言えます。
ポリオや風疹といった生ワクチンを使った予防接種は、軽くその病気にかかることを目的としたものであるため、とくに妊娠中は原則禁忌であると言えます。

不妊治療で妊娠が成功した後、安心した妊婦生活を送れるためにも、不妊治療をスタートする前に、自分が過去にどのような予防接種を受けてきたのか、受けなければいけない予防接種に抜けがないかなどを確認しておくことをおすすめします。

妊娠初期はインフルエンザの予防接種は避けた方が無難です


不妊治療中や妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けても特別な影響は出ないとするのが、厚生労働省や国立感染症研究所感染症情報センター、日本医師会感染症危機管理対策室で一致している見解です。

しかし妊娠中のいつの段階でもインフルエンザの予防接種を推奨するというわけではありません。
ご存知の通り、妊娠初期は非常にデリケートな時期で、特別に何かをしたわけでなくても、自然流産も起こりやすい時期です。

妊娠中でもインフルエンザの予防接種は影響がないとはされてはいますが、可能であれば、妊娠初期は念のため予防接種は避けた方が無難でしょう。
ただし妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合は、重篤化してしまうことやそれによる母体への影響を考え、感染が疑われる場合は、速やかに医師に相談のうえ、薬が処方された場合はきちんと医師の処方通りに薬を飲むようにしましょう。

まずは風邪やインフルエンザにかからないように気を付けることが一番です。
予防対策をきちんと行うことをおすすめします。

不妊治療中や妊娠中はインフルエンザ予防に力を入れましょう

体外受精などの不妊治療中や妊娠中に予防接種を受けても特別な影響はないとされていますが、インフルエンザはかかるよりもかからない方が体力的にも良いものです。
不妊治療中や妊娠中は、インフルエンザにかからないように予防に努めることをおすすめします。

外出時、人の多い場所へ行く際にはとくに、マスクをしていくことを忘れずに、家に帰ったら、きちんと手洗いうがいの習慣をつけましょう。
インフルエンザの予防として、食習慣の見直しもおすすすめです。

野菜やみかんなどでビタミンを積極的に摂るようにしましょう。
とくにビタミンEは黄体ホルモンを増加させるのに役立つとも言われています。
ビタミンCの抗酸化作用も細胞の老化に効果が期待されます。

体の冷えは、さまざまな不調を呼び込みやすくなるため、体を冷やさないようにすることも重要です。
体を温め体調を整えることは、風邪やインフルエンザ対策だけでなく、自律神経を整えてホルモンバランスの正常化にも繋がります。
不妊治療とインフルエンザ予防のどちらにも効果が期待できるものを取り入れて一石二鳥で対策していきましょう。

(まとめ)体外受精の時インフルエンザの予防接種の影響はある?

1.体外受精での不妊治療中でもインフルエンザの予防接種は特に影響がないとされています

体外受精での不妊治療中や妊娠中でも、インフルエンザの予防接種を受けても特別な影響はないとされています。

ただし体調や妊娠の状態が不安定である妊娠初期のデリケートな時期は、予防接種を避けた方が無難でしょう。

2.体外受精の治療中や妊娠中は、ワクチンの種類に気を付けましょう

インフルエンザのワクチンは不活性ワクチンであるため、不妊治療中や妊娠中でも予防接種を受けることができます。

不妊治療で妊娠したあと、安心して妊婦生活を送るためにも、自分が過去に受けた予防接種の内容をあらかじめ確認しておきましょう。

3.妊娠初期はインフルエンザの予防接種は避けた方が無難です

妊娠中も影響がないとされるインフルエンザの予防接種ですが、可能であれば妊娠初期のデリケートな時期は接種を避けた方が無難です。

妊娠初期に、インフルエンザの感染が疑われる際は、速やかに医師の診察を受け処方された薬をきちんと飲むようにしましょう。

4.不妊治療中や妊娠中はインフルエンザ予防に力を入れましょう

不妊治療中や妊娠中は、インフルエンザだけでなく流行りの風邪などに感染して体調を崩さないように、予防に努めることをおすすめします。

ビタミンEやビタミンCを積極的に摂取したり、体を温めたりするなど、インフルエンザや風邪対策にも不妊対策にもなる方法を取り入れると一石二鳥です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師