35歳女性の体外受精による妊娠成功率は30~37%です


体外受精での妊娠成功率は、女性の年齢が35歳の場合は、30~37%程度です。
同じ30代でも、30代後半の方よりも30代前半の方が妊娠成功率が高いというデータがあります。

女性の年齢と妊娠成功率が関係しているのは、卵子が人間の年齢と同じく年齢を重ねていき、年齢が上がるほど質が衰えていくためだとされています。

体外受精での妊娠成功率は、女性の年齢と大きく関係しています

体外受精を行う際に気になることは、やはりその後の妊娠成功率ではないでしょうか?
体外受精で胚(受精卵)の移植を行い、妊娠成功率を数値化したデータがあります。

妊娠成功率は、女性の年齢によって大きな差があり、女性の年齢が20代の場合は、体外受精でなく自然妊娠で妊娠が成功する確率も高いものです。
30代の場合は、体外受精で胚移植を行った場合、30代前半と30代後半とでは妊娠成功率が異なり、前半では37%、後半の場合は30%程度だとされています。

40代に入ると、妊娠成功率が少し下がり、40代前半では15~20%、40代後半では10%以下であるとされています。
ただし年齢が上がるほど体外受精を受ける方の全体数も減っているため、データの正確性は一概に一律ではないとも言えるでしょう。

不妊の原因と、結果としての妊娠成功率になる要因は様々にありますが、1つの要素の中に、女性の年齢が関係していることが分かります。
傾向として、体外受精での胚移植を行った際の妊娠成功率は女性の年齢が高くなるにつれて下がっていくと言えます。

女性の年齢と卵子の質は深い関係があります


体外受精での胚移植を行う場合、質が良いと判断された受精卵を優先的に移植します。
受精卵の質を左右する要因はたくさんありますが、そのうちのひとつに卵子の質の問題があります。

卵子の質は、女性の年齢と深い関わりがあるため、結果的に、女性の年齢が体外受精での妊娠成功率に関係してくるのです。
女性は生まれた時に、一生分の卵子の素となる卵胞を持っています。

自然消滅することや、排卵することで、徐々に卵胞の数は減っていきます。
女性が生まれた時に全ての卵胞があるわけですから、女性が年齢を重ねるのと同じように、卵胞も年齢を重ねていきます。
年齢を重ねると人間の体には様々な変化が起こります。

シミやシワが増えることや、内臓機能の衰え、白髪が生えるなどの老化現象は容易に想像がつくのではないでしょうか?
女性の体が老化していくのと同じように、卵胞にも老化現象が起きます。

老化現象がいわゆる卵子の質と深い関係があり、卵子の質を下げることにつながります。
こういった現象が結果的に、女性の年齢と妊娠成功率が関係しているというデータに結びついていきます。

体外受精の妊娠成功率は移植方法によっても異なります

体外受精での妊娠成功率は、受精卵(胚)をどのような方法で移植するかという移植方法によっても異なります。
胚の移植方法については大きくわけて、初期胚を移植する方法、胚盤胞を移植する方法、培養液を注入したあとに胚盤胞を移植するSEET法と呼ばれるもの、凍結胚を移植する方法の4つに分かれます。

初期胚の場合は、受精卵は初期胚と呼ばれる状態にまで成長する確率は高めであり、移植しやすいという面でメリットがあるかわりに、移植した後に受精卵の成長が止まることがあります。

胚盤胞の場合は、ある程度受精卵が成長しているため、初期胚の移植よりも妊娠成功率が高めですが、培養途中で胚盤胞まで育たない場合があります。
胚盤胞まで育った場合は、SEET法や凍結胚移植などでより妊娠成功率を高める場合もあります。

体外受精後の移植方法については、それぞれにメリットもデメリットもあるため、夫婦の希望と医師との意思の確認が非常に重要です。
不安な点がある場合は必ず医師にしっかりと質問をして、納得のいく方法を選ぶようにしましょう。

(まとめ)35歳女性の体外受精での妊娠成功率はどのくらい?

1.35歳女性の体外受精による妊娠成功率は30~37%です

体外受精による35歳女性の妊娠成功率は30~37%です。

女性の年齢が上がるに伴い、妊娠成功率は低下します。
年齢と卵子の質に深い関係があり、結果的に妊娠成功率にも関与していると言えるでしょう。

2.体外受精での妊娠成功率は、女性の年齢と大きく関係しています

体外受精を行った場合の妊娠成功率は、女性の年齢と関わりがあると言えます。

体外受精を受ける方の全体数が多い30代でも、前半と後半とでは成功率に大きな差があります。
30代前半で体外受精で妊娠が成功する確率は37%、後半の方で30%程度です。

3.女性の年齢と卵子の質は深い関係があります

女性は生まれた時に一生分の卵胞を持っており、年齢を重ねるのと同様に卵胞も年齢を重ね、女性の体に起こる老化による変化と同様に、卵胞にも老化現象が起きます。

結果的に、女性の年齢と妊娠成功率とが関係するというデータにつながります。

4.体外受精の妊娠成功率は移植方法によっても異なります

体外受精の移植方法は大きくわけて、初期胚移植、胚盤胞移植、SEET法、凍結胚移植の4つに分かれます。

それぞれメリットやデメリットがあり、妊娠成功率も異なります。
医師とのコミュニケーションを図り、夫婦の納得のいく方法を選択しましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師