葉酸は薬でないため副作用はありませんが、過剰摂取すると悪影響があります


葉酸は生きていく上で必須の栄養素であるため、適切な量の摂取であれば体に悪影響を及ぼすことはないと考えられています。むしろ不足してしまうと問題があるため、積極的に摂取していきましょう。

ただしとくにサプリメントを使用して、必要以上に葉酸を摂取していく日々が続いてしまうと、人によっては副作用ともいうべき過剰症が現れることがあります。摂取量に気をつけて、サプリメントを選びましょう。

葉酸は過剰摂取に注意が必要です

葉酸はビタミンの1つですが、ビタミンには、摂取した後体内にある程度蓄積しておくことができる脂溶性ビタミンと、体内に貯蔵しておけない水溶性ビタミンの2種類があります。葉酸は後者の水溶性ビタミンに分類されており、過剰に摂取した場合、水に溶けて尿として不要な分が排出されるのが特徴です。

そのため本来は葉酸を多少過剰に摂取したところで、問題はないと考えられています。

しかし過剰に摂取する日が続くなどすると、人によっては過剰症が現れることがあると言われているのです。葉酸の過剰症としては、発熱・じんましん・かゆみ・不眠症・下痢や吐き気などの消化器系の症状などが報告されています。

命に関わるような重大なものはとくにありませんが、日常的な過剰摂取は避けた方がよいでしょう。

またとくに妊婦の場合はもう1つ、過剰摂取による副作用のリスクがあるため注意が必要です。妊婦が妊娠中期以降、葉酸を1日に1000µg以上摂取し続けていると、赤ちゃんが生まれた後、将来小児ぜんそくなどのアレルギー症状を起こすリスクが高まるという報告があるのです。

科学的根拠は明らかになっていませんが、過剰摂取が原因である可能性がある以上は注意していった方がよいでしょう。

葉酸サプリメントの飲み過ぎが過剰摂取を招きます


葉酸は、普段の食事だけでは過剰摂取のリスクはほぼないと言われています。葉酸は1日に900~1000µgほどが摂取量の上限とされています。

しかしこの1000µgをすべて食事から摂取するとなると、膨大な量の野菜などを食べなければいけないため、通常の食生活から過剰摂取になることは考えにくいのです。また食事から摂取する場合は、サプリメントから摂取と比べると体内での利用効率が半分になってしまうことも、食事からの過剰摂取の心配がない理由の1つとなっています。

しかし現実には葉酸の過剰摂取が原因で体調に不調を感じる人もいます。葉酸は体内で合成できないため、過剰摂取になるとしたらサプリメントが主な原因と考えてよいでしょう。

サプリメントは手軽に摂取できるため、たくさん飲めば体によいと考えてまとめ飲みしてしまう人もいます。また複数のサプリメントを使用していて、成分が重複してしまうケースもあります。

このような行為が過剰摂取に繋がっているため、副作用を気にするのであればサプリメントの飲み過ぎに注意することが一番大切です。

添加物等が体に影響することがあります

葉酸自体はただの栄養素であるため、それだけで体に害があるようなこともなく、普段の摂取で体調を崩す原因となることは考えにくいでしょう。しかしサプリメントの形で摂取していて体調が崩れるという場合は、もしかすると添加物が影響しているのかもしれません。

サプリメントは錠剤などの形に整えるため、栄養素のほかにたくさんの添加物が使われています。サプリメントに限らず、医薬品なども同様です。

製品によっては極力添加物を抑えるように作られているものもありますが、完全にゼロにすることはできません。そのためそれらの添加物と相性が悪い場合、「葉酸サプリメントを飲んで体調が悪くなったから、葉酸が体によくない」と考えてしまうことがあります。

葉酸自体はどんな人間の体内でも必ず働いている栄養素です。過剰摂取でないことを確認しても体調が優れないのであれば、サプリメントを変更してみるとよいでしょう。

添加物が少ないものを選んだり、他のサプリメントとの併用を避けたりするだけで、体調が変わることがあります。不安であれば、医師に相談するのもよいでしょう。

とくに妊婦の場合は、体質が変わり普段なら平気な添加物にも反応してしまう可能性があるため、十分に注意しましょう。

(まとめ)葉酸に副作用ってあるの?

1.葉酸は薬でないため副作用はありませんが、過剰摂取すると悪影響があります

葉酸そのものは薬ではなく栄養素ですから副作用はなく、それだけで体に悪影響を与える可能性はほぼありません。しかし不足したり、逆に過剰になったりすることで、思わぬ影響が体に出る可能性があります。

とくにサプリメントの扱いには注意しましょう。

2.葉酸は過剰摂取に注意が必要です

葉酸は過剰分が尿として排出される水溶性ビタミンにあたります。しかし過剰が続くと過剰症が現れることがあるため注意しましょう。

また妊婦の場合は、赤ちゃんが小児ぜんそくを患うリスクもあると言われています。

3.葉酸サプリメントの飲み過ぎが過剰摂取を招きます

食事だけでは過剰摂取になるほどの量の葉酸を摂取することはできません。過剰摂取になる場合はサプリメントのまとめ飲みなどが大きな原因となっています。

複数のサプリメントを併用する際も、葉酸の含有量に注意しましょう。

4.添加物等が体に影響することがあります

もし葉酸サプリメントを飲んで体調不良を感じた場合、サプリメントに含まれる添加物などの影響かもしれません。サプリメントの併用をやめたり、添加物の少ないものを選んだり、医師に相談したりして、安全なサプリメントを選びましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師