妊娠中期に葉酸不足になると胎児への影響があります


妊娠中における葉酸の需要としては、初期がもっとも有名です。しかし葉酸は人体を形作る上で必須のビタミンの1つとなります。

健康には欠かせないため、中期以降もまた、葉酸は妊婦や胎児への影響を考慮すると摂取すべき栄養素と言えるでしょう。とくに不足してしまうと思わぬリスクがあると考えられています。

中期は摂取量を減らしつつも、不足しないように注意しましょう。

妊娠中期以降も葉酸は必要です

葉酸は、赤ちゃんの先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを下げるという理由から、神経管の形成される妊娠初期の摂取がとくに重要と言われています。また妊娠初期を過ぎてから葉酸を摂取しても、神経管閉鎖障害には影響しないとも考えられているのです。

そのため妊娠初期を過ぎれば葉酸を摂取する必要はないと考える妊婦もいるようです。

しかしたしかに赤ちゃんの先天異常を防ぐという目的では意味がないものの、その他にも葉酸は役立つ栄養素となっています。つまり妊娠中期以降の葉酸の摂取がすべて無意味というわけではありません。

妊娠中期以降も葉酸を摂取していることで、妊婦や赤ちゃんにとってさまざまな恩恵があるでしょう。

たとえば葉酸は細胞分裂の際にDNAの合成を助ける働きがあるとされています。赤ちゃんはたった1つの受精卵という細胞から細胞分裂を繰り返し育っていくため、葉酸があることで赤ちゃんの発達を促すことに繋がるでしょう。

実際に葉酸不足の母親から生まれた赤ちゃんは、低体重のリスクが高くなることで知られています。ひどい場合には流産や早産となってしまうこともあるのです。

また妊婦の貧血防止としても葉酸は役立ちます。妊娠中期は妊婦が貧血となるリスクがもっとも高い時期です。

貧血防止というと鉄が思い浮かぶかもしれませんが、葉酸は鉄から赤血球を作り出す時に欠かせない栄養素となっています。母体の安全のためにも、適度な葉酸摂取は重要です。

過剰摂取が母体に悪影響となる可能性があります


妊娠中期以降も葉酸が必要だということから、妊娠初期に飲んでいたサプリをそのまま飲み続けていたり、あるいはさらに葉酸の含まれる食品を多く摂取するよう意識したりする人も多いかもしれません。しかし実際のところ、妊娠初期に比べれば中期における葉酸の必要量は少なくなります。

そのままだと過剰摂取になってしまう危険性もあるため、中期に入ったら葉酸の摂取方法をひとまず見直す方がよいでしょう。

葉酸を過剰摂取すると、いくつかの問題が出てくると言われています。1つは過剰症のリスクです。

葉酸を過剰摂取することで、発熱・じんましん・呼吸困難・下痢・吐き気・不眠などの過剰症が出る場合があると言われています。また可能性は少ないものの、ビタミンB12が欠乏して貧血が起こった場合に、過剰摂取した葉酸が邪魔をして原因がわかりにくくなることがあります。

貧血は妊婦にありがちですが、ビタミンB12欠乏による貧血は比較的少ないため、原因がわからず治療が遅れてしまう可能性もあるのです。

過剰摂取が赤ちゃんへも影響することがあります

中期以降における、葉酸の過剰摂取でさらに注意すべき点が赤ちゃんへの影響です。海外の研究において、サプリメントを使用し高用量の葉酸を摂取し続けた妊婦から生まれた赤ちゃんは、そうでないケースよりも小児ぜんそくのリスクが増えたという報告があります。

もっともこのデータについては、他の実験では小児ぜんそくなどの影響は見られなかったとするものもあり、科学的根拠やデータに乏しい部分もあるのが事実です。しかしながら影響する「かもしれない」というだけであっても、妊婦としては避けたいところでしょう。

過剰摂取しなければ問題はないため、耐容上限量とされる1日1000µgを超えないよう、かつ妊娠中期の葉酸必要量である1日480µgを摂取できるよう、量を調整することが大切です。葉酸は普段の食事からも300µgほどは摂取できていると言われています。

サプリメントや、葉酸を添加した食品などで葉酸を意識的に追加で摂る場合は、500µgなど高用量で配合されたものを使うのではなく、やや控えめにしていくことで過剰摂取によるさまざまな影響を免れることができるでしょう。何事も適量が大切です。

(まとめ)葉酸を妊娠中期に摂取すると胎児への影響はある?

1.妊娠中期に葉酸不足になると胎児への影響があります

葉酸は初期の需要が有名ですが、人体に必須である以上中期以降も必要となります。妊婦はもちろん胎児への影響もあると考えられるため、少なくとも不足しないように注意しましょう。

2.妊娠中期以降も葉酸は必要です

妊娠初期には先天異常防止の観点から摂取が推奨されていた葉酸ですが、妊娠中期においても別の意味で摂取が必要です。中期では赤ちゃんの発達や妊婦の貧血防止に役立つと言われています。

葉酸不足は赤ちゃんの低体重を招くため気をつけましょう。

3.過剰摂取が母体に悪影響となる可能性があります

妊娠中期は初期に比べれば葉酸の必要量が少なくなります。葉酸を過剰摂取しないよう注意しましょう。

葉酸の過剰摂取によって、発熱、じんましんなどの過剰症が引き起こされるほか、ビタミンB12欠乏による貧血の診断が難しくなると言われています。

4.過剰摂取が赤ちゃんへも影響することがあります

過剰摂取は母体だけでなく赤ちゃんにもリスクがあります。妊婦が葉酸を1日に1000µg以上摂取し続けることで、赤ちゃんが小児ぜんそくになる可能性が指摘されているため気をつけましょう。

サプリメントは摂りすぎないことが肝心です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師