卵子が空砲になるのは遺残卵胞などが原因です


体外受精では、採卵と呼ばれる卵子を取り除く行為が行われます。採卵時に、卵胞内に卵子が入っていない空砲が見つかる場合があります。

卵子の空砲は、卵胞が自然消滅せずに残ってしまう遺残卵胞などが原因になると言われているのです。他にも加齢による原因もあると考えられています。

この空砲を防ぐためには、より元気な卵子を育てることが大切となります。子宮を温めるなど代謝を上げるように意識しましょう。

加齢や遺残卵胞などが原因となり卵子が空砲になります

体外受精を行う際に採卵と呼ばれる卵子を取り除く行為が行われます。通常、卵子は卵胞という袋のような薄い膜に包まれており、その中にある卵胞液で満たされています。

しかし取り出した卵の中には、卵胞内の内壁に卵子が貼りついている状態のことがあるのです。いわゆる空砲と呼ばれる状態で、さまざまな原因で起こると言われています。

年齢が原因によるもの

加齢によって卵子の発育の状態が遅れる場合があると言われています。この遅れによって、卵胞が大きく育ったにも関わらず、卵子は未成熟な状態になってしまうのです。

遺残卵胞が原因によるもの

通常排卵があると、排卵されなかった卵胞はおよそ8~9日後に自然に消滅します。消滅した卵胞は、黄体と呼ばれる細胞へ変化すると言われています。

しかし空砲になる場合には、卵胞が自然に消滅されずに残ってしまうのです。

黄体形成ホルモンの分泌量低下が原因によるもの

黄体形成ホルモンには、排卵や黄体化を促進させる役割があると考えられています。黄体形成ホルモンの分泌量が低下することで、卵子が未成熟になりやすいと言われています。

その結果、空砲の状態になる可能性が高まるのです。

基礎体温では空砲の状態を確認することはできません


女性は月経という形で月に1度、卵胞はエストロゲンというホルモンによって刺激されます。その刺激によって、卵胞の中にある卵子を成熟させると言われているのです。

大きく成熟した卵胞は「主席卵胞」が選ばれ、直径20~22㎜程度まで大きく成長していきます。そして、大きく成長した主席卵胞だけが排卵されます。

主席卵胞は、卵胞の成熟具合によって選ばれるため、その中にある卵子の状態に関係ありません。そのため卵子の状態に関わらず排卵されるので、空砲になることがあります。

空砲は採卵時に卵の状態を確認する方法しかないのです。基礎体温では、空砲かどうかの確認はできません。

それは、卵胞が黄体化することで体温は上がるからです。結果、基礎体温は、通常の卵子が入っている卵の排卵と同様なグラフとなります。

そのため、空砲があるか否かは不妊治療を開始しない限り判明することはできないのです。

空砲を防ぐためにも代謝をアップするように意識しましょう

空砲の状態を防ぐためには、卵子の状態を良くすることが大切です。卵子の状態を良くするためにも、規則正しい生活習慣や食生活などを心がけましょう。

また代謝をアップすることも有効と言われています。下半身が冷えてしまい全身の血流が低下すると、子宮の血流も悪化します。

さらに運動不足になると体内の有害物質が蓄積され、そのまま全身に巡ってしまうのです。有酸素運動を行う、ゆっくりとお風呂に浸かるなど全身の血流をアップさせ、代謝を上げるように心がけましょう。

採卵した卵がすべて空砲の状態になる場合もあります。しかし空砲の状態であっても、生活習慣などを見なおすことで改善することができます。

不妊治療を行う場合には、自分自身が話しやすい不妊治療を専門とするクリニックや産婦人科などを選ぶようにしましょう。1人で悩むことでストレスが溜まり、卵子の発育に影響を及ぼす可能性があるからです。

ストレスは不妊治療にとって最大の敵とも言われています。しっかりと専門の知識を持った医師に相談することで心が楽になることもあります。

ストレスを抱えずに不妊治療を行うようにしてください。

(まとめ)卵子が空砲になってしまう原因は?

1.卵子が空砲になるのは遺残卵胞などが原因です

体外受精の採卵時に卵胞内に卵子が入っていない空砲が見つかることがあります。卵子の空砲は、卵胞が自然消滅せずに残ってしまう遺残卵胞や加齢などが原因で起こります。

代謝を上げる生活を心がけましょう。

2.加齢や遺残卵胞などが原因となり卵子が空砲になります

採卵時、通常卵子は卵胞という袋で包まれてます。取り出した卵の中には、卵胞内に卵子が入っていないことがあるのです。

空砲と呼ばれる状態は、加齢や遺残卵胞、黄体形成ホルモンの分泌量低下などが原因で起こると言われています。

3.基礎体温では空砲の状態を確認することはできません

卵胞内にある卵子の状態に関係なく、大きく成熟した1つの卵胞が選ばれ排卵されます。そのため排卵された卵の中に空砲の状態の場合があるのです。

基礎体温では空砲かどうかを確認することはできません。

4.空砲を防ぐためにも代謝をアップするように意識しましょう

空砲の状態を防ぐためには、卵子の状態を良くすることが大切です。規則正しい生活習慣や食事などを意識しましょう。

身体を温める、運動するなど代謝をアップさせることも大切です。相談しやすい不妊治療専門のクリニックや病院などを探すようにしてください。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小山寿美江医師
こやま すみえ/Sumie Koyama

詳しくはこちら

経歴
1999年 琉球大学医学部医学科卒業
2000年 東京医科大学病院救急救命センター
2001年 東京女子医大病院腎センター
2003年 緑風荘病院 血液浄化療法センター
2006年 昭和大学病院産婦人科
2009年 昭和大学病院産婦人科 助教
2010年 東京衛生病院産婦人科
2012年 木場公園クリニック勤務
木場公園クリニック 分院 院長
2016年 六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
アメリカ生殖医学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小山寿美江医師