葉酸は卵巣の血流を改善して卵子の質を高めると期待されています


葉酸はビタミンB12と共に赤血球を作るため、「造血ビタミン」と呼ばれています。
造血作用が卵巣の血流の改善にも繋がり、卵子の質を高めてくれると期待されているのです。
母乳は血液をもとに作られるため、過去に葉酸は、妊娠中の女性が摂るべき栄養素として認識されていました。

その後、「妊娠を計画している女性も葉酸を摂取するべき」という見解が厚生労働省から公表され、葉酸は妊娠を望む女性に必須の栄養素と言われるようになりました。

葉酸には出産を助けるさまざまな働きがあります

葉酸はビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンのひとつになります。
造血作用以外にも、次に挙げるような働きを持っています。

神経管閉鎖障害を防止する

神経管閉鎖障害とは、胎児の脳や脊椎などの神経管の一部が、発育不全を起こす症状です。
神経管が正常にふさがらず、無脳症や二分脊椎症といった疾患を発症させることがあります。

胎児は妊娠6週目くらいには、脳の神経がほぼ形成されると言われているのです。
妊娠中の女性だけでなく、妊娠を望む女性も葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の防止に早めに取り組めます。

細胞の生産や再生をサポートする

葉酸には細胞を作るのに必要なDNA、RNAといった核酸を合成する働きがあると言われています。
赤血球の細胞の形成を助け、胎児の発育に重要な細胞分裂を活性化させるのです。

また遺伝子情報を持っているため、胎児の成長に大きな関わりを持ちます。
不妊治療のゴールは妊娠ではなく、健やかな赤ちゃんを産むことです。

妊娠する前から葉酸を摂取すれば、出産にまつわるリスクを低減できるようになるでしょう。
一般的には、妊娠前から授乳が終わるまでの約22ヶ月間は、葉酸を摂り続けた方がよいと言われています。

葉酸はビタミンB12と一緒に摂ると効果が高まります


葉酸をビタミンB12と一緒に摂取すると、造血作用が高まることが広く知られています。
単独で摂取するのではなく、葉酸をビタミンB12はセットで摂るように心がけましょう。

葉酸とビタミンB12を含む食材には、次のようなものがあります。

葉酸を含む食材

ホウレン草・ブロッコリー・グリーンアスパラガス・小松菜・春菊・枝豆・レバーなど

ビタミンB12を含む食材

イワシ・サンマ・アサリ・イクラ・ホタテの貝柱・レバーなど
葉酸は名前の通り、緑黄色野菜などの植物性食品に含まれていることが多いです。

一方でビタミンB12は、肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。
葉酸の働きを助ける栄養素はビタミンB12の他に、次の栄養素があります。

亜鉛

亜鉛は葉酸の吸収を助け、葉酸の吸収を効率的に行います。
肉類や魚介類に多く含まれており、ビタミンCと一緒に摂ると効果が高まります。

ビタミンC

ビタミンCには、体内で活性化した葉酸を維持する働きがあります。
野菜類や果実類に多く含まれています。

ビタミンB2

ビタミンB2は糖質や脂質、タンパク質の代謝だけでなく、葉酸の代謝もサポートします。
卵やレバーなど、動物性食品を食べるとよいでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB2と同様に、葉酸の代謝に関わる栄養素です。
米や小麦、ニンニクなどに含まれています。

葉酸の摂取にはサプリメントを有効活用しましょう

葉酸の1日あたりの推奨摂取量は、妊娠前と妊娠中の女性で共に240マイクログラムが望ましいとされています。

普段の食生活で葉酸の不足が心配な方は、不妊治療の専門医に相談してみましょう。
クリニックでは不妊治療中の患者さんに向けて、妊娠に有効とされるサプリメントを取りそろえているところもあるのです。

通説として葉酸の過剰摂取が起こる恐れは、まずないだろうと言われています。
ただし、ビタミンB12が不足している方が葉酸のサプリメントを過剰に摂取すると、思わぬ疾患を招いてしまう恐れがあると言います。

葉酸だけでなく、どのような栄養素も必要以上に取れば、副作用のリスクが高まります。
医師の指示に従って適量を守って服用し、質のよい卵子を育てましょう。

(まとめ)葉酸が卵子の質を高めてくれる?

1.葉酸は卵巣の血流を改善して卵子の質を高めると期待されています

葉酸にはビタミンB12と共に血液を作る働きがあるため、卵巣の血流を改善して卵子の質を高める効果が期待されています。

厚生労働省の見解により妊娠中の女性だけでなく、妊娠を望む全ての女性に必要な栄養素として、認識されるようになりました。

2.葉酸には出産を助けるさまざまな働きがあります

葉酸は摂取するタイミングが大切だと言われています。

妊娠する前から摂取することにより、出産に関わるリスクを低下させることが期待できます。
これから不妊治療を始めるという方も、葉酸の摂取を心がけましょう。

3.葉酸はビタミンB12と一緒に摂ると効果が高まります

葉酸はビタミンB12とセットで摂取すると、造血作用が高めることができます。

他にも亜鉛・ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6が、葉酸の働きをサポートすると知られています。

4.葉酸の摂取にはサプリメントを有効活用しましょう

普段の食生活だけでは葉酸の不足が心配される方は、サプリメントから補いましょう。

医師に相談すると、葉酸のサプリメントを処方してもらえることがあります。
葉酸を正しく摂って、質のよい卵子を育てていきましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師