レメディで不妊が克服できたという科学的な確証はありません


レメディは自然療法で使われるものであり、レメディを使った方法は医学的な技術や知識に基づいた治療ではありません。

不妊に関わらず、レメディが心身に起こるあらゆる問題を解決するということは証明されていません。
レメディはバッチフラワーやホメオパシーといった自然療法で使用されています。
バッチフラワーとホメオパシーはいずれも海外での知名度は高いですが、日本ではそれほど広く浸透していません。

レメディはバッチフラワーで使われているものです

レメディはバッチフラワーという自然療法で使われているものです。
日本では馴染みのない人も多いですが、海外で自然療法のひとつとして広く知られています。

バッチフラワーは植物の力を利用した自然療法であり、アロマセラピーと混同されることがありますが、内容はまったく異なるのです。

どちらも植物を原料としたものを使っていますが、目的や効果に違いがあります。

バッチフラワー

バッチフラワーはバッチフラワーレメディとも呼ばれ、心のバランスを整えるための自然療法です。
性別や年齢を問わず人に使えるだけでなく、動物や植物にも使用できると言われているのです。

バッチフラワーで使われるレメディは、基本的に38種類あります。
薬のように身体に直接作用するものではなく、あくまでも心と感情に働きかけるものとして位置づけられています。

心の問題が解決すれば身体の状態も良くなるというのが、バッチフラワーの考え方です。
レメディは花のエネルギーが詰められた水を瓶に入れたもので、飲用して直接体内に取り入れることでネガティブな感情を取り除くとしています。

しかしレメディを分析器にかけても水と保存剤が検出されるだけで、花のエネルギーの存在を科学的に証明するデータはありません。

アロマセラピー

アロマセラピーは日本でもっともよく知られた自然療法です。
植物から抽出した精油を使って、心と身体の健康の増進をはかります。

バッチフラワーのレメディが飲用して精神に働きかけるのに対し、アロマセラピーの精油は飲用しません。
香りを嗅いだり、薄めて石鹸や化粧品などに入れたりと、用途はさまざまです。

リラクゼーションや予防医学などにも応用されることがありますが、不妊を改善する効果については科学的根拠がありません。

レメディはホメオパシーでも使われています


レメディはバッチフラワーだけでなく、ホメオパシーという自然療法でも使われています。
ホメオパシーは日本では「同種療法」と訳されることがあります。

たとえば喉が痛い時にショウガが入った飲み物を飲む、風邪をひいたら首にネギを巻くといった昔から知られる方法が、同種療法です。

ホメオパシーで使われるレメディは、バッチフラワーのレメディとは成分と形状に大きな違いがあります。
バッチフラワーのレメディが植物を使っているのに対し、ホメオパシーのレメディは3㎜ほどの小さな砂糖玉です。

身体に何か異変がある場合、薬を使って抑えるのではなく、症状を起こしている原因を根本から断ち切るというのがホメオパシーの考え方です。

しかしホメオパシーの効果については信頼性の高いデータがなく、効果がある治療として用いるにはリスクを伴うという意見があります。

不妊治療は信頼できるクリニックで受けましょう

不妊治療はとてもデリケートな治療であり、かつ子供を授かるための大切な治療でもあります。
体質や症状によっては結果を得られるまでに時間を要することもあるため、不妊治療には信頼できるクリニックを選びましょう。

不妊でなかなか妊娠に至らない原因は、身体のどこかに必ずあるものです。
正しい知識と確かな技術での検査や治療が不妊を解消し、妊娠や出産につながります。

不妊治療をしている間はストレスがたまってしまうこともあるでしょう。

ストレス解消を目的としてレメディを使用したい場合は、使用中の薬との相性などがあるため、必ず医師に確認するようにしましょう。

不妊治療とひとことで言っても一般不妊治療、生殖補助医療など、適した治療法は人それぞれです。
自分に合った不妊治療を受けるには、医師の確かな視点が必要です。

(まとめ)不妊の悩みはレメディで解消される?

1.レメディで不妊が克服できたという科学的な確証はありません

レメディはバッチフラワーやホメオパシーといった自然療法で使われるものであり、海外では広く知られています。

日本での認知度はそれほど高くなく、不妊が克服できるという科学的なデータも存在してません。

2.レメディはバッチフラワーで使われているものです

レメディは花のエネルギーを詰めた水が入った瓶であり、海外ではバッチフラワーという自然療法で使われています。

花のエネルギーを科学的に証明するものは存在しないため、不妊を必ず治すものではありません。

3.レメディはホメオパシーでも使われています

ホメオパシーのレメディは砂糖玉であり、これを摂取することで身体の異変を引き起こす原因を取り除くとしています。

しかしホメオパシーの効果についても科学的に信頼できるデータがなく、効果のある治療法とするにはリスクが伴うとされているのです。

4.不妊治療は信頼できるクリニックで受けましょう

不妊治療は体質や症状によっては妊娠や出産に至るまでに時間を要することがあり、人によって適した治療法も異なります。

信頼できるクリニックを選び、医師の治療を受けることが不妊を解消する近道です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師