ピラティスは不妊の原因の解消に役立つと言われています


ピラティスには心身の健康を保つ多くの効果があると言われていますが、医学的にピラティスが不妊を改善すると証明されているわけではありません。

ただしピラティスは身体のバランスを整える効果が期待できることから、不妊の対処法となるのではという期待が寄せられています。

ピラティスにはジムでの筋肉トレーニングのように身体に負担をかけることがなく、運動経験が少ない人でも取り組みやすいというメリットがあります。
体幹を鍛え、身体のコントロールができるようになるのがピラティスの目的です。

ピラティスには血流を改善する効果があると言われています

ピラティスには血の巡りを良くする働きがあると言われています。
血流が悪くなりやすい足先などの末端にまで血液を届け、冷えやむくみなどの症状を予防・改善する効果が期待されているのです。

不妊の原因のひとつに血行不良があります。
下半身を鍛えると子宮や卵巣の周囲の血行が良くなり、妊娠する確率が上がると言われています。

ピラティスが不妊を改善するのに効果的だとされるのは、ピラティスで身体を動かすことで血液の流れが良くなるためです。

ピラティスがとくに女性の間で広まっているのは、ピラティスが女性が抱えがちな悩みにアプローチしているからでしょう。

基礎代謝を上げる

ピラティスではインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝の上昇を目指します。
基礎代謝が高くなれば消費エネルギーが増え、体重増加を防止に役立ちます。

身体の歪みを整える

姿勢は無意識のうちに癖になっていることが多く、悪い姿勢は意識してもなかなか直しづらいものです。

悪い姿勢につながる身体の歪みは、腰痛などを招くことがあります。
ピラティスで体幹を鍛えられれば、だんだんと正しい姿勢が身につくでしょう。
また悪い姿勢のままでは血流が悪化させる原因となります。

運動不足は不妊の原因になります


運動不足になると血液の流れが滞り、不妊の原因になるでしょう。
不妊を改善するには、基礎代謝を高める運動が適していると言われています。

妊娠や出産には多くのエネルギーが必要となります。
これから不妊治療を考えている人も、基礎代謝を強化する取り組みについて考えていきましょう。

運動不足は女性だけに限らず、日本人の多くが日常的に運動が足りていないと指摘されています。
高度成長期に交通機関が発達した頃から身体を動かす機会が減少したとされ、運動不足は今や現代病のひとつに数えられます。

不妊を改善するための運動といっても、激しく身体を動かすような動きや、体力を消耗するスポーツは禁物です。
運動をあまりしたことがない人や、体力に自信がない人でもムリなく取り組める運動で十分効果は得られるでしょう。

硬くなった身体をほぐし、血流が改善される動きを意識してみましょう。
妊娠しやすくなる身体作りのための運動は、次のポイントを参考にしてみてください。

  • 基礎代謝を上げる
  • 適度な運動量を心がける
  • ムリなく続けやすいこと

ピラティスは初心者でも取り組みやすいと言われます。
自分にどのような運動が適しているのかわからない時は、不妊治療を行うクリニックに相談するのもよいでしょう。

血流を改善して妊娠しやすい身体作りをしましょう

不妊の悩みを解消するためにも、血流を改善して妊娠しやすい身体作りを目指しましょう。

血流の働きは身体を温めて冷えやむくみを予防するだけではありません。
血液には全身の細胞に栄養素や酸素を運ぶという重大な役割があります。

子宮や卵巣が冷えると不妊になると言われるのは、栄養素や酸素が不足するためです。

身体が冷えると血管が収縮して細くなったり、血液がドロドロになって全身に栄養素や酸素が行き渡らなくなったりします。

女性は脂肪が多く筋肉が少ないため、男性に比べて基礎代謝が低くなりやすいという特徴があるのです。
血流は女性ホルモンの分泌とも関わりがあるため、血行不良は不妊を招きます。

ピラティスだけでなく、さまざまな方法も考慮しながら、自分に合ったやり方で血流の改善をしましょう。

(まとめ)ピラティスは不妊に効果がある?

1.ピラティスは不妊の原因の解消に役立つと言われています

ピラティスには身体のバランスを整える効果が期待できることから、不妊にも効果があるのではという意見があります。

ただし医学的に証明されてはおらず、信頼性のあるデータも存在していません。
ピラティスは体幹を鍛えることを目的としています。

2.ピラティスには血流を改善する効果があると言われています

ピラティスには血流を改善するなど、いくつもの効果が期待されています。

基礎代謝の低下や姿勢の悪さなどで血液の流れが悪くなると、子宮や卵巣といった妊娠に関わる臓器が冷える原因になるのです。
血流の悪さが不妊の原因になると考えられています。

3.運動不足は不妊の原因になります

運動不足は血液の流れを悪くし、不妊の原因になると考えられています。

不妊を改善するにはピラティスなどの基礎代謝を高める運動がよいとされますが、自分に適した運動について知りたい時はクリニックに相談しましょう。

4.血流を改善して妊娠しやすい身体作りをしましょう

血流には身体を温めるだけでなく、身体中に栄養素や酸素を送り届けるという役割があります。

ピラティスだけでなくほかの方法も考慮しながら、自分に合ったやり方で血流の改善をしましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師