不妊治療で太るかは人それぞれです


不妊治療では、ホルモン剤を使うことがあるため、ホルモンの作用により太る方もいます。
その理由はホルモンの影響で脂肪が増えたというより、食欲が増えて食べ過ぎたために、太ったと考えられるのです。

ホルモン剤自体にも水分を溜め込みやすいものがあるため、不妊治療を続けていると、太ったように感じられる方がいます。
しかし実際に太るかは個人差があるため、断言はできません。

不妊治療中はホルモンの影響を受けます

不妊治療中にHMG製剤やFSH製剤などを使うと、これらには女性ホルモンが含まれるため、治療中に女性ホルモンの影響を受けやすくなります。

女性ホルモンは生理周期により分泌量が調節されており、エストロゲンという卵胞ホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンの2種類があります。
エストロゲンは排卵に必要で、女性らしい体つきにして、体内のカルシウム量を調節しているホルモンです。

プロゲステロンは妊娠に必要で、生理前や妊娠すると分泌されます。
人によってはこのホルモンでイライラしたりすることがあるようです。
一方で血糖値を正常にして、体脂肪を減らす働きもあります。

女性ホルモンはこれらのバランスで排卵や妊娠のための体をつくっており、不妊治療で薬を使うとホルモンの影響を受けて、体重が増えやすくなる方もいます。
実際にホルモン剤で太りやすくなるかは個人差があって、太る方もいれば、痩せる方もいるようです。

その理由はホルモン剤により体のリズムが変わり、一時的に食欲が増えることや、体に水分が溜まりやすくなってむくむなどの理由でしょう。

薬の副作用で太ったというより、女性ホルモンの影響を受けたといえます。
ホルモンの影響で食欲が増えてしまう方は、食べる量に注意すれば、必要以上に太ることはありません。

不妊治療で太らない工夫は体重の自己管理です


不妊治療でホルモン剤を使っても、体重を自己管理しやすい方は、太らないという報告もあります。
ホルモン剤を使うとどうしても食欲が増えてしまう方は、いつも通りに食べることを控えてください。

体重を毎日量りながら自己管理していけば、太らないよう体重をコントロールしやすいでしょう。
不妊治療で食欲が増えてしまう方は、家族にどのくらい食べているのか聞いてみるのも対策となります。

前より食べる量が増えていると言われたら、食べる量を調節すれば太りすぎる心配はありません。
それに太る理由は不妊治療の理由だけでなく、年齢による問題もあります。

年齢を重ねると基礎代謝が低下しやすく、安静にしているときに消費するエネルギー量が減って、若いときと同じように食べていれば太るでしょう。
基礎代謝の低下は筋肉量の減少からおこりやすく、10代をピークに徐々に低下しています。

40代になると一気に基礎代謝量は低下していくため、太る理由は不妊治療の薬の原因だけではない可能性があるでしょう。
基礎代謝の低下を防ぐには筋肉量を増やすことが一番ですから、不妊治療を受けながら適度なトレーニングをすることで、体重の増加を予防することができます。

ストレスも太る原因のひとつです

ホルモンといっても、食欲を増やし体に水分を溜め込むものだけではありません。
DHEAというホルモンは副腎皮質ホルモンのもととなるもので、男性ホルモンや女性ホルモンにも必要となります。

このホルモンがしっかり分泌されていれば、筋肉量を維持しやすく、若々しく保つことができるのです。
DHEAホルモンは加齢によって減少すると考えられていました。

最近ではストレスが原因だということがわかっています。
高齢になってもDHEAホルモンが減少していない方もいて、減少させないためにはストレス対策をすることと、筋トレをして分泌量を増やすことが重要です。

不妊治療では知らず知らずのうちにストレスが溜まっているものです。
通院でのストレスもあれば、仕事をしている方は職場のストレス、家庭で感じるストレスなどもあるでしょう。

ストレスを溜め込んでいるとDHEAの分泌量が減少してしまいます。
DHEAは各ホルモンのもととなる以外にも、筋肉量の維持にも役立っている物質です。

ストレスで減少してしまえば、必要以上に筋肉量の減少がおこる可能性もあります。
筋肉量の維持は基礎代謝をアップするために必要ですから、ストレス対策をすることも忘れないようにしましょう。

(まとめ)不妊治療って太るの?

1.不妊治療で太るかは人それぞれです

不妊治療ではホルモン剤を使うため、食欲が増えて食べ過ぎたために太ってしまう方もいます。

ホルモンのなかには水分を溜め込みやすいものもあるため、体重が増えたように感じる方もいるようです。

2.不妊治療中はホルモンの影響を受けます

不妊治療で使う薬には、女性ホルモンが含まれています。

普段は生理周期により女性ホルモンのバランスが決められていますが、薬によりバランスが変わり食欲が増える方や、水分を溜め込みやすくなり体重が増える方もいるようです。

3.不妊治療で太らない工夫は体重の自己管理です

不妊治療をしていても自己管理ができている方は、太ることはありません。

知らないうちに食べ過ぎてしまう方は、毎日体重計に乗り自己管理してみましょう。
家族に食べ過ぎていないか聞くことでも、自己管理しやすくなります。

4.ストレスも太る原因のひとつです

不妊治療中はストレスが溜まり、それによりDHEAホルモンの分泌量が減っていることが予想されます。

DHEAは各ホルモンのもととなる物質で、筋肉量の維持にも役立っているのです。
ストレスは基礎代謝を低下させる原因となるため注意しましょう。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師