膀胱炎だと妊娠しにくいというのは単なる噂です


膀胱炎を繰り返すと妊娠しにくいという噂があるようですが、そのような状況を示した根拠となるものはありません。
つまり単なる噂に過ぎないということです。

たまたま不妊治療中の方が膀胱炎になってしまうと、妊娠しにくい原因と関係があると勘違いしてしまうことがあります。

膀胱炎を繰り返す方や、一度でも膀胱炎になった方は不妊症になるといった根拠はなく、思い過ごしだといえるでしょう。

もともと女性は膀胱炎になりやすい体質といえます

女性にとって膀胱炎は身近な病気で、もともとなりやすい体質があるため、不妊症に関係がなくても注意するようにしましょう。

膀胱炎とは何らかの原因によって膀胱に細菌が入り込んだ病気です。
細菌感染によって膀胱が炎症を起こしています。

膀胱炎には急性膀胱炎と慢性膀胱炎に分かれており、最近では出血性膀胱炎や間質性膀胱炎など原因がよくわからないタイプも出てきているのが特徴です。

膀胱炎で多いのが急性膀胱炎で、細菌感染によって起こります。
女性は男性と比べて尿道が短く、細菌が尿道から膀胱へ入り込みやすい体質です。

トイレを長時間我慢することで感染しやすく、免疫力が低下しているときに起こります。
症状は排尿痛や残尿感などです。

慢性膀胱炎も免疫力の低下から起こるため、普段から規則正しい生活を心がけ、身体を清潔に保つようにしましょう。

急性膀胱炎を完治させず膀胱に細菌が残ってしまうと、再発を繰り返し慢性膀胱炎になります。
急性膀胱炎は痛みが強いのに対し、慢性膀胱炎は症状が軽いため注意が必要です。

どちらの場合も抗生物質を服用することで完治させることができます。
早い段階で抗生物質を服用したほうがよく利き、慢性化すると抗生物質が効きにくくなることもあるのです。

膀胱炎の原因の多くは不潔な性行為よりトイレを我慢することです


膀胱炎でよく勘違いされてしまうのが、不潔な性行為で膀胱炎になるということです。
確かに不潔な手で性行為をすることや、不潔な陰部の状態での性行為は、膀胱炎の原因となります。

これらも膀胱炎の原因のひとつではありますが、実際にはトイレを我慢することのほうが多いのです。
おしっこをすることで尿と一緒に細菌を洗い流すことができるため、定期的にトイレに行くことが重要です。

トイレを我慢していると尿道や膀胱などに細菌が繁殖し、膀胱に細菌が入り込んでしまいます。
トイレでの拭き方が悪くても、陰部に細菌は付着してしまうのです。

性行為でもし細菌が付着したとしても、行為の後に洗い流せば問題ありません。
シャワーを浴びる、トイレに行っておしっこをするということでも、付着した細菌を洗い流す行為になります。

免疫力が低下しているときにも細菌が繁殖しやすくなるため注意が必要です。
ムリなダイエットをしている方、ストレスが溜まっている方なども、免疫力が低下してしまいます。

膀胱炎を放置してしまうと、腎盂腎炎という病気に発展する可能性があります。
膀胱から腎臓へと細菌が移行してしまったためで、慢性膀胱炎を放置してなることもあるため注意が必要です。

妊娠中は膀胱炎になりやすいため注意が必要です

妊娠中は免疫力が低下しやすく、膀胱炎になりやすいため注意しましょう。
おりものが増えることや、胎児によって膀胱が圧迫されることも原因のひとつです。

疲れがたまっているときや、身体が冷えているとき、ストレスを抱えているときも、膀胱炎になりやすくなります。

妊娠中に膀胱炎になってしまっても、適切な治療方法があります。
炎症の原因となっている細菌をやっつける抗生物質を服用するのが一番です。

通常の膀胱炎とは異なる抗生物質が処方されますから、不妊治療中で妊娠の可能性がある場合は、医師にそのことを伝えてください。

妊娠中に排尿痛や残尿感が出たら、膀胱炎を疑い病院を受診しましょう。
受診する科は、内科、泌尿器科、婦人科です。

妊娠が明らかになっている場合は、かかりつけの婦人科を受診すると安心でしょう。
ただし症状や産婦人科医の判断で、別途泌尿器科を受診するようすすめられる場合もあります。

膀胱炎は放置すると腎盂腎炎に発展し、治療が難しくなることもあります。
腎盂腎炎になれば赤ちゃんへの影響も考えられますから、いつもと違う感じがしたら早めに受診しましょう。

膀胱炎の予防はこまめなトイレが重要で、水分補給を心がけトイレを我慢しないことです。
妊娠中にはおりものも増えますから、陰部を清潔に保ちましょう。

(まとめ)膀胱炎になると妊娠しにくいのでしょうか?

1.膀胱炎だと妊娠しにくいというのは単なる噂です

膀胱炎と妊娠しにくい原因に関連性はありません。

そのような根拠はなく、たまたま不妊治療中の方が膀胱炎になってしまい、不安を感じたことから噂が広まってしまったと考えられます。

2.もともと女性は膀胱炎になりやすい体質といえます

もともと膀胱炎は女性がかかりやすく、尿道が短いため細菌感染しやすくなっています。
トイレを我慢することで細菌が入り込み、免疫力の低下によって細菌感染する病気です。

慢性化すると抗生物質が効きにくくなるため、早めの治療を心がけましょう。

3.膀胱炎の原因の多くは不潔な性行為よりトイレを我慢することです

よく膀胱炎の原因は不潔な性行為だと勘違いされやすいのですが、実際にはトイレを我慢する行為が原因となることが多いです。

おしっこをすることで陰部に付着した細菌を洗い流せるため、定期的にトイレに行くようにしましょう。

4.妊娠中は膀胱炎になりやすいため注意が必要です

妊娠中はさらに膀胱炎にかかりやすくなるため注意しましょう。
免疫力の低下や、赤ちゃんの影響で膀胱に尿が残りやすく、膀胱炎になりやすい状態です。

いつもと違う感じがしたら、早めの受診をおすすめします。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師