生理痛が強い場合に処方される薬は、妊娠しにくい体に効果があるとされるものもあります


生理痛が強い原因のひとつに、子宮内膜症や子宮筋腫が挙げられます。
この症状を緩和させるためや、症状をそれ以上悪化させないためにピルという薬が処方されることがありますが、このピルが妊娠しにくい体を改善することに効果があるとされています。

ピルを飲むことは生理痛の緩和と、妊娠しにくい体の改善という一石二鳥のメリットがあるとされています。

生理痛が強い方は子宮内膜症などで妊娠しにくい場合があります

生理痛が強い方は、病気が潜んでいる可能性もあるため、一度医療機関を受診してその原因が何かを知ることをおすすめします。

腹痛や腰痛などの生理痛が強く出る場合は、子宮内膜症が原因となっているケースがあります。
子宮内膜は名前の通り、通常は子宮の内側にある組織です。

しかし子宮内膜症になると、この子宮内膜やそれによく似た組織が子宮の内側ではない部分、すなわち骨盤内の腹膜や卵巣などに発生し、増殖してしまいます。

子宮以外の場所に発生し増殖した組織は、体外に排出されることが難しく、やがて固まりになり周囲に癒着してしまいます。

子宮内膜症は時間の経過とともにひどくなっていくことが特徴で、「生理痛」と感じられる痛みも年月を追うごとに強くなっていきます。

子宮内膜症が原因で、卵巣や卵管が癒着してしまうと、卵子がその部分を通ることができなくなり、結果的に妊娠しにくい体になることに繋がります。

生理痛が強い場合や、過去よりも痛みが強くなってきている場合は、子宮内膜症の疑いがあるかもしれません。

とくに不妊で悩んでいる方で生理痛が強いという場合は医療機関を受診し、子宮内膜症になっていないか検査を受けることをおすすめします。

妊娠を望む場合、まずは子宮内膜症を治すことが大切です


一口に子宮内膜症といっても、いくつかの種類があります。
腹膜や臓器の表面に子宮内膜に似た組織が発生してしまうもので、腹膜子宮内膜症や腹膜病変と呼ばれます。
子宮内膜症になっている方のほとんどのケースで見られます。

卵巣内で起こった出血が、時間の経過とともにチョコレートのように茶褐色でドロドロした状態で嚢胞と呼ばれる袋状の組織となることをチョコレート嚢胞(のうほう)と呼びます。

他にも、ダグラス窩の奥で癒着を起こす深部子宮内膜症、肺やへそ、直腸、会陰といった離れた部分にできる他臓器子宮内膜症などもあります。

とくに卵巣付近で子宮内膜症が起こっている場合は、臓器の癒着で卵子が通常のルートを通過することができず、妊娠できる可能性が下がってしまいます。

実際に不妊治療の治療中に子宮内膜症が見つかることも多々あります。
妊娠を望む場合には、まずは子宮内膜症を治すことやそれ以上症状が悪化しないように食い止めることが大切です。

子宮内膜症を治療する方法には、薬と使う方法と手術をする2種類があります。
医師と相談の上、治療方法を決定しましょう。

子宮内膜症の治療では経口避妊薬ピルが処方されることがあります

黄体ホルモンから作られるプロスタグランディン(PG)という物質は、子宮筋や周りの血管を収縮させて血流を低下させて下腹部の痛みや頭痛、吐き気などを起こします。

ピルは経口避妊薬として有名ですが、ピル自体は合成ホルモンからできており、避妊以外にもさまざまな作用をもたらします。

ピルはプロスタグランディンやバソプレッシンという子宮収縮に関与しているホルモンの分泌を抑え、痛みを緩和します。

ピルを服用すると生理の際の出血量が減り、子宮内膜症がそれ以上に悪化してしまうことを防ぐとされています。

ただし、状態によってはピルだけで子宮内膜症を治すことは難しいとされています。
子宮内膜症の治療は医師と相談しながらすすめていきましょう。

いずれにせよ、生理痛が強くその原因が子宮内膜症にあり妊娠しにくい状態である場合、ピルは生理痛の痛みの緩和や、子宮内膜症の症状悪化を阻止するという2つのメリットがあると言えるでしょう。

(まとめ)妊娠しにくい体には生理痛の薬が効果があるって本当?

1.生理痛が強い場合に処方される薬は、妊娠しにくい体に効果があるとされるものもあります

生理痛が強い場合は、子宮内膜症やその他の原因が関与していることが多く、妊娠しにくいとされることがあります。

そのような場合などに処方されるピルという薬は、生理痛の改善だけでなく不妊治療目的でも効果が期待されるとされています。

2.生理痛が強い方は子宮内膜症などで妊娠しにくい場合があります

生理痛が強い場合や前より強くなっているという方は、子宮内膜症の疑いがあります。

子宮内膜症になると、卵巣や卵管が癒着し、妊娠しにくくなってしまう場合があると言われています。

まずは医療機関を受診して、その原因をしっかりと検査してみましょう。

3.妊娠を望む場合、まずは子宮内膜症を治すことが大切です

子宮内膜症といっても、組織ができる場所や状態によっていくつかの種類があります。

卵巣付近に組織ができて増殖した場合は、卵巣や卵管で癒着を起こすことが多く、妊娠できる可能性が下がります。
妊娠を望む場合には、先に子宮内膜症を治すことが大切です。

4.子宮内膜症の治療では経口避妊薬ピルが処方されることがあります

ピルに含まれる成分は、生理の痛みを強くしたり子宮収縮に関与するホルモンの分泌を抑えたりするほか、生理の出血量を減らす効果があるとされます。

ピルは生理痛の緩和と同時に、子宮内膜症の悪化を阻止するのに役立つとされています。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師