男性不妊検査でわかることは精子の質です


女性・男性の双方に妊娠力が備わっていないと、よい結果にはつながりません。
男性不妊検査を受けて、精子の量や数・形状などを調べることで、受精・妊娠できる要素があるかがわかります。

トラブル内容を正確に把握することにより、不妊治療の方針を明確化できるところがメリットです。
精液検査と合わせて、血液検査・ホルモン検査を行うことで、精巣機能や男性ホルモン数値もわかります。

夫婦そろって検査を受けることが大切です

子どもを望む夫婦であるなら、2人で一緒に医療機関を受診して、検査を受けておく必要があります。
なぜなら不妊に悩む夫婦のうち半数程度は男性側に問題がある場合あるとも言われるためです。

またどちらか片方だけでなく夫婦ともに問題が見つかるケースもありますから、どちらかの検査結果だけでは正確な状況が分かりません。
男性不妊が分かったら、より詳しい検査や治療をするために専門のクリニックの紹介を受けることも可能です。

専門のクリニックでは男性不妊に特化した治療を行っている場合が多く、女性が多い産婦人科、婦人科に通わなくても治療が受けられるように、きちんと配慮がなされます。

不妊治療は女性が行うものというイメージを持つ男性gどうしても多く、話し合いをしないでいると妻まかせになりかねません。
男性不妊が一般的な症状であることを知ってもらい、将来に向けた対応を取りましょう。

男性不妊に関して知っていても自分からは言い出せず、不安を感じているかもしれません。
不妊治療を始める段階でよく話し合い、女性の方から受診を薦めるのがおすすめです。

トラブルが見つかっても不妊治療で子どもができるケースはありますから、早期発見・対応が求められます。

加齢により妊娠させる力は衰えていくとされています


加齢によって妊娠しにくくなっていく傾向は、男女ともにそれぞれ見られます。
10歳以上年齢が離れた歳の差カップルはとくに男性のタイムリミットが迫っていることを理解し、男性不妊の可能性も考えましょう。

男性は、加齢によって精子の機能があまり変化しない人・大きく低下する人の2パターンに分かれます。
精子の質が低下すれば妊娠させる力が衰えて、受精しにくくなるものです。

受精しにくいだけでなく流産率があがるとも言われて、出産できる状態まで到らないケースもあります。
精子の妊娠させる力は、精液の見た目だけでは分かりません。
専門的な検査を行い、初めて状況がはっきりします。

無精子症や乏精子症、精子無力症といった明確な原因が見つからなくても、妊娠させる力が衰えていて、良い結果につながらないケースもあることを理解しておきましょう。

加齢による影響は誰にでも起こる可能性があり、不妊の原因がはっきりすれば適切な対処がとれることを知れば、男性側の考え方も変わるものです。
パートナーのプライドを傷つけないように配慮しつつ、検査受診を促してください。

セルフ検査キットを活用するのも一案です

どうしても検査に同意してくれないパートナーに対しては、セルフ検査キットを活用する方法も考えてみましょう。
セルフ検査キットとは、男性不妊を自宅で簡易診断できるようにしたものです。

顕微鏡レンズの上に精液をのせてアプリを通して撮影すると、濃度や運動率を教えてくれるキットがあります。
正式な検査とは異なるため、確定診断がつくわけではありませんが、不妊検査についての意識を変える意味では役立つものです。

検査キットでトラブルが見られたことを理由として、専門医への受診を促すこともできます。
男性の本音として「自分に原因があったとしても、自覚したくない」「結果を見るのがこわい」という声もあるようです。

自宅でこっそり検査できるキットなら、第三者に知られる心配はありません。

夫婦そろって検査を受けることが大切です

子供を望む夫婦であるなら、2人で一緒に医療機関を受診して、検査を受けておく必要があります。
なぜなら不妊に悩む夫婦のうち半数程度は男性側に問題がある場合あるとも言われるためです。

またどちらか片方だけでなく夫婦ともに問題が見つかるケースもありますから、どちらかの検査結果だけでは正確な状況がわかりません。
男性不妊が分かったら、より詳しい検査や治療をするために専門のクリニックの紹介を受けることも可能です。

専門のクリニックでは男性不妊に特化した治療を行っている場合が多く、女性が多い産婦人科、婦人科に通わなくても治療が受けられるように、きちんと配慮がなされます。

不妊治療は女性が行うものというイメージを持つ男性がどうしても多く、話し合いをしないでいると妻まかせになりかねません。

男性不妊が一般的な症状であることを知ってもらい、将来に向けた対応を取りましょう。
男性不妊に関して知っていても自分からは言い出せず、不安を感じているかもしれません。

不妊治療を始める段階でよく話し合い、女性の方から受診を薦めるのがおすすめです。
トラブルが見つかっても不妊治療で子供ができるケースはありますから、早期発見・対応が求められます。

加齢により妊娠させる力は衰えていくとされています

加齢によって妊娠しにくくなっていく傾向は、男女ともにそれぞれ見られます。
10歳以上年齢が離れた歳の差カップルはとくに男性のタイムリミットが迫っていることを理解し、男性不妊の可能性も考えましょう。

男性は、加齢によって精子の機能があまり変化しない人・大きく低下する人の2パターンに分かれます。
精子の質が低下すれば妊娠させる力が衰えて、受精しにくくなるものです。

受精しにくいだけでなく流産率が上がるとも言われて、出産できる状態まで到らないケースもあります。
精子の妊娠させる力は、精液の見た目だけでは分かりません。
専門的な検査を行い、はじめて状況がはっきりします。

無精子症や乏精子症、精子無力症といった明確な原因が見つからなくても、妊娠させる力が衰えていて、よい結果につながらないケースもあることを理解しておきましょう。

加齢による影響は誰にでも起こる可能性があり、不妊の原因がはっきりすることで適切な対処がとれることを知れば、男性側の考え方も変わるものです。
パートナーのプライドを傷つけないように配慮しつつ、検査受診を促してください。

セルフ検査キットを活用するのも一案です

どうしても検査に同意してくれないパートナーに対しては、セルフ検査キットを活用する方法も考えてみましょう。
セルフ検査キットとは、男性不妊を自宅で簡易診断できるようにしたものです。

顕微鏡レンズの上に精液をのせてアプリを通して撮影すると、濃度や運動率を教えてくれるキットがあります。
正式な検査とは異なるため、確定診断がつくわけではありませんが、不妊検査についての意識を変える意味では役立つものです。

検査キットでトラブルが見られたことを理由として、専門医への受診を促すこともできます。
男性の本音として「自分に原因があったとしても、自覚したくない」「結果を見るのがこわい」という声もあるようです。

自宅でこっそり検査できるキットなら、第三者に知られる心配はありません。
通院時間がとれないくらい忙しい男性でも、好きなタイミングでチェックできます。

不妊治療を早く始めるほど妊娠できる確率が高まることを知れば、男性の意識が変わってくるかもしれません。
夫婦でよく話し合い、理解を促すことが大切です。
通院時間がとれないくらい忙しい男性でも、好きなタイミングでチェックできます。

不妊治療を早く始めるほど妊娠できる確率が高まることを知れば、男性の意識が変わってくるかもしれません。
夫婦でよく話し合い、理解を促すことが大切です。

(まとめ)男性不妊検査で何がわかるの?

1.男性不妊検査でわかることは精子の質です

精子の質を調べることで男性の妊娠させる力がわかり、不妊治療の方針を決める際に役立ちます。

精巣機能、ホルモン数値を合わせて調べるのは、より具体的に不妊原因を探すためです。

2.夫婦そろって検査を受けることが大切です

不妊に悩む夫婦の約半数は男性不妊が関係すると言われるくらい一般的な症状で、夫婦の検査結果がないことには、治療が難航するケースもあります。

必要に応じて専門クリニックの紹介も受けて、パートナーの状況を確認しましょう。

3.加齢により妊娠させる力は衰えていくとされています

加齢によって妊娠しにくくなっていくのは男性も女性も同じことで、早い段階の検査が求められます。

男性不妊は誰にでも起こる症状であることを説明し、パートナーの気持ちに配慮しつつ、検査受診を促しましょう。

4.セルフ検査キットを活用するのも一案です

どうしても検査に行ってくれない男性には、自宅で簡易診断できる検査キットを活用する方法もあります。

あくまで簡易検査ですから確定診断はつきませんが、男性不妊に関して考え始めるきっかけになれば十分です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師