不妊治療中のヘアカラーは自己判断で利用を考えてみましょう


不妊治療にヘアカラーが悪影響を及ぼすという医学的な根拠はありません。
妊娠中ですらヘアカラーは問題ないとする声が多く、過剰に心配する必要がないと考えるのが一般的です。

もし不安に感じるようであれば、受診している医療機関で相談したうえ、美容室を予約しましょう。
不妊治療をしていることを話すのに抵抗を感じないなら、美容師さんにも伝えておくと安心です。

ホルモンバランスの変化からトラブルを起こすこともあります

市販のヘアカラー商品では、生理中の使用を避けるように書かれているものもあります。
生理中は肌がデリケートな状態になっていることからアレルギーを起こしやすく、トラブルを予防するためです。

不妊治療でホルモンバランスに作用する薬を使用すると、生理中同様にデリケートな状態になります。

生理中は使わないように書かれている市販カラーを使う場合は、慎重に判断しましょう。
ヘアカラーに限ったことではなく、スキンケア商品やヘアケアアイテムでもトラブルを起こすリスクがあります。

ずっと使っている化粧水・美容液なども負担になるケースがあり、かぶれやかゆみの原因となりかねません。

刺激が少ないヘアカラーを使ったり赤ちゃんにも使えるくらい肌にやさしいスキンケアアイテムを選んだりすることで、リスクを軽減することはできます。

美容室でカラーリングする場合もなるべく低刺激のタイプを選択し、色を入れている最中に気分が悪くなった場合は、ムリせず美容師さんに伝えてください。

妊娠前にヘアカラーした方が身体は楽です


不妊治療がうまく進んでお腹が大きくなってから美容室でカラーをすると、長時間同じ姿勢でいることがツライ場合があります。

不妊治療の段階でヘアカラーをすませておいた方が身体は楽です。
妊娠初期はつわりがひどい人もいて、外出が難しいかもしれません。

ムリして身体を動かすと、せっかく授かった赤ちゃんに悪影響となるリスクもあるので気をつけましょう。

そもそもヘアカラーがよくないという説は、化学物質の環境ホルモン作用が疑われることから生じたものと考えられます。

この説自体の真偽がはっきりしないところもありますが、不安に感じる人はいるはずです。
天然素材を使ったカラーリング手法のように、身体に害がないように調整された素材も増えています。

自然派サロンを売りにしている美容室を選び、カラーをお願いしてもよいでしょう。

不妊治療をしている最中でもおしゃれでいたい女性の気持ちは変わりなく、我慢することがストレスになれば母体への負担にもなってしまいます。
安心しておしゃれできる方法を自分なりに考えてみましょう。

おしゃれを楽しむことで不妊うつ予防ができます

トレンドカラーを取り入れた髪のおしゃれを楽しんだりゆるやかなパーマをかけたりすると、嫌な気分をリフレッシュできます。

不妊治療が長期戦になって行き詰まった時の気分転換ができるメリットがあります。
治療を始めてすぐ思い通りの結果が出る人ばかりではなく、ゆっくり身体を整えていく時間が必要なケースもあります。

まじめな性格の女性ほど妊娠できない自分を責めてしまって、うつ状態に陥る人もいるようです。

プレッシャーからホルモンバランスが乱れると、不妊治療がさらに難航する原因となりかねません。

なかなかうまくいかないタイミングにはひと息ついて、好きなことをして楽しむ時間を持ちましょう。

不妊ストレスを感じている時は知り合いに会うのが億劫になるケースもあるので、いつもと違う美容室に行くのも一案です。

せっかくの機会ですから、オーガニック素材を取り入れてきれいなカラーをしてくれる話題のサロンに行ってみるのもよいでしょう。
もちろん、外出すら気乗りしないタイミングではムリをする必要はありません。

自分の心と身体に正直になり、心地よく生活できる手段の1つとしてヘアカラーを考えてみましょう。

(まとめ)不妊治療中はヘアカラーをしても大丈夫?

1.不妊治療中のヘアカラーは自己判断で利用を考えてみましょう

不妊治療中のヘアカラーは問題ないと考えるのが一般論ではありますが、自己判断にゆだねられます。

不安に感じるようなら受診している医療機関に相談し、ヘアカラーに関する医師の見解を聞いてみましょう。

2.ホルモンバランスの変化からトラブルを起こすこともあります

不妊治療中にヘアカラーを控えた方がよいという説は、ホルモンバランスの変化から肌がデリケートになることを理由とします。

ヘアカラーのパッケージに生理期間中は使用を避けるように明記があれば、不妊治療中も避けた方が安心です。

3.妊娠前にヘアカラーした方が身体は楽です

お腹が大きくなってから美容室に行くのは大変なので、不妊治療を行っている間に済ませておくのが望ましいとも考えられます。

つわりやだるさの影響で外出が難しくなってしまう女性もいて、美容室に行くこと自体がひと苦労となるケースもあるためです。

4.おしゃれを楽しむことで不妊うつ予防ができます

美容室に行くことにより、リフレッシュできるメリットがあります。
不妊治療がうまくいかない時、自分を励ます意味も込めておしゃれをするのもよいでしょう。

不妊治療で頭がいっぱいになってやりたいことができないのは、余計にストレスが溜まります。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師