妊婦が葉酸を摂ると、赤ちゃんに特別な効果があるとされています


妊婦となると、葉酸の必要性について耳にする機会も多くなるでしょう。葉酸が妊婦にとってとりわけ重要と言われているのは、主に葉酸が赤ちゃんの先天異常のリスクを大きく下げてくれるとされているからです。

その他にも、葉酸は妊婦の体調を整えることに役立つなどの効果があります。他の栄養素での代替はできないため、妊娠中は積極的に葉酸を摂取しましょう。

葉酸は妊娠初期に赤ちゃんの先天異常を防止します

妊娠中、葉酸のもっとも重要と言われる効果が、赤ちゃんの先天異常のリスクを下げてくれるという点です。妊娠3ヶ月目まで、もっと細かく見るならば妊娠6週末まで、赤ちゃんは活発に細胞分裂を繰り返し、脳や脊髄にも繋がる神経管という重要な部分を形成します。

しかしまれにこの神経管での細胞分裂に異常が起きて、神経管閉鎖障害という先天異常が出てしまうことがあるのです。葉酸は細胞分裂に働きかけるため、この神経管閉鎖障害のリスクを50~70%下げてくれると考えられています。

神経管閉鎖障害を持って生まれてくる赤ちゃんは1万人に6人ほどと言われているため、過度に心配する必要はありませんが、葉酸を摂取しておくに越したことはないでしょう。

また妊娠3ヶ月目を過ぎた後も、葉酸は細胞分裂に関わることから赤ちゃんの発育に影響すると考えられています。葉酸が不足していると、赤ちゃんが低体重で生まれたり
流産となったりする可能性が高くなるというデータもあります。

その他、葉酸は造血にも関わるため、妊娠中期以降は妊婦の貧血防止に役立つでしょう。

葉酸を摂取しすぎると逆効果になることがあります


葉酸の摂取は重要ですが、摂取のしすぎは体に悪影響が出ることもあるため注意が必要です。また妊娠初期に葉酸の摂取を忘れていて、中期以降に慌てて飲んでいる人もいるかもしれません。

しかし葉酸は飲み忘れた分を取り戻すことはできない栄養素となっています。過剰なまとめ飲みをせず、あくまで適量に留めましょう。

葉酸は普段は1日に240µg必要と言われている栄養素ですが、妊娠するとこの必要量が倍の480µgになります。また妊娠初期はさらに多くの摂取が必要となるため、サプリメントで効率よく摂取することが厚生労働省から推奨されているのが特徴です。

サプリメントの中には、妊婦向けに400µg~800µgなど高容量の葉酸を摂取できるものも登場しています。しかしその一方で1日に1000µg以上の葉酸を摂取し続けると、赤ちゃんに小児ぜんそくのリスクが増えるなどの研究報告もあることを知っておかなければなりません。

また人によっては、発熱・じんましん・不眠症などの過剰症が出ることもあります。栄養素であっても、摂取すればいいというものではありません。

葉酸の過剰摂取は主にサプリメントが原因となるため、サプリメントの葉酸含有量をしっかりと計算しておきましょう。

葉酸の効果を高めるために、他の栄養素を摂取しましょう

葉酸を効率的に摂取するために、覚えておきたいのが他の栄養素との関係です。葉酸は単独で体内に作用するわけではなく、他の栄養素に助けられたり、逆に他の栄養素の働きを助けたりしながら作用していきます。

そのため葉酸を体内で効率的に利用するためには、葉酸だけではなくほかの栄養素もまんべんなく摂取していく必要があるのです。葉酸などのサプリメントを購入すると、葉酸以外にもビタミンB6や鉄分などが配合されていることがあります。

これはおまけとして含まれているわけではなく、葉酸と相性のよい栄養素を配合することで、葉酸の効果を高めているというわけです。

葉酸と相性のよい栄養素としては、たとえばビタミンB2やビタミンB6、ビタミンB12・ビタミンC・亜鉛などが挙げられます。これらの栄養素は体内で葉酸がよく吸収されるようにサポートしたり、葉酸がタンパク質を合成したり赤血球を作ったりする時に、一緒に働いてくれたりする栄養素です。

サプリメントを選ぶ時に、葉酸と相性のよい栄養素も一緒に含まれているものを選べば、体内でより効率よく葉酸を利用できるでしょう。

(まとめ)葉酸は妊婦にどんな効果があるの?

1.妊婦が葉酸を摂ると、赤ちゃんに特別な効果があるとされています

葉酸は赤ちゃんの先天異常のリスクを下げてくれるほか、妊婦の体調を整えることを中心にさまざまな効果があると言われています。他の栄養素にはない葉酸ならではの働きがあるため、葉酸を欠かさないようにしましょう。

2.葉酸は妊娠初期に赤ちゃんの先天異常を防止します

葉酸は妊娠初期において、赤ちゃんの神経管閉鎖障害という先天異常のリスクを下げてくれると考えられています。また妊娠中期以降は赤ちゃんの発育や、妊婦の貧血防止対策として役立つはずです。

3.葉酸を摂取しすぎると逆効果になることがあります

葉酸は重要な栄養ですが、まとめ飲みして以前の飲み忘れを取り戻すことはできません。1日1000µg以上の摂取をしていると、赤ちゃんに小児ぜんそくのリスクが増えると言われるほか、過剰症が現れることもあるため気をつけましょう。

4.葉酸の効果を高めるために、他の栄養素を摂取しましょう

葉酸は他の栄養素と協力して働くため、葉酸以外の栄養素を摂取することも大切です。ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンB12・ビタミンC・亜鉛などを摂取しましょう。

またこれらのビタミンがすべて含まれたサプリメントも有効です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小山寿美江医師
こやま すみえ/Sumie Koyama

詳しくはこちら

経歴
1999年 琉球大学医学部医学科卒業
2000年 東京医科大学病院救急救命センター
2001年 東京女子医大病院腎センター
2003年 緑風荘病院 血液浄化療法センター
2006年 昭和大学病院産婦人科
2009年 昭和大学病院産婦人科 助教
2010年 東京衛生病院産婦人科
2012年 木場公園クリニック勤務
木場公園クリニック 分院 院長
2016年 六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
アメリカ生殖医学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小山寿美江医師