妊娠中は妊娠時期や目的に合わせて葉酸の摂取量を調整しましょう


葉酸は妊娠前から出産後まで、継続して摂取することで様々な恩恵があるといわれる栄養素です。しかし、どんな時期に摂取するかによって、具体的に葉酸がどのようなことに役立つのかは異なります。

時期に合わせて葉酸を多めに摂取したり、少し控えめにしたり、時にはサプリメントを活用することで、葉酸不足や過剰摂取とならずに済むでしょう。

妊娠初期に葉酸を重点的に摂取しましょう

妊娠中、葉酸を一番必要とするのは妊娠のごく初期にあたる妊娠6週末までです。そのためこの時期にいかに葉酸を摂取しているかが重要となります。

妊娠に気がついてから葉酸を摂取し始めると、6週末を過ぎてしまって間に合わないこともあるため気をつけましょう。できれば、妊娠1ヶ月以上前から葉酸を意識して摂取しておき、妊娠に向けて体を整えておくのがベストです。

葉酸は妊娠初期において、時には流産の原因ともなるような重大な先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを下げてくれると言われています。

妊娠6週末までがピークではありますが、赤ちゃんの形成が活発であることを考えると妊娠3ヶ月までは葉酸の重点的な摂取が必要です。妊娠6週末に間に合わなかったとしても、3ヶ月目までは葉酸の摂取を欠かさないようにしましょう。

なお仮にこの時期に葉酸を積極的に摂取できなかった場合、中期以降にまとめ飲みしようとする人もいるかもしれません。しかし摂取した葉酸は、多すぎると尿として排出されてしまうのです。

そのためまとめ飲みは残念ながら無意味となることに注意しましょう。

妊娠初期以降は摂取量を調節しましょう


妊娠初期を過ぎて、赤ちゃんの先天異常を防止するという葉酸摂取の目的を終えると、葉酸摂取の必要性はやや落ちます。しかしながら妊娠初期を過ぎてから出産までも、やはり葉酸は赤ちゃんや母親の健康に役立つため、初期ほどではなくとも葉酸を摂取できるよう、調節していきましょう。

妊娠中期以降、葉酸は赤ちゃんの細胞分裂を助けて正常な発育をサポートしてくれます。葉酸が足りないと赤ちゃんの発育が不十分で、低体重で生まれてきてしまったり、早産や流産のリスクが高まってしまったりすると言われています。

また赤血球の合成を助ける働きから、妊婦の貧血防止にも役立つとされているのです。摂取量としては、妊娠中は通常時の2倍量の葉酸が必要となります。

食事に注意し、葉物野菜・いちご・バナナなど自分に合った葉酸を含む食材を探しておくとよいでしょう。

逆に葉酸の摂りすぎにも注意が必要です。葉酸の摂取量は、1日900~1000µgが上限と言われています。

妊娠中期以降に上限を超えて摂取していると、赤ちゃんが将来小児ぜんそくなどを起こすリスクが高まる可能性があるとの研究もあります。不足せず、過剰にならないラインを見極めましょう。

サプリメントを活用しましょう

葉酸は体内で合成することができないため、食事を中心に積極的に摂取する必要があります。しかし食事から摂取できる量には限りがあり、妊婦となってから必要量をすべて食事で補おうとするのは難しいでしょう。

例として、1日にほうれん草10株以上、あるいはアスパラガス数十本など、大量の野菜が必要となってしまうのです。そこで妊婦の場合はサプリメントの使用が前提となってきます。

サプリメントであれば、つわりで食欲がない時期でも、手軽かつ確実に葉酸を摂取できるため安心です。

葉酸のサプリメントにはさまざまな種類がありますが、一般的なサプリメントを適当に選んでしまうと、添加物が悪影響になってしまうこともあります。妊娠中、口にするものはとくに注意して選ぶ必要があるのはご存じの通りです。

葉酸や、葉酸を効果的に利用するために他の栄養素も配合された、妊婦向けのサプリメントを使用するとよいでしょう。品質が心配であれば、クリニックの医師に相談することで、安全なサプリメントを紹介してもらうことができます。

上手に活用して葉酸を摂取しましょう。

(まとめ)葉酸は妊娠中どう摂取したらいいの?

1.妊娠中は妊娠時期や目的に合わせて葉酸の摂取量を調整しましょう

葉酸は妊娠中ずっと役立つ栄養素です。摂取時期によって量や用途が異なるため、葉酸の摂取量を意識的に変化させていくとよいでしょう。

不足や過剰にならないよう微調整するためには、サプリメントの活用も便利です。

2.妊娠初期に葉酸を重点的に摂取しましょう

妊娠中、まずは神経管閉鎖障害のリスクを下げるために、妊娠1ヶ月前から3ヶ月目まで葉酸を十分に摂取しましょう。なお初期に摂取できなかった場合、中期以降にまとめ飲みしても意味がありません。

3.妊娠初期以降は摂取量を調節しましょう

妊娠中期以降は、初期ほどではないものの、赤ちゃんの発達や貧血防止のために通常時の2倍の葉酸を摂取する必要があります。葉物野菜や果物など、食べやすい食材を見つけておきましょう。

ただし過剰摂取は禁物です。

4.サプリメントを活用しましょう

葉酸は体内で作れず、食事かサプリメントで補う必要があります。しかし食事だけで必要分を賄うには、膨大な食材が必要となるため不可能です。

安全なサプリメントを注意して選びましょう。医師に相談して処方してもらうのも手です。

監修医情報

六本木レディースクリニック
小松保則医師
こまつ やすのり/Yasunori komatsu

詳しくはこちら

経歴
帝京大学医学部付属溝口病院勤務
母子愛育会総合母子保健センター愛育病院
国立成育医療研究センター不妊診療科
六本木レディースクリニック勤務
資格・所属学会
日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産婦人科内視鏡学会

運営者情報

運営クリニック 六本木レディースクリニック
住所 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル3F
お問い合わせ 0120-853-999
院長 小松保則医師